地球と個人が新しくなる時代へ-新しいスピリチュアルへ

おすすめ本―パワースポットinハワイ島

お勧めのスピリチュアルな本などを、時々紹介してほしいと
言われることもあるんですが
あまり、普段から沢山は紹介しない方です

なんかやっぱり、自分の好きな本を
どんどん紹介していくと自分の好きな傾向に
引っ張っていってしまうかも・・・と思うのと、
自分で探すことが魂で生きることの根本じゃないかなと思うからです

もちろん、お勧めカンフー本とかお勧め忍者の本とか、
お勧めお菓子作りの本とかなら、いくらでも紹介しますよ~(笑)
ただスピリチュアルなことっていうのは、”自分”が基本ですからね、
自分でいいと思う本を探し当てることも魂の旅だと思うし
魂に関する答えは最終的には自分で探すものだと思っているんです

でも時において、本を紹介するのもいいなと思います
ちらっと紹介みたいな(笑)それであとは、そこからまた自分で
求めているものを探していってくださいっていうカンジです

—————————————

最近EARTH-BASED SPIRITUALの話を何回かに渡って書きました

私自身、自分のスピリチュアルな能力っていうのは
最初は自然によって喚起されて、
自然のエネルギーによって伸ばされていったと思います

つくづく、地球という星との結びつきから
スピリチュアリティーを深めていくことの大切さを最近は感じ取っています
そして自分自身の、自然を見て触れる感性とか能力とかというのも
最近ぐんぐん上昇してきていますね

そんな中で、EARTH-BASED SPIRITUALという一つの観方を
すごく分かりやすく書いている本が、このウィリアム・レーネンさんの
「未来を開き、願いをかなえるパワースポットinハワイ島」

なんか、題名だけだとただのハワイ観光本っぽい感じなんですが、
読んでいると、まさにこれこそ自分の言いたかった
EARTH-BASED SPIRITUALだな!っていう内容がぎゅっとつまっていて
分かりやすいし、レーネンさんの体験にもとづいた内容豊かな本だと思います

ちなみにスティーブン・ファーマーの本は訳されていないし
英文の本も、はじめてEARTH-BASED SPIRITUALというものに
触れるにはちょっと硬い内容だと思います

「パワースポットinハワイ島」
実はこの本が、スピリチュアルな内容を扱った本の中でも
一番好きですね
読みやすく、気持ちよく書いてあるテーマに入っていけて
要所はちゃんと掴んである
ハワイに行った気分にもなれるし、自然との関わりについても
きっと新しい視点を与えてくれる
自分も分かりやすい・爽やかに流れるようなスピリチュアリティーを
目指しているので、この本はお手本みたいなものです

レーネンさんはこの本でハワイ島のパワースポットを数々紹介しているのですが
それはハワイ島に行く人へのガイドブックにもなっているものの、
各地の紹介にスピリチュアルな感性と能力を使って「自然」「大地」「地球」
と触れた時に、それがどう見えてくるのか、語りかけてくれるのかということが
この本では丁寧に書かれています
そして自分でもその感性を伸ばして行けるように、
さまざまなアイディアが載っています

この本を読むと、スピリチュアルベースでの
周りの自然や、日本の自然との繋がり方も
すこしづつ習得できると思います

自然のエネルギーを感じ取るってこういうことなんだ~
サイコメトリーとはこういうことなんだ~
地球と魂レベルでつながるって、こういうことか~

みたいなことが、すーっとわかりやすく入ってきます

レーネンさん自身の、水瓶座の時代の生き方論みたいなものも
各所に書かれていて、とても素敵な本です

ちなみに、日本のパワースポットについてのエッセイも載っていますが
その中に阿蘇も入っていてびっくりしました
以前から私は、阿蘇のエネルギーに格別な思いがあって、
阿蘇とハワイは虹色のエネルギーを持っているよな~と
自分では思っていたので、ハワイ在住のレーネンさんが
阿蘇について書いているのを見て、やはり
阿蘇とハワイは似たエネルギーを持っているのでは?
と改めて感じました

ではまた☆

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加