アセンション~地球と個人が新しくなる時,  アースエンジェルとして活躍するみんなへ,  新しいスピリチュアルな生き方,  新しい友へライトワーカー達へ

アセンション症状にハマらない、エンパスにならない、スピリチュアルに染まらない。

現在アセンション症状についての連続記事を
angeliclovelightにて書いています
これは、スピリチュアルレジリエンスの記事の「前置き」として書いているものです

スピリチュアルレジリエンス~アセンション症状・個人と地球の変容の時期に

アセンション症状はつらく長くきついものですが、
アセンション症状にばかり目を向けてしまうと、ますますつらくなります

だから、これらの記事は「前置き」として、
それではどうやって、いかに少しでも楽に生きるかにフォーカスするのかを考えていくのが
スピリチュアルレジリエンスで、それを書いていきたいと思っています

どうしてもスピリチュアルなプロセスにある人々は過敏になりやすい傾向があります
でもそこにハマってしまわず、敏感であるならばそれをあえて忘れるくらいの覚悟が必要です

最近では日本でもエンパスという言葉を使うようになりましたが
これも、使わないようにしましょう。ますますエンパスになるだけです

ハイパーセンシティブパーソン、HSP、という言葉も日本で使われるようになってきてますね
これもまた、使わないようにしましょう、ますますハイパーになりますよ泣
そういう自分であっても、それを忘れて横に置いて下さい
ああ、繊細に感じやすいんだな、私だけじゃないんだ、と認識したら、わきに置いて、現実を生きてく。

スピリチュアルな人は、元々誰でもセンシティブなのです
非常にセンシティブで感じやすいから、見えざるものも感じ見えてしまう、
それは良さでもあり最大の弱点にもなります
仕方ないんですよ、物事の表裏だから

でもそこばかり見ていてはだめですよ、自分のそういう部分ばかり見ていてはだめですよ
そこにばかり理由をつけたり、言い訳にしたり、スピリチュアル用語や定義を利用してはだめ。

人はどんなに繊細でも、この魑魅魍魎とした今の現実社会で、
生き抜いていかなければなりません

私も一時期、スピリチュアルなことを仕事にすべく必死でいろいろなことを学んでいるとき、
スピリチュアルにはまりすぎていたことがありました

そういう目でしか物事を見れなくなっていて、スクールにいた時など、
皆でそれに酔ってしまい、いわゆる以前書いた
「スピリチュアルエゴ」にハマっていましたし、
周りにもそう言う人が増えていきました

でも私は、それでも
日本でも海外でも地に足をつけて現実を一生懸命に生きてきたバックグラウンドがあり、
そこで学んだことの方が、よっぽど本当の意味でスピリチュアルであることに
冷静になって気づいたのです

そして、スピリチュアルというものが何であろうと、天使が観えようと支えてくれようと、
どんな霊的な奇跡的な体験を重ねていこうと、

この世界の目に見えるリアルな次元に地に足をつけて生きていく、ってことを、ちゃんとできてこそ
スピリチュアルも意味がある、とわかったのです

自分はいつでも、
「スピリチュアルにハマらないようにしなければ」「スピリチュアルを逃げ道にしてはいけない」
という理性というものや、冷めた目で見ることができたので

今でも、スピリチュアルというものに深く関わり自分なりのスピリチュアルを生きながらも、
一方ですごく突き放しており、距離を置いており、
普通の人間でありつづけ、「日常こそがスピリチュアルだ」と一貫して言っています

インナーチャイルドにこだわったり、ツインソウルにこだわったり、アセンション症状にこだわったり、
来るべき黄金の未来にこだわったり、エンパスにこだわったり…「スピリチュアルな人たち」は、
厳しい言い方ですが、「外からくる情報に翻弄されて自分をラベリングする傾向」があります

「あ、わたしこれだ」「わたしは○○に違いない」「わたしは○○だから、○○になっちゃう」
「地球はそろそろこうなる」「あの人がこう言っていたからあの辺りは波動が低い」「あの人言い方やだったから変なエネルギーもらったから具合悪い」等々…
ラベリングやこだわり、ある意味での執着が強いです
それはやがて劣等感や優越感になってしまいます

敏感だと思いすぎると、ますます敏感になります

振り払うくらいのおおざっぱさをもってください

自分や他人へのラベリングをしてそこにハマってしまう、そこから脱してください。

それより、自分の魂に聴いてあげる修練を積んだ方がいいです
自分の魂磨きの方にフォーカスしてください

魂磨き、つまり本質の自分を磨いて輝くにはどうしたらいいか、
にフォーカスしてください
あまりあれこれと情報を集めたり、「私は○○」という定義づけを求めるのではなく、

シンプルにただ、物質以上の自分である魂としての自分を認め、
それを生きていく。スピリチュアルとは、ただそれだけです

その力を少しでもつけていく、

それが、スピリチュアルレジリエンスです

 

甘くはないですよ
何度も書いているけど、スピリチュアルに生きるって甘い世界ではないですよ

それから、アセンション症状だ、と思いこむ前に、まず自分の物質体検査をしてください

アセンション症状はどんなに激しくても、検査すれば何も出てきません

また、逆にアセンション症状であるという確かな検査方法はありませんが、
でも一つだけ確かなことがあります

それは、アセンション症状というのは、乗り越えれば乗り越えるほど、
よりスピリチュアルな能力や気のエネルギーや感性が
グレードアップされていく、ということです

そもそもがアセンション症状はウィルスとかそういうもので出てくるものではなく
グレードアップという目的があって起きているのです
そこがただの不調との決定的な違いです

目的があって起きているのです

グレードアップのために起きているので
アセンション症状のあと、グレードアップするのは当然のことなんです

だから、自分がつらい症状の後、ただまだ辛く、現状が変わらないのなら
それはアセンション症状では、ありません

アセンション症状は、「症状」と日本語では訳されていますが、
実際には「兆候」と訳したほうが適格です

だからアセンション症状には、いい兆候、も沢山あるわけです
それが、あらゆる意味でのグレードアップです

本当に生まれ変わったような
すべてのアップグレードが起こります

アセンション症状は、アップグレード、アップデート、アップロードのために起きていることを
忘れないでください。ただ辛いわけではありません

そうではない場合、あなたのアセンション症状やエンパスは
スピリチュアルというよりは、傷ついたインナーチャイルドの痛みである場合が多いです

自分にアップグレードが起きているのかどうか、きちんと、自分を観ていきましょう
それは、ヒーラーでも霊能者でも、最終的には判断はできません

その人が、内なる力として、感じ取り理解し受け取るものです

あなたは今、アップグレードしているでしょうか?
グレードアップしているでしょうか?
ライトワーカーとして、ゆるぎない何かを、生きるエナジーを
得ていっていますか?
症状より、そちらの変化をまず観察してください

アセンション症状とかエンパスだとか、
私はセンシティブだとか、波動が低い高いとか、
そういうことにこだわる前に、

ゆるぎない真っすぐな、あなたに与えられた真のライトワーカーとしての
役割と使命と目的と生命とエネルギーを、生きようとしているのか、
生きるエナジーがますます高まって炎のようになってきていているのか、
そこを、きちんと観てください

 

それでは、また。
続きはangeliclovelightに書きます…

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加