ART,DANCE,MUSIC&DESIGN,  MY LOVE私の宝石たち,  中国ドラマ・韓国ドラマ&その他レビュー,  新しい友へライトワーカー達へ

ごめん、愛してたvol7. 韓流ドラマ「オーマイビーナス」の感想で~す

「オーマイビーナス」感想
「オーマイビーナス」どうだった?

この「ごめ愛」シリーズも書きたいと思いつつ、
時間はなくて久々ですが・・・

ジソブとシン・ミナが主演の「オーマイビーナス」を観ました

ジソブのコメディとあっては、どうしても観たかったです

というのも、そもそも私が一番好きな韓国ドラマは「男女6人恋物語」。
と前に書きましたが、
その時にキム・チョルス役で出ていたのがソ・ジソブです

このチョルスが、私は大好きです
ウィジョンのことを想い続けて、それでもかなわない男のさみしさと、愛嬌がめっちゃ出てて、
ジソブは若いながらに、すでに演技力を持っていました

このドラマは他の出演者も皆好きで、セリフ覚えるくらい観ましたから・・・

だから、私はもともとジソブはコメディから入ったんです

人によっては、「ごめ愛」とか最近のドラマからジソブを知った方々は、
彼がコメディをやることが意外だったり、

この「オーマイビーナス」でのくだけた演技が珍しいとかこういうのは初めて見たとか
言っている人もいるけど、

私からすれば、「男女6人」を何回も観ているので、ジソブ=コメディなんですよね・・・

なんで今までシリアスな役ばかりやってきたのか不思議です

ところで、この「オーマイビーナス」の評価はというと、、、
面白いというほど面白くはないけど、
観ていてのんびりできるかな・・・というところでしょうか

正直、展開にワクワクするようなドラマではありません
ジソブのファンなら好きになるでしょうが、そうじゃなければ、途中でやめる人も多いと思います

それほど、展開的には物語というほどの物語は描かれていません
脚本が正直あまりにも軽いです

まずキム・ヨンホという主人公は一体どういう人間で、
どういう風に描きたかったのかという軸がない

ただ、カリスマトレーナーで、心に傷を負っていて、なぜか
自分がダイエットを手伝った女性をあまり脈絡もなくすぐに好きになって
ラブラブになって…。っていうだけの話です

他の脇役のサイドストーリーとかが多すぎて
散漫ですし、盛り込みすぎてます

また、心に傷を負ってどこか暗くて遠い存在なのに、
なぜか女性の体に触れたりべたべたすることにはいやに積極的、
という性格設定も、ちょっと違和感がある

それと、なんていうか、この2人、ベテランなんだけど、
どうも2人がドラマの中で、恋し、愛し合っている感じが出ていない・・・
2人とも、有名になりすぎた同士だからか、
お互いに遠慮し合いながら演技している感じで
愛が、恋が、心から張り裂けそうなくらい出てる、
ラブラブシーンが多いのに、皮肉なことに、ラブを感じさせる雰囲気にはなってないな。
いかにも「演技」という感じでぎこちない

しかも、キム・ヨンホがトレーナーというだけでなく、実は御曹司だったというところも
すごく韓ドラで、またかというカンジ。

御曹司とか後継者争いとかそういうのは
要らないと思いますが・・・

脚本の描き方によっては、キム・ヨンホというスポーツトレーナーの
挫折や成長の物語、としても描けたと思いますが、
そういう要素は全くありません

ジソブとシンミナが、いかにかっこよくまた可愛いか、
を見せられればいいというような、ジソのファンなら見るだろうというのを期待して作った、
いわゆる「スタードラマ」です

私としては、ちゃんと「キム・ヨンホ」を描いてほしかった

題材としてはユニークなんですよね
スポーツトレーナー、健康になること、健康とか美とかは本当に体型によって決まるのかというテーマなど
だからもっと深みのあるドラマにもできたと思います(コメディであっても)

シン・ミナはかわいかったです
今までは苦手な女優さんでしたが、この役での可愛さと、ぽっちゃり姿の可愛さと。
ぽっちゃりの方が、ずっといいです、可愛いです
だから、すぐにスリムになっていくのでそこが残念
10話くらいまでぽっちゃりでもいいんじゃない
スリムになる必要あるの?
って、最終話でまたぽっちゃりになるんですけどね

なんか、スレンダーなシン・ミナっていつも、シャープな感じすぎて
近寄りがたかったんですけど、このドラマでは違いましたね

それと、それに比して、ジソブが表情が硬いですね
前にも言ったけど、いつからかジソブはどんな演技していても表情が
硬くなりました

なんか、心に傷を負っている役だからとはいえ
ジソブ自身の表情やしぐさが暗いです

ジソブ自身が相当、いろいろ負っていると思ってしまう
確かに、撮影していない時はずっとにこやかにしてますけど
役に対して、あまりにも真剣すぎるのかな~

「オーマイビーナス」と同時に、「千年の愛」も観てたんですけど、
(昔3話でやめて、また再開してみたもの)
これを観てると、昔のジソブはほんと、自由でもっとエネルギーも解放されています

動きが軽いですし表情のつくりかたもやわらかい
かっこよさはあっても、今はやわらかさがジソブにはない

「千年の愛」の時はちなみに、荒くれてるけど一本気なインチョンをやっていますが、
インチョンの相方でヒョクという役をイ・ソンギュンがやっていて、
ソンギュンさんが、すごく面白い・・・・なんか表情一つ一つも
インチョンにふりまわされながらもインチョンが好きっていう気持ちがよく
伝わってきて・・・

今ではスターになった2人なので、またドラマではそう簡単に共演とかしないだろうから
また、この2人の共演自体が結構私には意外で、そこが面白かったです

インチョンも、喜怒哀楽をジソブが演技にそのままぶつけていて観ていて
固いところはありません

今のジソブは、十分にかっこいいんだけど、何かに制約されているような固さ(硬さ?)を感じます

前にも書いたけど、あまりにもかっこいいと騒がれすぎて、
ソ・ガンジとしてのイメージに生き、期待に応えなくてはならず、
そこから脱却できなくなっている気がします

「男女6人」の時ももっと表情は自由だったし、
「ローファーム」のジャングンも好きです

「ローファーム」の時、ジソブが、やくざの甥っ子と結婚させられそうになって
困ったときの表情とかしぐさを見ておかしくて、「この人ほんとコメディ合うよな~」と
思ったんだよね

でもそういうはつらつとした感じが今のジソブにはないし
いつも何か思い詰めていて、物事を考えすぎている気がする
役についても、真面目にやろうとしすぎている気がする

確かに「主君」はカリスマ的にかっこよかったけど、あの時も固かった

ジソブは、たぶん自分でいろいろなことを背負って
自分で解決しようとする人でしょう
自分の中で解消しようとするでしょう?

本人に聞いたわけじゃないから
よくわからないけどヒーラーとしての観です

でも今までに彼にあったこととか悩みとかを、解消しきれてなくて
何か溜め込んできてしまっているなと思いますね
だから、一度彼は自分を全面解放して、すごく楽になる必要があると思います

勝手ながらに、私はどうしても仕事がら人を観てしまうので・・・

ジソブが結婚する時は、すごく天真爛漫な自由な人がいいですよ・・・

So jisub the NEXT~ソ・ジソブの次の道

おまけですが、ジソブが軍艦島ていう、日本人には理解しがたい映画に出演すると聞いて
ショックだった人は少なくないはず

というか、ジソブが好きだった人はほとんどショックだったんじゃないだろうか

なぜ?

この映画が反日映画なのかどうかは、まだ公開されていないし、わからないですけれども、
でも、その傾向があることは誰でも予想は出来ます

もし、露骨に反日をPRするような内容ならば、
ジソブのファンが日本で減るのは仕方ないだろうと思います
今まで、ジソブは日本との関わり、日本でのマーケットがかなり大きかった人ですし
日本での人気も非常に高いものを維持してきましたから、
その分日本のファンに与える衝撃は大きいと思います

現に、すでにジソブは好きではなくなった、という声を複数から聞いています

もちろん、熱狂的な何が何でもジソが好きだという人たちは、そんなことは気にしないでファンをするでしょう

なぜならどんなスターのファンでも、熱を帯びた長年のファンというのは、
誰かが大スキャンダルを起こしてさえ
「彼(彼女)は何もしていない、わるくない」と言い、スキャンダルなどものともしないものだからです

でも、今回については「普通に俳優としてジソブが好きだった」人、そこそこにファンだった人たち
は彼から離れる可能性は大いにあると思います

なぜなら日本人にとっては、どんなスキャンダルよりも、
韓国のスターがすることで一番嫌なこと、一番避けてほしいことが、
「反日行為」です

日本のファンは、「反日」かどうかということに、もっとも敏感であり、デリケートであり、
傷つきやすく、その人への信頼にも関わってきます

スキャンダルよりもっと大きなネックなのです

だからこそ、せっかくヨン様グンちゃん大ブームで韓流が大流行したにもかかわらず
韓流スターのあいつぐ「反日行為」の発覚と政府の反日の方向性によって
日本の韓流ブームは消し飛ばされてしまいました

今では、正直にいうと、韓流が好きだ、
と胸を張って公に言えないような雰囲気さえあるのが
現状ですから

それさえなければ、もっと友好的な関係と日本での韓流文化の持続は可能だったでしょう

それほど、日本人によっては、反日は大きく衝撃的なことなのです

だからこそ、私は、ジソブは日本人に向けて、
何か分かりやすくメッセージを伝えてほしいと思っています
理由はなんでもいいし、言葉少なでもいいんです、

ただ、何でこの映画に出たのか、っていうことを語ってほしいということです
それでジソブ本人の言葉さえ聞けば、ファンは安心するものです

ただ黙ってしらを切られると、ファンの中の疑念は返って深まり、返って人は離れていくでしょう
一体なんだったのか、理由もよくわからないままうやむやという、
こういうことは、他の芸能人においても挙げればきりがありません

日本にファンが多いだけに、何か言葉を伝えてほしいというのが、
私の思いですね

私の直観では、ジソブがなぜこの映画に出たのかは本心は分からないけど、
政治的理由ではないと思います

彼はそんなに政治的傾向を持った人には見えませんし
それよりも、俳優としての情熱の方が強いと思います

なんていうか。純粋にファン・ジョンミンと共演したかったのかなとか思った(笑)

というか、スターとしてではなく、俳優として、
大作に出て、体当たりしたかったのかなと、自分を試したかったという
気持ちが強かったのではないかと感じています

昔から彼は、「スターではなく俳優として僕を見てください」と言ってました
でも、世の中はそれを許しませんでした
韓国を代表する「かっこいい男」としての彼を常に望まれ、彼はそれに応え続けていました

いつしか「かっこよくなければソ・ジソブではない」というイメージが固定化し
もうそこからの脱却は無理なくらい、世の中は彼にかっこよさ・スターであることを求め続けてきました

でも、彼もそろそろ「俳優」になっていき、演技人、映画人として生きていくことを望み
また、そうならないといけない歳にもなってきたと言えます

ドラマでは相変わらずかっこいいですが、それでも大分歳をとりましたし
役柄もこれからはアイドル的に必要とされるのではなく、
役が出来る役者としてのジソブをもっと求められるはず

また歳を取り、結婚もすれば、ファンは減るはずです
ジソブのように、「孤高のかっこいい独身男」であり続けた人がいきなり結婚すると
これはファンにとっては大きな喪失になります

結婚する前には、「何があってもソ・ジソブを応援していく愛していく」とか言っていても
いざジソブみたいなタイプが結婚すると、
「私の彼を失った」という感じの喪失感になる人は多いのは想像にかたくないです

まあ、韓流のファンは、日本に限って言えば、マダムが主体だから、
マダムたちにとっては、ジソブが結婚しても「息子に嫁ができたのよ」という心境なんかな?
その辺はわかんない

まあでもとにかく結婚によってジソブのイメージとか立ち位置は変わって行くでしょうね

まあ、そんなわけで、ジソブも人生の変化の時、スターやアイドル的存在から
役者・演技人になる時を迎えていますよね

そういう気がしたドラマでした

で、やっぱり、何か解放されてのびのびしたソ・ジソブが私は観たいです

このドラマのいいところを挙げるとすれば、
「リラックスして見られる」ところです

悪人もでないし、ハラハラする、イライラするシーンなどは
まったく、ないです

いつも、楽しい場面か、ちょっと真面目なシーンしかないので・・・

男3人で暮らしているのも、面白かったですし
ヘンリーがいい味出しています
ちょっと英語を使いすぎなのは鼻につくけど、
でもジソブよりずっとのびのびしていて、柔軟な動きをしていました

眠る前に観ても、安心できるようなドラマです

そういう意味では、何か不快な気持ちとかしんどい気になるような映画・ドラマ・漫画・アニメなどが
蔓延している現代では、あえてこれを見ていると、ほっとしてくる

そういうところは、製作者たちの狙いだったのなら、狙い通りになったというか、
こういうリラックスできる韓流ドラマをもっと作ってほしいです

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加