アート・ダンス・武術・ムーブ,  カンフークラブ活動お知らせ,  ライトワーカーとして活躍するみんなへ,  女子だってできる。カンフーで強く美しく。

2020新しいエネルギーの中での新たなこころみ

昨年は大きなシフトチェンジが自分にあり、
このブログは一時中断させていただいていました

震災前から、今までにSNSや複数のブログを通して、
ヒーリングプラクティショナー/ボディワーカーとして
「新しい地球と変容する個人」についてと、

新しい時代・新しいエネルギー・新しい生き方のための
情報やヒントを書き綴ってきました

しかしながら、「Sweetdaisyのシフトチェンジ」の記事でも書きましたように、

昨今のスピリチュアルな傾向に疑問を感じ始めていました

「飽和状態になりつつある情報としてのスピリチュアル」
「何を書いても、誰かに盗用されてしまう残念な現実」
「スピ情報だけを集めて満足してしまう社会の傾向」
「現実を見ないで理想郷やら何とかチルドレンなどの奇跡の出現ばかりに陶酔する傾向」。

 

また一方で自分が人に伝えたいこと、なかなか世間では一般化されないけれど、
確かに地球・社会・人・魂が変容・変化・変貌しようとしていることを

強く誠実に伝え続けることについても、「もう言いたいこと、伝えたいこと、書ききった」
という感じがありまして、記事の中身は大体において、今までのテーマでは繰り返しになるし、
伝えたいこととは違うものになっていきそうでした

その中で私が行き着いた地点は、スピリチュアルに生きるにせよ否定するにせよ、
ライトワーカーとして生きるにせよそんなものはないと思うにせよ、
アセンションというスピリチュアルレベルの現象に自分が乗り込むことになるにせよ
乗り遅れることになるにせよ、

大事なことはもうこれ以上、多くのスピ情報を集めることではなく、
そこに自分の安全地帯を作ることではなく、
語るだけ、言うだけ、書くだけ、理想を押し付けるだけではなく、

魂としていかに新しくなれるか、
魂の使命・目的を見つけていかにそれを実践できるか?

ではないかと思うようになりました

それはアセンションだとかライトワーカーだとかは、実際にはあまり関係がないことです

つまり、情報・知識・哲学・ニュース・ツイッター
など読みっぱなしの言いっぱなし、

そういう「言葉で生きるだけの」理想論的な「スピリチュアル」ではなく、

もういい加減、すべての魂が自分のハートに従い、
魂からのメッセージつまり使命にしたがって

目的を生き、これと思うことを生き、感じるように生き、
バシャール風に言えばわくわくすることに生き、

それを行動し、実践することが

一番大事なのではないか?ということです

もちろん、今までは知識で、言葉で理解し、伝えあい、シェアすることに
大きな意味がありました。それらの情報があまりにも希少で少なかった時代には、
文章や講演や言葉のやり取りにはスピリチュアルにとってなくてはならないものでした

でも、もうそろそろ皆がもっと
スピリチュアルを実体験・実践・実感して生きる時代に入ってもいいのではないかと思うのです

そして私はそれをサポートする側になりたいと思った、というのが私のシフトチェンジでした

 

もちろん、今までもスピリチュアルサロンを開いてきた私は
魂レベルで生きようという志を同じくする人々が、
その人の課題・目的・使命に気づいてそれを生きていけることを
少しでもサポートできれば、ほんのちょっとでも支援できればという気持ちで
やってきました

しかしその実践となるとどうでしょうか?
例えリーディングで「あなたは使命を生きるだけの力がある」「あなたはこれをまずやってみるべきだ」
と言われても、なかなか実際に日常にそれを実現し、習慣化していくことは難しいのではないでしょうか?

また、「スピリチュアルなもの」、と言われるものに役割や行動や言動を集中すればするほど、
それに偏り、そればかり主張し、その方法しか伝えられないし見えなくなりがちではないでしょうか?

でも私たちが何かを「実践」する場は、多くのスピリチュアルリストが言うような
黄金の5次元とかそういうところではないです

この厳しい荒れ果てた乱れた地球で、
何とか頑張っていかなければならない。

ここ長い間飽和状態になっている、
「すてき・しあわせ・引き寄せちゃう・夢かなっちゃう」的スピリチュアルでは、
対応しきれない難問が、現実には次々とやってきます

では具体的に「スピリチュアル」を実践するためにはどうすればいいのか?
また「スピリチュアル」の実践を助けるものは何なのか?
魂の目的、魂の道標、魂の導くことへと
向かってそれを創造していくには、
どうすればいいのか?

考えていたところ、答えはとてもすぐ近くにありました

それは武術です

私の人生の柱であり土台であり支えである、中国武術です

まず中国武術スピリチュアルです
何かにつけて、スピリチュアルです
しかも、中国古代5000年を通じて培われてきた並ではない
スピリチュアルであり、それはもはや「文化」であり、
生活や日常の一部にもなっています

 

さて、中国武術つまりカンフーはどんなところが実践的スピリチュアルなのでしょうか?

まずカンフーは陰陽五行を土台にしています
つまりあらゆる意味で、陰と陽を融合させて宇宙は一つ、と考えますから、
相反するものを一つにまとめる力があります

実践と黙想、現実とスピリチュアル、女性性と男性性などなど…という
2つの要素を十分に含んでいます

それだけでも、充分にスピリチュアルなのですが、
スピリチュアルな生き方を磨くためにカンフーが役立つ最も大きな理由は、

中国武術は「気」をメインに行われる実践的ムーブメントであり
全体を鍛えて澄んだ心身にしていく、という目標があるために、
武術でありながら、人生哲学でもあり、医学でもあり、
養生学や栄養学や古来からのスピリチュアルな知恵でもあり
健康にも非常に良いものです

スピリチュアルとはつまり、言葉で云々言うよりも
エネルギーとして体験するものだと私は思っています
エネルギー、万物に脈々と流れるエネルギーを、
源・命の根源からくる純粋で愛に満ちたエネルギーを、
全身全霊で感じられるようになってこそ、
「スピリチュアル」というものの本当の意味が分かります

でも、多くの人はエネルギーを感じ取ることができません
それはその人が劣っているからではなく、壁をたくさん作っているからです
本人は気づいていないので、「エネルギーなんて言っちゃって」といい、

半ばそれをあきらめて、結局はスピリチュアルを知識や情報として取り入れることに夢中になります

しかし、カンフーはもともと、気を用い、気を使い、気を練って、気を強くし、
気を観て感じてとらえて気で戦うものです
だから、この「壁」を打破することができるものなのです

よって、カンフーは本当の意味でのスピリチュアルを、感じ、体験することができる
最も大きなツールであり、身近な方法であるといえます

 

気は、強大な力を持つので容易に安易にいじってはなりません
気を扱うときは慎重にならなければなりません

しかし私のように、もともと気を扱う仕事をし、そのために
多くの学習と実践を積んできた者にとっては
中国武術が見つめている「気」が手に取るようにわかり
また、誰ならどこまで実践し修練すればいいのかも
西洋式のエネルギーワークの様々な手法や指導法などを照らし合わせて考えていけば
非常によくわかります

そして、クライアントさんたちが探し求める「気を感じ気をとらえ、気を流し気をもって生きる」
ことを、実践的に行うように、少しでも導くことができるのです

また、ボディムーブメントの1つである武術は
それ自体がセラピーでもあり、解放や癒しやエンパワーメントになります
言葉で説明できないスピリチュアルな領域も、
カンフーをもってすれば体験的にわかってくるようになるでしょう

また、単純にボディムーブメントは、知識をただ積み上げていくことではないので
楽に、ゆるく、楽しめるものです

一般的に「スピリチュアルな人」「自分をライトワーカーと思っている人」には
体が硬い人が多いです。多くのブロックやストレスを体の各所特に関節にため込んでいます

エネルギーワークをする練習をしていると、それがすごくよくわかります

本人がまず、体を緩ませ、自分にブロックを作って硬くさせているものを取り除かなければならない
「なぜ、エネルギーを感じることができないのでしょうか?」
よく聞かれるのですが、その答えはその人の中にあります

そして、今まではひたすら説明したり、ヒーリングをしたりする以外にはなかったことが、
それを解きほぐす究極の答えもカンフーにはあることを
私はやっと気づいたのです

 

そして、それを、知識で頭が固くなり、新たな固定観念を作ってしまうスピリチュアルに頼るよりも、
もっと軽快に楽しく実践できる楽しさが、カンフーにはあります

武術とダンスは本来同じものでしたが、
ある意味、武術もダンスとしての要素が強いので
ダンスの意味合いがあるといってもいいでしょう

ボディムーブメント自体が、私たちを幸せにし、
気持ちよく開放し、そしてより実践的にさせてくれます

でも何といっても、武術の持つ最も大事なことは
「強さ」を身に着けていけることです

ライトワーカーとして、新しい地球の先駆者として、新しい地球の創造者として、
生きるということは、生きる決意をするということは非常に大きな勇気がいります
もう、一歩一歩、一言一言に勇気がいるといってもいいでしょう
すべての新しい行動に勇気が必要となります

勇気を身に着け、ハートに従って行動していけるまでには、
大いに時間がかかります

カンフーは、そんな勇気を、強さを養ってくれるパワーがあるのです

カンフーをやっている間にも、何らかの心身の変化と強化が起こっていくことを、
自分がグレードアップしていくことを感じられる、それが中国武術の神秘です

また、カンフーはただのムーブメントではありません
それは、陰陽五行・八卦・道教・儒教・仏教・兵法・中医学・哲学・芸術・養生法など
多くのものが混ざり合っている、全体的な「エネルギーの養生法」です

カンフーマスターと呼ばれる人々は歴史上、
ただ単に戦闘に強ければよかったわけではありません
彼らは文武両道で、医術も学び、琴や筝を弾き、詩を書き、水墨画を描き、書を書く
あらゆる意味で自分を養生することが自分を鍛えること、ととらえる
生き方の極意を持っていました

だからカンフーをすると、本当に
「日常の中で生きるスピリチュアル」を実践できるようになっていきます

そう、私が探してきた「日常の中で生きるスピリチュアル」とは
目の前にあるカンフーだったのです

つくづく、古代から中国の人々は頭がよかっただけでなく
どくとくの方角から気、つまり「エネルギー」をとらえ、
それを生活や人生に活かす方法をいくつもいくつも生み出す
並大抵ではない叡智と直感と能力を持っていたといえます

中国がスピリチュアルにおいて、
「叡智」を代表するイエローの光線の場所であるのと関係するかもしれません

まあ、こんなに素晴らしい、万全なものが身近にあるのに、カンフーというものを、
自分の仕事・自分のクライアントさんへ伝えられるテーマ・自分の使命としては
まったく見えていませんでした

私は純粋に自分が強くなりたかっただけでした
今でもただただ自分が強くなりたいからやっています
それが今でも最も大きな武術の課題です

でも、これを少しでもお伝えし、広め、
一般の人や、スピリチュアルなことで且つ「実践的」でありたい人々に
教えていくことは、

今までやってきた自分の
あらゆるエネルギーワークやボディワークと
大いにつながるところがあり
でもさらにパワーアップした、現実的な、現実に即応用できる、実践的な
ツールを広めていくことになるのだと、気づきました

一見、今までとは違うことのようでいて
ちゃんと繋がっているのです
そして、それら両者を強化する力もあるでしょう

よって、結論でございます

今後はこのブログを、
単に「スピリチュアルな情報」
「スピリチュアルな観想」を書いてきたブログから、

中国武術に関するブログに変身させます!

 

というわけで、すでにもうだいぶ前から、名前もばっちり、変わっていますが…

私が目指すのは、

ただ単に「中国武術」というテーマを書いていくのではなく、

武術がいかに実践的スピリチュアルか
武術の歴史や種類
武術の技
武術の心得
陰陽五行や八卦など中国古代文化の宇宙論
老子荘子の教えてくれたこと
実践的スピリチュアルライフにいかに武術を活かしていくか
武術を好きになる方法
武術にまつわる文化あれこれ
それ以外のダンスなど、ボディムーブメントについて

などなどを、書いていきたいと思います

少しでも多くの皆さんが
カンフーの本当の魅力(カンフー映画みたいなものに限定されるものでなく)を、
伝えていければと思うとともに、
カンフーを通して、気をつまりエネルギーを感じ取り、エネルギーをきれいにし、

健康で、美しくて、ゆるく楽しい。そういう「スピリチュアル」を
伝えていけるようにと、思っています

そしてそれが、結局は1人1人の、
スピリチュアルシフト・変容・アセンション・魂の使命の実現に
役立つことを願っています

 

今しばらく、ブログの準備期間に入ります

ときに更新するかもしれませんが、
本格的には、もうちょっとスタート時まで時間が必要です

何せ、このような観点からカンフーを書いていく、
っていうことが、一つのチャレンジで、まだ見たことがない分野なので…

それに、私自身が武術実践者として、もっと武術を修練しなければなりませんし、

ひとまず、自分の師匠から学ぶことを今は修練しながら

「実践的ライトワーカー」としてご活躍される皆さんにとって
楽しく、気持ちよく、快活に、生き生きと生きられる
スピリチュアル実践法としての武術を、
今後は幅広い視点からお伝えし

実際に、ミニ講座やレッスンも
のちのち行っていきたいと思いますので

ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加