スピリチュアルをもっとフリースタイルで 新しい友へソウルメイト達へ 新しい地球、変容の時代へ

Awakening of Peaceful warrior~安保法案とスピリチュアリティー

投稿日:09/17/2015 更新日:

file9021244999056

僕の精神がこの瞬間からはっきりと目覚めていてくれるものとしたら
僕はやがて真実に行きつくだろう
もし僕の精神がこの瞬間まで目覚めていてくれたものなら
記憶にもないあの昔僕は悪の本能に屈することはなかっただろうに
たえずはっきりと目覚めていてくれたなら、僕は叡智に浴びて泳いでいただろうに
ーランボー

2015年9月~もっとも重要な時期

2015年の9月は地球上でも最も重要な時期です
この時期に入ってくる新しいエネルギーに調和し波乗りできるのか、無視し抵抗してそれを逃すのかで
1人1人の今後のエネルギー体の状態や進化の度合い、人生そのものが違ってくると思います

実際、すさまじいエネルギーの流れでてんてこまいの2015年でしたが、
9月に入ってほとんど天国にいるのではないかと思うくらい素晴らしい時が度々あります

私のライトボディは、とうとう高い波動の新しい地球に完全に乗り上げ、そこで暮らしているという実感です
エネルギー体が洗われ、全身が至福に満ち、スピリチュアルエクスタシーに満ちることが多く、
美しく、宇宙の高い波動と調和した地球をそちこちで感じます
特にガーデナーとして、ほとんど地球・自然・そしてガイアと繋がっている時間が多いせいかもしれませんが
地球の美しさとクリスタルな輝きは、虹色に織りなされた聖なる音楽のように響き渡ります

この9月は日食月食と、秋分そしてスピリチュアサイドで一部の人が言い続けてきたイベントホライズンが次々と
新しいエネルギーの流入を銀河レベルで可能にし、多くの影響があると言われてきました
この9月こそ、地球だけでなく人類が新しい局面を迎える時だとも共通して言われてきたことです

繰り返しますが、どれほどこの新しい光と愛を自分に意識的に取り入れられるか、この星が変わったことを、そして
この魂が変容していることを、認めて新しいステージに行けるのかが、個々人の、そして各国の、各地域のこれからを
決めます。2015年は、その影響の強さから2016年、2017年にも自ずと刺激を与え、この先がただの混乱になるか
新しいしあわせな社会の礎になるかを決めていくでしょう

安保法案の動向と私たちのエネルギー状況

こうして、秋の美しさと地球の輝きが増す一方、日本では安保法案の採決を巡って大きな社会の動きがみられ、
その中でまた災害と不気味な事件が続き、決して良好でも素晴らしくもない状況を生み出し続けています
この法案がもし可決されるならば、日本のエネルギーはまた変わってしまいます

日本が戦争というエネルギーを、理由は何であれ、自分たちを防衛するためであれ受け入れることは、
結局それを呼び込むことになります。安保法案によって「戦争というエネルギーが入ってきてもよい」ということにOKを出すと、そうした平行現実が未来に向けて準備されます。
平和であるという現実とは違う現実を今後引き寄せ、自分たちで立ち上がらせることになります。
これはただ脳と思考だけで生きている人には分からないかもしれませんが、魂と直観で生きている人にははっきりとわかるでしょう。日本に今までとは違ったエネルギーが流入してくることを。
まず世界は一斉に日本の軍事という点にフォーカスして日本を見始めます。そして私たちの社会も、なんだかんだ言って少しづつ、軍事的な会話や世相が浸透するようになるでしょう。
今でもすでに、「徴兵制」とか「核武装」とか、今まで日本ではありえなかった言葉が飛び交っています。こうした言葉自体が
重いエネルギーを呼び込みます。そして安保に反対と賛成という意見が、ただぶつかり合うこと自体が、1つの内戦のような状況を生み出します。

こうして、日本のエネルギーはますます下がっていきます。アストラルストームがますます出やすくなり、
ライトワーカーである人にとっても、日本は非常に負担の思い場所になります。

政治について考えること=自分の魂の主権について考えること

とはいえ、今や国民の多くが安保法案可決に反対であると言われています
今行われているデモも、反対集会もちょっと前の日本では考えられないほどの威力を増してきています

日本人はもともと、政治には疎く、政治的なディスカッションや議論は重たくてつまらないから、避けられがちでした
でもスピリチュアルな観点から言えば、政治こそ集合意識が何を選択しているかの明確な表れです
認めたくなくても、その国その国の状況は人々の選択とコンディションを反映しています

今まで日本人が政治的会話や行動を避け、敬遠してきたということは、そして何より選挙に行かないという傾向があったことは、結局自分を愛していないということと極論では同じです。政治は(何度も言いましたが)自分自身の選択の表れなので
自分を観たくないし認めたくもないということと同じだからです

けれども、今日本人の多くが現在の政府のやり方に対し行動を起こしているのは、政府が気に入らないという単純な話ばかりではなく、自分自身をやっと見つめようかという意識が高まっているということです
自分というものの主権。いつでも、政治的革命はポリティカルなものではなく、最初は魂が主権を取り戻そうとするときに
起こります

ただ、ある意味では行動し立ち上がり、目が覚めるのが遅きに失した部分はあると思います
もっと早くから変化変容の波に乗ることも出来たと思います
それは311の時でした
あの時が日本人にとっての最大のウェイクアップコールであり、決定的に変わる機会でした
今日本で起きている不穏なこと~再稼働や安保、秘密保護法やオリンピック問題、そして個人レベルでの
ネガティブなことや蔓延する停滞、引き続く災害などはすべて繋がっていて実は1つのことです
すべては、311という段階で徹底的に新しい方向へと舵取りをしてこなかったことのツケのようなものです

だから、安保法案がなぜかよく分からないうちに可決され、なぜかよくわからないうちに平和国家じゃなくなり、
戦争になって行ったとしても、それは新しい方向への舵取りをしなかったことへの自分たちの選択の結果を回収するという
ことです。

ほとんどの人は気付いていませんが今の時代スピリチュアルなレベルでの変化やエネルギーは
日ごと気絶するかのような勢いで入ってきているので、
どんなことでも今までよりスピーディーに進み、したことの結果はすぐ出てしまいます
カルマはすぐに返ってくるのです。
だから2012年以降の地球ではことさら、自分が考えること、使う言葉に気を付けていなければならないし、
今自分がどういう選択をしているのか、気付きがなければならない。
低いものはますます低くなり、高いものはますます高く上昇しますので、2極的変化がすごいのです。

こうして311の後にとった集合的選択の結果は、こうして政治的にも、自然との不調和としても、経済的破たんとしても、
いろいろな形ですぐに出てきます。

ライトワーカーに安保は関係ない?

ライトワーカーを自称する人やスピリチュアルな道を行く人の中には、
そんな政治的な話をライトワーカーはするべきではないという人もいます。
高度に進化した人は、瞑想や祈りに生きるべきで、ポジティブなことだけ考えていればいいのだと。
でも一体ポジティブとは何でしょうか?光と愛って一体何?

今日本でそして世界で起きていることをとことん無視して、選挙も行かず、デモもどうでもよく、ただ瞑想に生きるってどういうことだろうか?私は常々思いますが、本当のポジティブとは今起きていることを直視した先にあるのではないでしょうか?

集合意識のパワーは非常に強いので、集合意識の起こす波や結局選んでしまったものを、ライトワーカー一人二人が高い波動で生きたから祈ったからといって変えられるものではありません。

むしろ、社会は荒めばその影響を受けやすくなります。社会に重く暗い波動、汚れた波動が多くなると、
どんな形であれ高い純粋な波動を供給する立場のライトワーカーには当然負担が多くなります。

また、スピリチュアルレベルの感性が高まっている人は当然敏感なので、
その時々で世界的に放出される否定的な波動にもすぐに気付きます。
まだ起きていないことにすら平行現実を見て感づいてしまうので、理由も分からず泣いたり怒ったりしたくなります。
今の安保法案がどうなるかによって日本のエネルギーやグリッドが変化することも、すぐに感じ取るでしょう。
現にあらゆるエネルギーがうごめいている今月の日本では、せっかくの最重要期なのに
じっくりと瞑想するような環境に(一時的にですが)なっていません。

このように、今起きていることを無視してアセンション後の楽園だとか地上天国を夢描いても、
そもそもそういう波動領域を維持できてないのですから文字通り夢物語になります。
私はアセンションする人より高い地球の現実に生きる人は、
物事を観ることが出来てかつそれを超えることが出来る、そういう人だと思います。

You need to see both light and dark, as the darkness is what you need to know to raise the light and it is your guide for the amount of light you can shine in the world.-Jennifer Hoffman

911の後の北米に私は学生として住んでいました。
あれからしばらくたっていたにもかかわらず、アメリカやカナダの学生たちは、
あのことをきっかけに新しい世界を創ろうという情熱に燃えていました。政治的なディスカッションも臆することなくいつも周りでしていました。私は彼らの波動が日本の若い世代より格段に高いことに気付きました。
そばにいるだけで、自分のエネルギーがクリアになるかのような、そういう人達でした。

彼らは瞑想とかしていないかもしれませんしスピリチュアル講演会にもいってないかもしれませんが、
確実にライトワーカーの先陣だったと思います。あるいは本物のインディゴ・クリスタルチルドレンたちだったと思います。
逆にスピリチュアル情報ばかり集め、行動もせず世界について語ることもせず、
ただスピっぽいものにすがってアセンションだ何だと言っている人の鈍い波動をいくつもみてきました。

本当のライトワーカーは世界の変化と変容の最先端にいます。

Peaceful warriors~クリスタルチルドレンの活躍

これからの安保法案を巡る動きがどうなるかは分かりません。
しかし、どうあっても一つの希望が見えます。
それは日本のクリスタルチルドレン世代が動き始めたことです
実際今回のムーブメントの火付け役はクリスタル世代でした
クリスタルチルドレンは平和の戦士です

クリスタル世代はそもそもが「戦争」とか争いを好みません
カルマが少ないので、人と争って苦しんで負債を返す必要もありません
それより、社会的貢献の中で自分を輝かせ、地球や世界とのつながりを大事にします
人道的にというより、その方が気持ちがいいからそうします
「人間は戦争をする生き物だ」という人もいますが、戦争をしているのは歪んだエゴであり、
それはもともと真実ではありません
歪みが少ない魂がクリアな世代が台頭すればするほど、世界は平和が当然と言う方向に行きます
いつかまた、クリスタルチルドレン世代(主に今の20代)についても書きたいと思っていますが、
「政治について言及し行動するのは自分向きじゃない」という今までの日本の在り方は
ここで大きく変わるのではないかと思います

クリスタルチルドレンのダイヤの原石が輝き始めました

だから、ここからが新しいバイブレーションのスタートです

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

-スピリチュアルをもっとフリースタイルで, 新しい友へソウルメイト達へ, 新しい地球、変容の時代へ

Copyright© groove for the New Earth , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.