地球と個人が新しくなる時代へ-新しいスピリチュアルへ,  地球の変動に伴う心や体の変化について

皆既月食そして今

DSC_9227

新たな詩人よ

雲から光から嵐から

透明なエネルギーを得て

人と地球によるべき形を暗示せよ

-宮沢賢治

秋分を越え、月食の時期(日本では見られないものでしたが)もすぎました

最大にして最高潮の時となると言われた9月の28日も通過しましたね
この9月は天国かと思えるほどの地球の上昇と煌めきが顕現し、また雨によってうんざりするほどの浄化もありました
9月の28,29日は本当に、物理的地球が新しいガイアと一つになって、今までにないほどに美しく
輝く新しい星が現れているようでした

そして自分もそこにいるという確かな実感、
天国的な地球のバイブレーションに生きているという実感。
素晴らしいものです

そしてその反面味わうものすごいライトボディ変容プロセスの不快さったらない(笑)
新しいとてつもないエネルギーに今必死に体が追いつこうとしています
そしてライトボディも大変化しようとしています
ライトボディっていうのはガンダムのモビールスーツみたいなもので
地球と宇宙の激変によって、魂の力によってどんどんグレードアップするみたいらしく
ずっと最近本当に私のモビルスーツの更新作業続いています(2015年ずっと)

でも地球が本当に生まれた、新しく生まれたんだという深い実感はありますね
そしてこれからの私の課題は、新しく生まれた地球でどう新しく生きていくか、です

全ての人が今違う体験をしていると思います
優劣の問題ではなく、自分の立ち位置を見極めて、魂の促しにしたがって流れて行けるかどうかが
重要だと思います

もし何も感じられないならば・・・?それでも私のこのような話題のブログに足を止められた方は
意識レベルで今感じていなくても、確かに何か変わっていこうとしている段階にいるのではと思います
ではどう変わりたいのか?なぜ変わりたいのか?それはその人の魂の知ること。
今の地球の激変を感じていなくても、エネルギー的に感じられるかどうかより、
魂レベルでその変化とともに”生きたい”という衝動や要求があるのかどうかを知ることの方が
大事だと思います

魂レベルでの人生を魂から促され始めている人は
いつまでも魂の声を聴かないとほんとにビックライフイベントという形で体験しているかもしれません

 

地球の激変を我がことのように感じている人は
すでに5次元に入っているか、その途中の旅を続けている人・・・
そういう方は流入するエネルギーをその度に
自分のライトボディに活かす方法も身について来ているのではないでしょうか
この時期、新生地球の王台にどーんと自分も乗っていれば
銀河鉄道の夜のカムパネルラとジョバンニみたいに
美しい宇宙を、魂をクリスタルの光で洗い流しながら旅しているような
そんな”やっとここまで来たよ”という気持ちになっているかもしれない

その一方、上昇はしているけどまだ古いものに使っている部分が大きいと、
3次元と5次元の狭間にあればあるほど、たぶんしんどいと思います
そういうどっちつかずが一番つらい時で、浄化も大きく、変容も大きい

こうして、1人1人経験していることは違うと思うのだけど
それはその人の波動状態が決め手となる部分で
それを見極めて何を手放すのか、また自分で決意していく、
そういう時かもしれません

そう思っていたら、Karaの記事がまたまた私の思いとシンクロしたので
一部訳して紹介します

~Eclipse energy~ 

この秋分そして日食・月食の時期の後、人生がどうなっていくか期待していましたか?
全ては新しくなり幸せいっぱいになると期待し、結局は何も起こらなかったと思っていますか?変化は起きました。ただあなたがその変化を見るかどうかだけです。
人生があなたに起こる、のではなく、あなたが人生の主権者です、つまり新しい視野・態度・取組み方をするかどうかはあなた次第です。もしがっかりしているならばもう一度新しいパースペクティブで見てみてください。3次元的見方を選択しなければ人生が変わったことが分かるでしょう。もしもっと解放すべきことがあるならば、それをどうするのかはあなた次第です。これは新しい場所にいきなり移行するというようなマジックショーではありません。しかし確かに新しい世界を見出している人はいます。彼らは彼らの仕事をやり遂げたのです。彼らは古い2元性を解放したのです。そしてユニティコンシャスネスという新しい真実を体験しています。そうした人たちは抗いのない流れの中にあり、古い在り方に引っ張りもどす意味のないマインドのささやきのうちにはありません。

私たちは流れの中にいます。ある時はすべては流れていると感じ、ある時は古いものがまだあるじゃないかと感じます。なぜでしょうか?それは今のパワフルな時期は、より強くよりシフトするように私たちを支援するので、もしある人が何も変わっていないとみなせば、それがその人の経験になるからです。もしあなたは流れを感じているならば、すべてはアセンションの一部であると気付き、何を変容する必要があるのかに注目してください。あなたに求められることは決意することです。成長していくという決意、人生にとって役に立たないものを手放す決意、今までに選んできたやり方ではない方法を選ぶ決意です。
もしあなたがまだもっと誰かに指導されたり情報をインプットしたいとか、情報がほしいとか思っているならあなたは自らを後退させています。あなた自身の知る力に分け入って、(外から)自分を満足させる必要はもうないことに気付いてください。あなたは今のままで十分です。この月食はあなたが考えるよりずっと偉大なあなた自身とは誰であるかを知らしめてくれるものでした。それに気付き、その上で行動すべきです。

もしあなたがある特定の日付や月食などのようなイベントに固執しているなら、私たちはもはや時間のない世界にいると思い出してください。よって秋分と日月食のエネルギーは今後も続きます。エネルギーは忍耐強く、あなたがその上で動き出すのを待ってくれます。あなたが例え一生をかけて自分の神聖さを見出すのだとしても、このエネルギーに乗り遅れることはありません。先日の月食は私たちの中の女性性と男性性の聖なる結婚の時でした。それはあなたが人生の変化を直観し、よって行動するということを意味します。もしあなたがこの内なる結合を認識しているならばあなたの人生は素早く動き出すでしょう。

私たちはアセンションの新たな、また別のフェーズに入っています。あなたは新しい色、新しい香りそして新しい感性に気付き、それによって周囲により敏感に気付きます。これはこれからも続く目覚めの一部です。すべての体験に深い意味を見出してください。あなたの“聴く”能力はグレードアップし、3次元を超えたものを聴き、フェィジカルなレベルでもガイダンスを得るでしょう。

私たちはこの惑星のかつてないターニングポイントを経験しています。私たちは大いなる跳躍をしています。何人かの人は高いレベルに意識が変化したことに気付き、人生もより高次のレベルになっていることに気付きます。また大きなライフイベントを経験する人もいれば、微細なレベルで変化を経験する人もいます。創造力がとても重要です。今までとは違う人生を生きることがアートであり、これは大きな創造性です。創造力とは新しい形で人生を生きることです。創造力は文章を書いたり絵を描き音楽をしたりすることでエンパワメントされます。それらはパワフルな魂とのコネクションを目覚めさせます。もしあなたが自分の創造性に足を踏み入れているならば、何であれあなたの創造するものの中で大きく前進するだろうことを期待してください。すべてあなたが生み出すものは聖なる女性性と男性性の融合です。

物事の善悪について判断するのはやめましょう。何千年も経験してきた2元性は、高次元にはありません。意識を高次の光とコードを受けとることで2元性はなくなるのです。私があなたの波動を高いものに留めるよう勧め続けているのはそのためです。カオスやドラマを避け、あなたの光を力づけ、2元性を越えて愛の中にいてください。

私たちは今年の残りの日々もまた、高まるエネルギーの中で拡大し来年の春へと向かっていきます。あなたの真実を話し力の中にいてください。

すべては、ゆっくりと起こっていきます。瞬間的に成し遂げられることではありません。そしてすべては今にあります。忍耐強くなり一度に一歩づつ進んでください。何も感じられなくても、いつか感じられるようになるでしょう。あなたの真実を語ることを続け、あなたの真実の姿であるようにしてください。飛び立つときが来たと感じたら、そうしてください。すでに飛翔しているならば純粋な信念のためにさらに高く飛ぶようになるでしょう。私はアセンションとは、未知なるものへ幾つもの飛翔を重ねていくことだと思っています。

この統合の時期に、あなたは古いものと新しいものとの間でストレスを感じるでしょう。
自分の力を誰かに明け渡していた昔と、自分の内なる力の中に在り自分自身の本来を選ぶ自分とがいるでしょう。自分は本当はどうありたいのか考えたら、他の人が何と言おうとも一歩づつ自分本来への道を選んでください。古いものにどう反応しようと、今なろうとしている自分を誇ってください。すべてはあなたのために、完璧で神聖な秩序のもとにあります。

www.soulsticerising.com

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加