アースエンジェルは報われない、アースエンジェルは実現する

みなさんこんにちは
前回、国際交流プロジェクト&サイトであるPROJECT01の告知をさせていただきました
その際、様々な方からメールをいただき、感想や、これからへの期待、参加についての
お問合せなどをいただき、大変感謝しております。

それを励みに、今までこのプロジェクト、何度も挫折しながらも、あまりのストレスで
肺炎になりながらも、何度も立ち上がり、試行錯誤して旧サイトを停止してからは新しいサイトを
デザイナーさんとつくってきました

そして、とうとう新しく、今度こそはと新たな気持ちで再スタートまでたどり着くことができました
しかし、ここに来て、再度止めざるをえなくなりました

よって、PROJECT01の物語とこのプロジェクトは、今度こそ本当に終了いたします
応援してくださった方、メールをくださった方々、本当にありがとうございました
また、申し訳ございません

前回、サイトを1年がかりで準備してきたにもかかわらず止めたこと、今回本当に止めることにしたことの
理由を、正直に書いてみたいと思います
読む方によっては不快に感じるかもしれません
在日の方と思われる人に話たら、縁を切られました…
でも、ここに書いていることは、正直、私の体験です
いいわるいではなく、体験したことは体験したのですから、そのまま書きたいと思います
今後国際交流をされることがある方にも、何らかの役に立てればと思います

私はこのサイトとプロジェクトを、「デザイン・アート・創造の力で、世界に愛をもたらそう。世界を愛に
変えていこう」という強い目的意識を持って立ち上げ、作りあげてきました
また、それに賛同してくれる人々を招待し、誘い、一緒にサイトを作ってくれる人々と仲間になりました

いつしか多くの人が集まり、素晴らしい作品が次々集まり、予想を超える天才肌の人々の作品が
結集し、それが私の書く「国を越えた友情の物語」と調和して、素晴らしいプロジェクトとサイトが
はじまる、予定でした

しかし前回、サイトの告知までしてスタート目前に、韓国人の一番のパートナーであり
実質(もしかしたら名目)ディレクターの1人であった私の良き相方が、忽然と姿を消したのです

そのことをきっかけに、すべてが崩れていきました
彼がいなくなってから、まず彼を探し出すことに帆走しましたが彼とは全く連絡がつかなくなっていました
そして他の人に助けを求めても、いざ問題が起こると、助けてくれる人は誰ひとりもいませんでした

それどころか、ディレクターが女一人になったからなのか、文句や恐喝まがいのことまではじまり
「すべては私がわるい」という話になっていきました

特に韓国人は、自分の国の人間がそういう恥さらしなことをしたことを日本人に対して認めたくないせい
なのか、逆に私に怒りをぶつけ、私を攻め立て関係ない政治的怒りにまで飛び火するいきおいになってきました

これを読む方に韓国人や在日の方がいればきっと不愉快なのはわかっています

でもこれが所詮日韓関係の真の姿でした
日本と韓国は、そう簡単には友情を結べないのです
上手くいっているとき、何も問題がない時はいいのです
そう言う時、韓国人ほどやさしく、情が熱く、ほんとに親身になって何かをしてくれる人たちはいません
人との距離が冷めきっているかのような今の日本と比べると、韓国人との友情は本当に情があり、
楽しく、充実したものです

しかし、ひとたび問題が起きてしまうと、とたんに関係性は崩壊します
しかも日本人にはびっくりするほどあっという間に関係性が崩壊します
彼らは、絶対に自分を非を認めませんし、それどころか、歩み寄るために話し合いをするとか
時間を置いて考えてみようとか、代替案を出そうとか、そういう捉え方は一般的に、持っていないようです

それどころか、とにかくディレクターが消えたことより「日本人が韓国人に着いて文句を言ってきた」
という風にとらえられてしまう。私は単に、同じ韓国人だから理解してもらえるかなと思って
相談しているだけなのに。。。
韓国人の誰に相談しても、誰も答えてくれないどころか、
そのディレクターが消えたことを話すだけで、去っていき、怒りをぶつけられた私は
一体何がどうなっているのか全く分からなくなり、もうプロジェクトをどう進行させていくべきかも
わからなくなっていました。

私はカナダで韓国人と随分仲良くしていましたし、韓国人との友情を、いつかは持てると信じています
でも、ここに書いたことは、正直言って本当の体験です
私は歩み寄れるよう努力してきましたが、一旦怒った韓国人を振り向かせることは、
どうにもこうにもできなかった、というのが、残念ながら認めざるを得ない結果でした

こうして、このトラブルから次第に崩れていき最後には停止せざるを得なかったプロジェクトでしたが
何しろ震災前からずっとこのプロジェクトをすることを考えつづけ、核となる物語を構想してきたわけで

そう簡単には止めることはできませんでした

また、参加してくれていた西洋人たちとは、何のトラブルも仲たがいもなく、
仲良くやっていたので、ずっと励まされてきましたし、彼らが
「続けることに意義があるよ、どうか新しいプロジェクトにしてスタートしてみて!」
と言ってくれる人がたくさんいたのです

それに勇気をもらい、私は全く違うサイトを作りました
そして自分を支えてくれた信頼できる仲間だけと、今度はやっていこうと決めました

傷ついた心をひきづったまま、新しいことを始めることは大変でしたが
「アートで世界をつなげたい」という私の強い思いに負けるものはありませんでした

そして何とか、新しいサイトを立ち上げるところまで来ました
そしていざ今後も参加してくれそうな皆に報告したところ…なんとたったの1人も
参加表明をしてくれませんでした…

まあ、日本人だったら、「新しいの出来てよかったね。」くらいはレスすると思うのですが
30人近くに報告しても、既読になっているのに、何一つレスがなく、言葉もなく、反応もなく…
「続けることに意味があるよ、応援するよ!」と言ってくれたあれはなんだったのだろうと
本当にテキトーな励ましというより励まし以下のお愛想、よくある西洋人のテキトーな鸚鵡返しのような
お愛想挨拶でしかなかったと、その時気づきました

このサイトは、国際交流をして、人種も国籍も関係なく、皆がクリエイティブワークでつながって
世界に愛をもたらしていこう、ということを目的にしています
だから、皆の作品が必要なのです
それ以前に、参加する皆の「愛」と「思い」が必要なのです

それなくして、このプロジェクトもサイトも物語も、成り立たないのです

これは、小さいながらも、世界に愛をもたらすための行動であり、活動でした
この世界が今どうなっているか、皆さんご存知だと思います
それを見て、アーティストは何とも思わないのでしょうか?
せっかくさずかったアートの才能を、少しでもこの世界に愛を満たすために
使っていくことが神聖な、与えられた目的だとは思わないのでしょうか?

この地球は、5次元のエネルギーで充満しており、本来それに気付いていれば
何か愛ある行動に移さなければいられないほど、愛の力は強くなっています

それでも、才能あるけどその多くの人々は、まだ3次元の物質しか見えない世界にいるようです
例えいかに才能があっても成功していても…それでもなお自分の成功や生活の方がよっぽど大事で
愛、という宇宙的な普遍的な力には興味もないようです
そしてこの地球が、集合的には低い次元の悲惨な崩壊の方を選んでしまっていること、
新しい地球に移行するのではなく、古いまま沈没寸前であるということに、
もし愛と魂に目覚めていたらすぐわかるはずです
そして自分のわずかな力を何とかしてでも愛のために、地球のために使いたいと
地べたを貼ってでも何かを成し遂げたいと、思うはずです

それが、ライトワーカーというものです
それが、アースエンジェルというものです
それが、ウェイシャワーというものです

私は勘違いしていました
私は自分はゲスな人間ではあるものの、天使という無限大の愛をみんなに届けるような
仕事をしており、このサイトを通じて、snsを通じて、チャリティーを通じては、
天使の無限大の愛を少しでも無償でお届けしているつもりです

「冗談じゃない、あんたのしていることなんか大したことない、威張るなよ」
と言われるかもしれない。でもこのサイト一つとっても、今日まで維持してくるまでには
努力が必要だったのです。最初の頃は、スピリチュアルなことがらについて書くことさえ
勇気が行ったのです。

でも私はやってきました。自分で言うのもなんだけど、私は勇気をもって、
挑戦しつづけてきました。いつしか、大いなる愛を届けることが自分の
仕事になっていて、それは趣味にも浸透していきました。いつしか、愛を信じてる人達が
共感し、沢山のメールをいただき、交流が始まりました。
そして私の仕事で出会うクライアントさんたちも皆、ライトワーカー、スターシード、アースエンジェルなので、
皆、自分が愛になりたい・愛を創造できるような人になりたい、という思いの人ばかりです

そう言う中に身を投じて頑張ってきた中で、いつしか、「愛を届け合うことが、皆の仕事であり、
これだけ地球が変わったのだから、そういう意識をみんな当たり前に持っている。世界は残酷な悲惨な方向にいっているが、それは古い次元にいる人のしていること。多くの人は、高次の次元とつながって、今愛を表現したいと思っているんだ」と「勘違い」してしまったのです

それが、2度目のトライで私が分かったことでした

残念ながら、愛は地球にそこまで浸透してはいませんでした
愛だけで参加してくる人など、いませんでした

ライトワーカーやアースエンジェルの意識になると、脳も感性も変わります
当然、スピリチュアルボディも変容するので、物事の受け止め方が全く変わります
愛がベースになるのです。そして愛をこの世界にもたらすことが、一番のよろこびになり、
愛をもたらすことが一番の報酬になります。
愛なしではいられないのが、ライトワーカーの姿です

 

でも今回のプロジェクトで私のところに集まった人たちは、そういう意識が当たり前とは
思っていませんでした。表面的には愛が大事だねとか、そうだねそうだね、、、と言いますが

行動するほどまで「愛」には興味がないし、つまりこの地球の現状にも関心がないのでした
愛は彼らにとって原動力にはなりませんでした

私にとっては愛以上に原動力となるものはないのですが…

今回、たった一人だけすぐに新サイト立ち上げを祝ってくれるかのようなメールをくれた人がいました
しかし、その内容を読むと「自分の作品の広告を出してくれ」でした…

私は、5次元の意識で生きているアーティストは世界に愛をもたらす役目を持って転生してきていると思います
そしてそれを認識できるほどエネルギーが高く洗練されていることでしょう
私は、そういう人達に出会いたかったし、そういう人達となら、軋轢なく一緒に活動ができたでしょう

でも、このプロジェクトで皆が言ってくることと言えば私に対する文句とカネの要求と広告依頼…
そんなことばっかりでした

愛、という言葉は誰からも聞いたことがありません

皆に愛がないとは思いません
完全に愛を見失っていた人もいましたが、愛があった人もいました
愛ある言葉や行動をしてくれた人もいました
でもそれははっきりいって、持続的なものではなく、気分的なものでした
気分的に愛を出してもいいかな、という時だけ現れて、何かして、あとは去っていく
時にいい顔をして、時に非常に冷たい。ある意味、女性を弄ぶモテ男みたいな態度の人が多かった
それでも、一時的にでも、
作品や知識を提供してくれた人達に、その個々の行いには

その度に感謝感激してきましたし、今でも一つ一つについては、感謝しています
皆、貴重な時間と作品を私のところに届けてくれたのですから…

だからそのころころ変わる態度に、私は余計どう対処していいのか、どういう人なのか、
わからなくなっていきました。あげく、どうプロジェクトを進めていいのかも、ビジョンが見えなくなりました

とにかく、私は「同志」を見つけられなかったことは事実です
スピリチュアル的に言えば、同じ波動・同じ周波数を持った、志や転生の目的を同じくする
愛の戦士、愛の創造者、魂のクリエイター、創造のソウルメイトたちに出会えなかったということです

最初は、皆の気持ちも盛り上がっていましたので、皆がソウルメイトだと、勝手に信じ切って
自分も意気揚々としていましたが、私が出会った人たちは、そういう人達ではなかったのでした

 

よって、この強すぎるほどの思いを寄せてきたプロジェクトは、
はじまる前から終わりました

サイトを読んでくださった方、関心を持ってくださった方、応援してくださった方々に
再度御礼を申し上げます。そして、続けられなかったことを、ごめんなさい。

何より私自身が、がっかりして泣くばかりです

でも、皆に勝手に期待した自分の責任でもあります
盛り上がってしまい、勝手に皆がライトワーカーだと、愛から行動する人達だからと
何も疑いもなく決めつけて考えていたことは、彼らにとっても迷惑な話、余計なお世話だったことでしょう
そういう意味では、私がわるいのです

サイトはとじ、プロジェクトも止め、インスタグラムも止めるつもりですが
インスタグラムがこれがなかなか止められない方式になっていて、やっかいなことに
削除することができていません

 

いつも言うことですが、このブログを見て読んでくださっている方や、天使に興味がある方、
自分も愛によって何かをしていきたいと感じている方々は皆、この地球の変容の時期に
何らかの役割を持ったライトワーカーです

でも、ライトワーカーやアースエンジェルの活動や意見は、この世界ではまだまだ
受け入れられないものだと、覚悟が必要です

きっと皆さんの中にも、「こういうことをやって、こんな素敵なことをして、皆が集まって、
地球がもっとキラキラしたらいいな、そのためにこれをやりたい」などなどの夢や目標があると思います
また漠然と使命や何かに導かれてやらざるを得ないようなものが魂の奥にあるでしょう

それはその人のブループリントの1部です

しかしそうした神聖なものであっても、今の地球の波動状況の中では、まだまだそれがうまく運ばない
ことの方が多いでしょう。こんなことを言ってがっかりさせるなよ、と言われるかもしれませんが
正直者の私は、「5次元でピカピカしあわせになっちゃおう」みたいな本が書ける人間ではありません。
世界の現状は、重いまま。本当にそうです。

一部のスピ系の仲間だけでかたまって、そこだけで自己陶酔みたいになることは可能ですが
この世界全体のエネルギー、皆が総合的に持っている集合的なエネルギーに照らし合わせると、
まだまだライトワーカーやアースエンジェルの持っている周波数や理想、ビジョン、インスピレーションは
合わないというか、むしろバッティングしてしまう。

その結果、若いころからずっと、どこか孤独だった・孤立している気がする、という
ライトワーカーやアースエンジェルは多いのです。

そして残念なことに、人々はますます世界的に内向き・ナショナリズム的になってきています
また、新しいエネルギーが理解できなくてそれをうまく処理できないので、イライラと
暴力的になっている人や、わけのわからない言動に出る人などが、愛とは反対に、増えているのも事実です

それはあなたの周りの、そして社会のニュースを観ればわかるとおりでしょう

それでも、それでも尚愛のために何かしたい、と思わずにいられないのが
ライトワーカーやアースエンジェル、ウェイシャワーの痛いながらも本質的な性分なのです
あるいは特性、あるいは宿命ともいえます

だから皆さんも、いざ魂の目的をこの残酷な地球の上で成し遂げようと奮い立っても
傷ついたり、壁にぶつかったり、何より人から相手にされなかったり揶揄されることが多くあると思います
すでにそういう経験をしている人もいるでしょうし、それがこわくて魂としての自分を生きることを
いつまでもためらってしまう人もいると思います

特に人から冷笑されたりバカにされたり、無視されたりすることは、人間として一番傷つくことですよね

でも、それでも真のライトワーカーやアースエンジェルならやろうとする、やらざるを得ないという力で…

だから、もう覚悟を決めて、信じることを現実化していくしかありません
でもずっと苦労を背負う必要もありません
ずっとどころか、本当は苦労など背負う必要はないです
地球のためにいいことをしているのに、バカにされたり苦労したりすること自体が
間違っているのであり、社会がまだ3次元にあるという証です

だから、そういうものにまぎらわされずに、楽しく5次元を生きていきましょう
というか、私はこれからは、自分の理想をかなえていく中で、楽しめる方向に、楽しめる方向に、
となるべく行くつもりです。今回のことで、ずいぶん苦悶してしまいましたから…

今は物質次元はそんなにいい状態ではないのです。だからそれを認めつつ、出来ることを楽しめる範囲で
やる。そして、私は信じて、いつまでも夢見るでしょう。いつかは、「アートで世界は一つになる」という
思いを共通に持つ強いたくましい魂たちに出会い、彼らを行動を共にすることを。
ワンピースの仲間のように、強い絆で結ばれた魂と、共同創造することができることを。
必ず、その時が来るはずです。パラレルリアリティの中では、すでに現実化しているかもしれません。

私はまだこの次元で、彼ら、真の彼らに出会っていないだけだと、信じています。

この地球の、宇宙のどこかに、真の仲間がいるのだと、出会うことを待っているのだと
信じています…

では、皆さんのそれぞれの努力と行動に敬意を表し、私からも「それでも愛を行動する」あなたへ、
応援を送ります

 

ps.国際交流で同じような体験をした方、逆に全く違う体験をした方、是非体験談をお聞かせください
私は他の国の人達と、一緒に何かを創りたい気持ちは今でも強く、国際理解をしていきたいと異文化を
できるだけ学び続けています。またその他にも、ご意見がある方がいれば何なりとお聞かせください。
ただ、私は今人からけなされることにすっかり傷ついているので、誹謗中傷やご批判には、お返事でき
かねます。今、議論を戦わせる気持ちもありません。私の書いていることに「お前がわるいくせにライトワーカーがどうだのと、上から目線的な意見を言うな」とのご意見もあるでしょうが、私なりに皆に誠意を尽くしてきたつもりです。前向きな意見交換情報交換だけを、望んでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加