水瓶座の時代のダンサー&ダンス

【この記事を1月に作成途中で自動投稿設定にしてしまいました
乱文を投稿してしまいすみません。改めて載せます】

雲とともに飛べ
空を舞いあがる恍惚を知れ
もはや時間も空間もない
あなたはいとこなる雲と一つになる
-ネイティブアメリカンの詩

Hisilicon Balong
Dance, Dancer in Aquarius age
ダンスとスピリチュアリティーについて

 

ダンスはスピリチュアルな生き方や結びつきを象徴するメタファーです
-テリー・リン・テイラー

もっともスピリチュアルな芸術はダンスではないでしょうか?
ダンスは2元性や物語を表現することもできるけれど
一方で人間を物質というカラからよりエーテル的なものであることへと気付かせる
すごい力を持っています

ダンスには、踊る人を魂に還らせ、魂そのものとして、
魂の次元と交わり一つにさせる霊妙なスピリチュアルなパワーがあります

その一方で、体を通して私たちを大地に根付かせ、
地球とも一つにさせてくれるし、自然の力にも気付かせてくれる、
自然への祈りのようなものにもなるし、

私たちの、物質体・エーテル体・感情体・精神体に滞っている様々な
ゴミや残滓物を踊ることで解放し、癒すこともでき、

ダンスのスピリチュアルな可能性・特性・力というのは書きつくせません

 

すべてのダンスが魂の表現とは限らない
~ダンサーの持つリスク

 

ただ、「もっともスピリチュアルな芸術はダンス」と言い切ることもできません
というのも、踊ることそのものが自動的にスピリットを体現するとは限らないからです

以前私の親戚がコンテンポラリーダンスを見に行って、
気分が悪くなり途中で帰ってきました
一緒に行った友人もやはり気分が悪くなってしまったそうです

そのダンサーは、作品の中で「現代の苦しみや重さをそのまま表現したい」という
ようなテーマを持ち、読んでみたインタビューも大体重い内容でした

その方は一生懸命今という時代をダンスで描き出そうと思ったのだと思いますが、
ヒーラーという立場からすれば、その人は踊る以前に自分の中に
解放すべきものが沢山あったのです

それを解放しないで、外側に起こっている「現代」を描き出そうとするから
エックハルト・トールの言うその人自身の”ペインボディ”が表現表出されることになってしまい
それを見た観客を不快にさせてしまったのでしょう

踊ることでその人自身の重いエネルギーをリリースしようとしているのですが
本人に気付きがないと、それがわかりません
むしろ、自分では最高の現代アートを創っている気になってしまうのです

本当は、こういうダンスはセラピーとして、他の人に見えないところでやるべきなのですが
魅せることに夢中になりすぎると、ダンサーは自分がどういうエネルギーを身体から
出して他の人に与えているのか気付かなくなります

ダンスは、人間の身体をそのまままるごと使う芸術なので
見ている人々はまるごと、そのダンサーのエネルギーフィールドに触れることになります
沢山もらいうけてしまい、身体から身体へと、エネルギーが転写されるようになってしまいがちです

だから、他の芸術でもそうなのですが、出している波動には慎重になる必要がありますし
何を表現するのかということは、特に水瓶座の時代には、魂レベルで選択する必要が
あると思います

水瓶座の時代は、スピリット・魂レベルで生きる時代なので
人々の感受性は高まり、ハートチャクラは開いて共感能力も高まり
傷つきやすくなったり、自分の癒しに向かうために感情的になったりしやすいでしょう

特に今世界ではいろいろなことが同時に噴出しているので
脆くなっているのです

そこに歪んだエネルギーを清算しきれていない人のダンスを見ると
自分の癒しきれていないペインボディや、最近の世界での出来事に傷ついている自分が
もろに刺激されてしまいます

だから、ダンサーは自分をまず解放することが先決なんです
体全体で、エネルギーを放射しているのだから、
それを人に公開する以上、どういうエネルギーを出しているのか
責任があるということ。
偉そうに言っていますが、私たちヒーラーも全く同じなんですよ
どういうエネルギーを出しているかは、エネルギーワークに直接関わりますから
常に身体調整、最も大事なのはエネルギーフィールドやオーラの調整です
オーラなんてあるわけない、などと未だに思っている人もいるかもしれない、
でもダンサーならオーリックフィールドの浄化と強化は必須だと思いますし
それを自分自身のダンスによって、出来ると思います

 

魅せることから教えることへ~水瓶座の大きな役割

ダンサーには、今までのようにその身体と表現能力を活かして
凡人には出来ないような様々な色や波動、動きや美しさをこの世界に
もたらすという役割もあると思いますが

それ以上に、
”水瓶座の時代のダンサーの大きな役割は
踊るということを人に教える・踊りへと人々を導く
ということがある
それは魂との出会いと融合の入り口になる
あなた方は魂と人とをダンスによってつなぐ

それにはあなた自身が魂と出会い融合していなければならない
あなたは自分の魂が踊れるだろうか?
表現方法や技巧というよりも前に、子供のようになれるだろうか?
純粋な魂からの発露はいつでも、聖なる魂のスパークであり
あなたは人にダンスによって誰しもが輝けることを
知らせる、あなたはダンスによる魂の通路なのです”
-創造の天使より

今世界中の人が、魂レベルの真の自己へと気付きを深めつつあります
自分の魂に触れ、もう一度それを取り戻したいと。
そして魂と融合するためには、自分の中に滞っているものを
解放する必要があると。
また、魂から表現することで、美しさや楽しさ、喜びや自然との一体、宇宙との一体、
霊妙な世界との一体などを体験したいと。
意識的無意識的に願っている。
そのすべてに、ダンスは本当にこたえられるんですよね!
だからダンスはすごい芸術です

全ての人が魂を解放するため、魂に出会うために、
ダンスを必要としているので
それは下手とかうまい、技術がどうとか、経歴はどれほどあるのかということと
全く関係なく、とにかくまず「踊る」ということを始める
その導き手になるのが、ダンサーのかなり大きな役割になります

魂のためにダンスが、ものすごく大きな神聖な道具になる
でも、多くの人はきっかけがないと踊りませんし、
見本がいないと、「かっこいいな」と魅了させてくれる存在がないと
ダンスまで気持ちが行き届かないから・・・
そこですでに、”ダンスとスピリチュアリティー”という分野では、
世界的に多くの試みが行われており
ダンスセラピー的なワークショップ、身体表現による自己解放や自己への気付きの
ための講座やイベントなどは、数えきれないくらいあると思います

こんなイベントを見つけました
スピリチュアルダンスフェスティバル

http://spiritualdancefestival.blogspot.jp
https://www.erowid.org/spirit/dancing/

日本でも行われていると思いますが
おそらくダンス人口そのものがそんなに多くないので
一般的なものにはなっていないと思います
”ダンスとスピリチュアリティー”で検索してもほとんど記事は出てきませんし
ダンスがこれだけスピリットに直結するスピリチュアルなアートであるわりには
一般的関心が薄く、議論する人話題にする人が少ないのは
残念です

ちなみに私はこれまでも、ダンサーのためのセッションなど
新しい試みをしてきましたが、
今後もディスカッションやコラボレーションをしていきたいし
ダンサー専用のセッションもやって行きたいと思っています

リースとの出会い~ダンスが魂を開放する

私個人の話をすると、
わたしは昔からダンスが好きでしたが、ダンスについての考えが100%変わったのは

カナダに留学してからでした
日本では、ダンスと言ってもごく一部の人が表現や技を高めあうような
真面目で頑張るタイプのクラスやレッスンが多かったと思います

一方カナダでは、どんなに下手でも素人でも、ほんとにド下手な人でも(私含む)
ダンスを”楽しむ”ということが第一でした
だから、みんな気兼ねなくダンスに参加し、レッスンに参加していました
ダンス人口はほんとに多かったと思いますし
移民の国だけあって世界の様々なダンスのクラスがありました
学内でも、world dance festivalという
留学生が世界各国のダンスを見せて教えてみんなでとにかく踊ってみると言う
2日間ほぼ徹夜でぶっ通しのイベントが開催されていました

そんな環境の中で、すっかりダンスに魅了されたのですが
とりわけ決定的だったのは、友人に誘われてあるダンサー
のクラスに通うようになったことでした
バンクーバーのグランビルの小さなスタジオで、
カリフォルニア出身のダンサー、リースが教えるダンスのクラス。

彼のレッスンは、人の身体を解放し、ダンスによってすべてを脱ぎ捨て
魂に導くような、そういうスピリチュアルなダンスレッスンでした
もちろん、彼はスピリチュアルダンスをしているとか、このレッスンには特別
精神性があるとか、言ったことはありません
けれども、彼自身のダンスとの関わり・自分の身体との関わり・踊ることへのかかわりが
すでにとても魂レベルだったのです
彼と共に踊ると、不思議と自分の方も身体が解放され
空気に変わり、宇宙になっていくような感覚がありました
彼の身体自体が、物質体を越えるものをあらわしていました
これはいわゆる”ほめ言葉”ではなくて
本当に、霊的な意味でそう感じ取れました
(なんていうか、言葉で表現できないのですが、リースというダンサーの
身体は、他の人の持つ物質体とは違うエネルギーを放っていて
それを私は感知できたというべきでしょうか?)

そういうことから、ダンサーはその生き様や踊りへの取り組み一つで
他の人の人生を変える~というよりは他の人の魂・スピリットを
呼び覚ますような、そういう力を持っているのだと
感じました

 

ダンスってホントにスピリチュアルなんですよ
個人的な願いだけれども、
だから、もっとダンサーにはスピリチュアルなレベルでの表現をしてほしいし
それは2元性を越えたものですが・・・・、
またダンサーにもっと自分の魂について、水瓶座の時代に生きることについても
語ってほしいなと思います

Message from Archangel Gabriel for Dancers 
ダンサーへ~大天使ガブリエルからのメッセージ

”それぞれのダンサーに、スピリチュアルな役割がある

天使からのメッセージがあります
それはそれぞれのダンサーにスピリチュアルな役割があり、スピリットとしての役割があり、
色があり、世界に差し出すための光線があり、愛があり、担当があります
ダンスは、魂のために非常に広範囲な役割を持つために
多くの側面やアスペクトの表現が必要でありまたそれが可能です

例えば女神の資質を表現する人、
男性性と女性性のエネルギーの融合を目指す表現者、
精霊とつながるもの、自らがシルフである者。
魂の詩や言葉を身体で顕わす人
自然と人間との介在者となる人、
踊ることではなく、踊る人に踊り方を提供する人
誰かにインスピレーションを与える役目の人
ひたすらに人々の感情的解放を目指す人など・・・
スピリチュアルな資質のあらゆる部分によって構成されるダンスは
あなたの得意な面が一つはあるはずです
そしてそれらすべてをつなぎあわせて貪欲になってもいいのですが
すべては1つであることを知りなさい
あなたが踊るのは愛の為です
あなたの舞台は愛です
あなたのまとう衣は愛です
あなたの足が滑り落ちるその板は愛で出来ています
あなたを照らし出すスポットライトは愛です
あなたを見に来る人が座る席は愛です
あなたの踊りに触れる人が求めるものは愛です
あなたは愛を繰り広げます
愛以外のものを表現しないでください
愛以外は何ものでもありません

愛だけが真実です

あなたはダンサーという名の愛
そのことを忘れないでください

他の人の踊りを観ないでください
あなたの魂を見なさい
そこに、あなただけの聖なる音があります
外側を見ると聞こえなくなり
心の中を旅するとそこにある無限の音
あなたはそれです
それを引き出すのがあなたの仕事です
あなたは愛です
愛を踊りなさい
愛を知る者だけが本当に踊れるのです”

雲とともに飛べ
空を舞いあがる恍惚を知れ
もはや時間も空間もない
あなたはいとこなる雲と一つになる
-ネイティブアメリカンの詩

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加