ヒーリング・クリアリング・浄化はいつまで続ければいいのでしょうvol2.

こんにちは
前回は2月からの料金改定についてご意見募集したところ、アンケートに続き
わざわざお答えくださった方々に本当に感謝します
まさか、こちらまで丁寧にご返答くださるとは、正直期待していなかったもので
ダメもとでご意見募集したのですが、
とても嬉しく、また参考になりました

皆さんのご意見は一致していて、
「料金があがっても、セッションの選択を一緒に考えてくれるというパートが最初にある方がいい」
ということでした。皆さんがそれだけ、私のワークのセッション選択に悩んだり、選びきれなかったり
しているとは、今まで思ってもみなかったことなので、これは大きな発見でした

というのも、自分自身は誰かのセッションを受ける時はほんとに、直感で、値段とかも気にせず
必要と感じたらまっすぐ何も考えず受ける方だからです
自分がずっとそれでやってきたもので、勝手に誰でもそういうものだと思っていました

ただ、今後はセッション選びのお手伝い・アドバイスも加えていきますが
「自分自身の直感がいいと思うものが一番」であることには、変わりはありません
自分の魂に従うことが正しい道を作ってくれる、ということにも変わりはありません
それは私自身、何度も何度も経験しました
その時は分からなくても、あとになって分かることもあるんです

なので、アドバイスがあっても、ご自身の最終選択を一番大事にしてください

さて今回は、「ヒーリングとはどれほど時間のかかるものなのか」
「ヒーリングセッションは何度受ければ済むものなのか」
について書いてみたいと思います(私見ですが)
これは、セッション選びとも関係していますし、
またセッションには興味のない方でご自身で自分を癒している方にも
他の方のヒーリングセッションを受けている方にも
関係あるトピックかと思います

実はこれについては、以前Angeliclovelightの方でセッションを受ける際の心構えとして
参考になると思い、同じようなことを書いたことがあります
http://angeliclovelight.info/importance-of-healingclearing/

ただこの記事を見逃している方もいるようですし、
もう一度セッションを受ける際の意識の持ち方として
参考になればと思って書いています

結論から言えば、ヒーリングとは終わりなき旅です
なので、ヒーリングセッションもまた、終わりなき旅です
なので、「ここまで受ければこれは癒され得るでしょう」「〇回受ければ終わるでしょう」
「これはすごいヒーリングワークなのでたった一度で解決できるでしょう」
「あなたの場合は問題が軽いので数回で済むでしょう」
「これに対しては〇〇セッションがあと何回、フラワーエッセンスがあと何本で癒されるでしょう」

とは言えないものです。ですので、この手の質問には、今後のアドバイスのパートが加わってからも、
私の方からはいつ何時、何がどこまで癒されるのか、何度何回セッションを受ければ
いいのか、はっきりとは提示できません

大抵の場合、ヒーリングというのは玉ネギの皮むきとも言われ、
一つ癒すと、その奥にあったまだ根の深い
ものがあらわになってまた次の癒しが必要になります。
それが終わると、またまた次の課題の癒しが必要になり、
と、長く続いていくわけです

癒しが終わっても、その後にはインスタントカルマがあります
これは、自分のフィールドがキレイになればなるほど、自分がしたことが
すぐに跳ね返ってきて、嫌なこともすぐに返ってくるので
チョコチョコと問題が出てきて
その度にチョコチョコと浄化お手入れが必要になるということです

多くの方の場合、これは正直なかなかはっきりとは言えないことなので
普段は言うことはありませんが、かなりの数のそして大規模なヒーリングが必要な状態です

それについては、http://angeliclovelight.info/importance-of-healingclearing/
でも書きましたので参考にしてください

とにかく、人一人には巨大なまでに癒さなければならないことや
浄化しなければならないものが付着しています
それらの多くは、自分では気づかないものです
今世のことだけではないし、また集合的なカルマもあるからです
そしてそういうスピリチュアルなことだけでなく、
地球環境の汚れによってエーテル体が汚れているという面もありますし
仕事上、多くの人と接する場合に人からもらってきてしまう場合もありますし
自分が働いていなくても旦那さんが仕事でもらってきた汚れたエネルギーを
家族が受ける場合もあります
子供ですら、現代ではストレス満載なので、家にネガティブなエネルギーを
持ち帰っています

なので、浄化しなければならないのは何も皆さんが考えるような
「家族関係のカルマ」とか「過去生の痛み」とかだけでなく
すごく現世的な日常で積もってしまう汚れも、現代では多くあると思います

また、私の先生曰く集合的には動物や植物を傷つけてきたカルマも
あるということです

そういうことを全部見ていくと、きりがありません
だから、「あと何回受ければいいのでしょう?」

「これについては、どれくらいのセッションを必要としますか」
という質問には答えきれないのです

それに真面目に答えていたら、まあ100回ほど、となります
本気の本気で今世で見事に浄化しきろうとしたら、1000回ほどでしょうか
少なくとも、20回は受けていただきたい、というのが本音です

よくスピリチュアルなセッションサイトなどで、
たった一度で人生すべて解決とか、この講座だけであなたの人生変わる!とか
これさえすればソウルメイトに会える、とかそういう謳い文句のものを見かけますが

私は基本的に「たった一度で」とか「これさえすれば」というのは信じていません
そういうことは、無理です

まず、どんなにヒーラーの側がイエスキリストほどすごい人だったとしても、
どんなにものすごいヒーリングシステムを誰かが開発したとしても、
受ける側がその凄さを受け取れるかどうか、という問題があります

多くの人は、最初は、本当に少しづつしかエネルギーを受け入れることができません
それは、無意識のレベルで、自分が変わることを恐れてしまう、人生が急変することを
受け止めきれないという抵抗を持っているからです
なので、矛盾した話ですが「ヒーリングを受けて変わりたい」といろいろ受けていても、
「癒されたくない」という思いも同時に持っているのです

だから、最初は本当に、私の場合で言えば天使のエネルギーに触れてもらう、
そういうところから始まります
天使のエネルギーとその人の肌がビビビっと触れ合って
何かが、少し変わっていく、それが第一回目のセッションで起こることです

本格的にヒーリングが始まるのは、5回くらいからです
最初の4回目くらいは、天使と触れ合い、高次の自分に気付いていく、
ちょっと受け入れていこうかという自分になっていく、
天使に挨拶する…そういう段階です
そこから5回目くらいから、本当に要らないものを吹き飛ばしていくだけの度量ができてきます
そして、だんだんとエネルギーを受け止めることに慣れていく
それは=変わっていく自分を受け入れることに慣れていくということでもあります

そして10回ほど受けていくうちに、
スピリチュアルに変わっていくこと・スピリチュアルに開花していく自分・つらくて苦しいが
浄化プロセスを受け入れることができ慣れていく自分・新しい身体に変化していく自分を
受け入れられるようになっていき、その人のフィールドだけでなく
エネルギー体そして最終的には細胞・DNAレベルでエネルギーが浸透していきます

それで大体20回くらいで本当に綺麗なエネルギーフィールドになるかな、という感じです

それでもまだまだ癒さなければならないものが
次から次から出てくるもので、
全部で100回。
そこまで行けば、あとは自分で自動的にエネルギーを受け取り、自動的に浄化すべきことを
浄化する、自動浄化装置が作動するようなスピリチュアルボディにまで進化するでしょう
そうなると、ヒーリングセッションを人から受ける必要はもうほぼなくなります

でも、そんなにヒーリングを受ける人が一体いるでしょうか?
まずお金がかかりますから、そんなに受ける余裕がある人はなかなかいません
また、もし億万長者だったとしても、同じセッションを受け続けていると、
何だか飽きてくる、もうお腹いっぱいという時が来ます

それに、何度も連続して受けていると、たとえ必要であっても
癒しや浄化のプロセスに疲れ果ててしまいます

そういうわけで、目算すれば確かにセッション100回分くらい天使のエネルギーを
受け取ってほしい、それくらい受け取って自分を愛で満たせば、
癒しはかなりの部分、為されて、後は自浄作用の出来るライトボディになっていくでしょう、
セッション1000回分の愛で満たされればものすごくきれいで後光が出ている、本当に美しく
何も悩みも痛みもない、愛の存在になれるでしょう、

と言っているのであって、「100回受けなければならない」ということではありません

私だってこう言うこと言ってますが、まだ自分に癒しが必要であり
だから冬に長風邪ひいたり、毎日天使を呼んでは、浄化してもらいます

まだまだまだまだ私なんかは浄化が必要です
でもそれが自分で出来るところまでは来ているので、人に依頼する必要はありません

私としては「本気で癒しに取り掛かりたい!」と
思っている方には、20回は受けてほしいんですよね…これは本音ですよ
とても、メールでのアドバイスの段階で「20回でお願いします」とは言えないのでここで書いているんです
(ずるいですよね、ごめんなさい!)
ダイレクトにクライアントさんには、やっぱ言えませんよ
宣伝だと思われるのが嫌なので、なかなか回数っていうのは、
アドバイスするのは難しいです

それと、本人が、「そんなにも私は汚れているのか、そんなにもセッションが必要なほどひどいのか」
とがっかりするからです、これも本当です。多くの方はすでにスピリチュアルな実践をしていて、
色々なところでヒーリングを受けたり学校に行ってヒーラー養成などを受けているので
自分は汚れてなんかいない、もういいんじゃないか、と思っていらっしゃる

だから、そういわれて「まさか、そんなはずはない。」と思ってしまう
あるいは「なんてことを言う人なんですか?だましてお金を取るつもり?」
と去っていく人もあり、そう簡単には言えないのです

ただ、①本気でヒーリングをしてエネルギーフィールドと各ボディを変えたい、
②天使とあるいは女神、フェアリー、そうした存在と共同創造する人になるつもりの方
は、それくらいの長旅(総計20回ほどのセッション)を、してほしいなと、
本音では思っています。そこで起きてくることが、毎回違うでしょうし、
それはスピリチュアルな道のりとなるでしょう

道のりになる前に、1度だけで、数回だけで終わらせて何となく・・・・去っていく人もいままで
居ましたが、私としては、これからだったのにな、とせっかく腕まくりして待っていたのに(笑)
出鼻をくじかれたような感じがする時もあります

ただ、それもその人の生きる道。たった1度でも、ものすごく大きな体験になることがあります
往々にして、皆さんそうみたいです
皆さんの体験談を集めれば、それだけで1冊の本になります
それほど、1度のセッションだけでも、大きな体験になっている
それは、とても嬉しいことです
だから、その方が数回で終了し、私のもとを去っていっても
その方が違う形でまたスピリチュアルな道を歩んでいるなら
それがその人の道なのだから…と思って
自分から解放するというか、…未練を残さないように、
去っていく人のことは、私も忘れるようにしています

(また出会うことがあれば、その時思い出せばいいだけの話で)
去っていく人のことを思っていると、エーテルコードでつながっちゃいますからね

 

というわけで、
ヒーリングっていうのは、いつまで続けるのですか?
―一生です。

ヒーリングは、何回受ければいいですか?
―決まっていませんし、決められません。でも100回くらいが望ましいと
本音では思います。これはあなたが特別汚れているとかそういうことではなく
現代人の標準で、それくらいの「無条件の愛」というエネルギー量を満たす必要があるということです

そんなにヒーリングを受けていられません。どうすればいいですか?

―自分が特に必要だと思う時に、受ければいいと思います。それを補うために、セルフヒーリングを
日々続けてください。と言いより本当は、セルフヒーリングが主体で、それを補うために、プロフェッショナル
セッションがあるのだと考えてください。あと、ヒーリングは、この人のセッションさえあればいい、とか、
これさえあれば全部解決、というたぐいのものではないので、多種多様な癒しの方法を、自分で選び、習得していた方がいいです。

今、どうしても癒したいことが浮上しています。例えば分かれた人との傷を癒したい、今までやってきた仕事の
つらかった日々を癒したいなど。集中的に癒したいんです。そういう時は、そうすればいいでしょうか?

―聖なるものは3つでできている、という考え方を私はここでも取り入れています。なので同じセッションを
3回集中連続で受けてください。他のヒーラーはまた違う考えかもしれませんが、何でもまずはずっしりと一回癒したい場合は3回連続が、基本です。時と場合によっては、それ以上必要になってくるでしょう。レイキなどでも、本格的な癒しを徹底的にするなら、半年から1年、根気強くヒーリングを受ける必要があるというヒーラーもいます。また、本格的な癒しのためには、相当レベル以上の莫大なエネルギーを必要とする場合もあります。それはそれなりに覚悟がいります。

いつまでも、大規模な癒しに、本格的な癒しに、ヒーラーのセッションを受け続けなけばならないでしょうか?

―ある一定の段階まで来ると、自分の体や魂が癒すべきものをその都度ほぼ自動的に癒すようになっていきます。
とはいえ、そこまで行くにはマスターレベルの能力が必要ですから、やっぱり、自己浄化・自己鍛錬に励む必要があるでしょう。ちょっと土日の講座に行ったから、そうなれるわけではありません。魂の段階に応じてそうなります。それでも、時には他の人に癒してもらうこともあるでしょう。マスターになったからといって、自分のすべてを自分で出来る人などいません。背中のかゆいところに手が届かないように、自分では客観的に見ることが出来ないこともあるからです。

特に魅かれる天使がいます。あるいは女神にすごく魅かれます。
あるいは精霊にとても魅かれます。そういう場合は、そのセッションをいっぱい受けた方がいいですか?

―それもまた、3回受けてみてください。天使に魅かれる人は、天使と共にするべき何かがあります。
女神に魅かれる人は、女神的な力ですべきことがあります。精霊に魅かれる人は、地球と共に何かをすべき
ものをもっています。それを開花させるためにも、エンジンをかける意味で、3プッシュしてみてください。
残念ながら、本来は天使のワークをしていくヒーラーになるべき生まれなのに、一度のミニセッションだけで
去っていく人もいます。そういう方は私が好きでなく、他のヒーラーのところで天使と出会っているのかもしれませんが、単にそれに気付かないとか、どこかでそれをおそれているから去っていく人もいます。
なので、「ああこの天使に魅かれる!!」とすごく感じる人は、なおさら、そこでその「感じ」を大切にはぐくんでください。そして、私のセッションの前にも、それを正直に言っていただければ、私の方も、単に癒しというだけでなく、その人と特定の高次の存在とのかかわりを深めるセッションに変えていくことができます。

 

本日は、というわけでした。
ちょっとでも参考になりますように。

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加