アセンション~地球と個人が新しくなる時,  アースエンジェルとして活躍するみんなへ,  ヒーラーになるにはQ&A,  新しいスピリチュアルな生き方,  新しい友へライトワーカー達へ

スピリチュアル記事・本の選び方

digital-clouds

地球の変化と共に、高まるスピリチュアルへの関心

時代は変わり、水瓶座になり、
スピリチュアルなことがますます受け入れられていくようになっています

前にも書きましたが、カナダの大学においても、よく教授たちが講義などで
”spiritual”という言葉を使っていて、大学の学部の理念にもスピリチュアルな理念への宣言が
堂々と書かれていて、カナダという国はつくづく寛くそして開いているんだなと感じました

実際、カナダ人の9割が(1990年代においてすでに)自分のことをスピリチュアルだと
意識しているという調査結果を読んだことがありますが
そうした開かれた意識の結果なのか、カナダの政府は今一番進んでいる、
新しい政府が誕生していますよね

政治はその国のエネルギーを表すものなので、カナダが良い方向に進化していく、
新しい地球のバイブレーションに
向かっていくのはカナダの人々の開かれたハートの結果で、
スピリチュアリティーをより自然なものとして受け入れていることの結果だと思います

スピリチュアルな分野がどれだけその国で発展し前進するのかは、
それを受け入れる人々の
心やハートがどれだけ開いているのか、
どれだけ自由であることが尊重されるか、ということと
大きな関わりがあると思います

2012年というエネルギーシフトを通過した前後ぐらいから、
アメリカのネット上のスピリチュアルフォーラムにも
参加者が10倍、100倍、200倍というようにどんどん膨らんでいったのには
驚きました

多くの人が、なぜか分からないうちに魂の促しに導かれて、
魂レベルで生きようとする人が

日ごと増えて言っているのではないでしょうか

混沌さが増しに増している今の地球で、
”頭で考える人”にはすでにわけが分からない世界に
突入していると思います
一見もっともらしいことを言説している人達でも、「一体どうなっちゃっているんだろう?」
という混乱と停滞になっているのを見て取れます
実際、今の文明はいつどうなっちゃってもおかしくないほど混乱していますよね?

私たちエネルギーワーカーは言っていることよりも、
その人のエネルギー体が出している波動そのもので人の思いを知るので、
知性に偏重し、相変わらず頭や理性、昔の歴史や目に見えるものだけを当てにして
今の時代を語るとか分析するとか、理解しようとしても所詮は無理なのです

地球は変わっていっています
人がたとえそれを感知できず、認めようともしなくても・・・

莫大なエネルギーは日々、今も降り注いでいます
地球が瞬間ごとに変化・変容しています

私たちの魂が揺り動かされないわけはありません
地球は新しいエネルギーに浸って至福の状態に満ちていますが
変化を恐れる人間の社会は、それに着いて行くことが出来ずに
ますます苦しみと悲惨、悲しみを生んでいます
それを選択しているのは気付きのない人間社会の結果です

そこから脱却しようと、多くの人がスピリチュアルな方向に関心を寄せている
今、地球や世界に起きていることを理解しようとするならば
どうしてもスピリチュアルな方面からの理解は不可欠です
これは私の意見にすぎませんが、エネルギーレベルで起きていることを見れば
それは一目瞭然です

そういう時代の潮流があって、スピリチュアルな情報もどんどん増えてきていると思います

日本でもすでに、多くのスピリチュアル系のサイトがあると思いますが
ここに来て水瓶座やアセンションといった、一部の人の関心ごとについてのサイトも
心なしか以前より増えているように思います

最先端スピリチュアルの最もポピュラーなトピックとは?

今現在、スピリチュアルな分野の最先端では、
やはりエネルギーシフトが大きなテーマだと思います
地球のエネルギーシフト(人によっては太陽系そのもののエネルギーシフトにも言及しています)、
そしてそれに伴う個人一人一人のエネルギーシフト。
個人のエネルギーがどうあるかで、それが集合的エネルギーシフトにも関わってきます

水瓶座の時代に入り、新周期がスタートし、
地球のエネルギーが変わった、よって私たちも変わっていく。

このエネルギー的な変化は一体何を目指し、何のために起きていて、
私たちはどうそれに対処すればいいのか?
このエネルギー的な変化は私たちをどこへ連れ出し、運ぼうとしているのか?
このエネルギー的な変化はそう社会や人を変えるのか?
私たちはその変化を受けて、どう変容していくのだろうか?
…こうしたことが、アメリカを中心とした新しいスピリチュアリティーの大きな話題であり
最新トピックスになっていると思います

そして、こうしたことは宇宙的レベルで起きているので、天体の動きや気象などからも
大きな影響を受けるため、先の春分など、大規模なエネルギーが動く時期にあわせて
多くの記事が(ディスカッションや言説、チャネリングメッセージなどが)世界を駆け巡る、
そういうサイクルがスピリチュアルな分野では自然なことになってきています

もちろん、こんな壮大なトピックは例え卓越したスピリチュアルな能力がある人でも
人間が全容を把握するのは無理だと私は思っていますが
人間は人間なりに、それを受けとめて、解釈して、自分の体験として受け入れ
そして皆とシェアし議論して、乗り切って成長していくしかない。
そういう一連のことが、今はスピリチュアル最先端での主要トピックではないでしょうか。

アメリカのようなスピリチュアル先進国などでは、もうずいぶん前の前、1980年代から
水瓶座やアセンション関連の情報は議論され流れていたので
2000年代に至ってはその時点で豊富な情報が一通り集積しているのは自然な流れで、
そして、物事を徹底的にそして自信を持って探究し言及するアメリカ人らしく
エキサイティングでパワフルな記事や情報は多く、
ためになる勉強になるサイトにも
多く出会いました

実際、この分野の情報や研究、探究については
アメリカが群を抜いて際立っていますし
日本ではここ最近引き寄せの法則が流行っているくらいなので
残念ながらアメリカの10年20年遅れだと言わざるを得ません

アメリカやカナダはやはり、(暮らしてみると分かるのですが)
人の精神の自由っていうのがすごく尊重されていると思いますし
実際多くの人は自由に生きています
日本人は正直に言うと、周りの目や同調圧力ばかり気にして
抑圧されて生きている人が多いです
その結果、自由なスピリチュアリティーというものが育まれにくいというのが
個人的意見です

有用でためになる情報が多いアメリカからのサイトですが、

その一方で、意味不明だったり、どうにも自分には波動的に合わないとか、
ちょっと読んでいるだけ、時には一瞬でも眺めただけでも具合わるくなりそうなサイトも
沢山ありました

「これは本当に素晴らしい!」と感激して、
ブログ作者にメールをしたところ、
A4サイズ何枚分にも渡る、”スピリチュアルグッズ”
の売り込みの返事が来たこともあります

何を”スピリチュアル”とするのかは万人によって違いますし
今の時代をどう伝え、表現するのかも、違います

ヒーラーやライトワーカーの人生観によっても
観えてくるものや体験・体感は違ってくるでしょう
こればかりは霊的能力があれば、よく分かるというものではなく
そうした能力や感性を、何に対してどう使っているのかが
非常に問われる時代でもあります

今後も多くのスピリチュアルなサイトや情報、記事が増えていくと思いますが
「情報過多になりますますなにがなんだか分からない」とか、
「惑わされていく感じがして、結局距離を置くようになった」とか、
そういう話もよく聞きます

そして実際、一番いけないことはスピリチュアル情報集めに必死になり
自分では何も考えないとかやろうとしないことです
今の混沌とした世界の中で、自分自身も混沌としている人は
多いですが、だから即スピリチュアルに頼ろう・すがろうとすると
誰かの言っていることに頼る人生になってしまいます
「次はどう指南してくれるだろうか?私をどう励ましてくれるだろう?
どんなエキサイティングな情報をくれるだろうか?次地球に何が起こるって?」
などと「情報に頼る」姿勢でスピリチュアル記事を探し求めていくと
そのうち誰かの考えに染まってしまうでしょう
誰かの考えで頭がいっぱいになっているスピ系の方をよく見かけます

本当の答えは自分の中にあり、
本当にすべきことは自分の探究です
そして記事や本は”インスピレーション”のために、または
モチベーションを上げるためにあると私は思っています

ここで、私自身がスピリチュアルな記事・本・情報などを選ぶ時に
何を目安にしていのか、幾つかの例を挙げてみたいと思います

ここで書くのは、私が「読者」としてみた視点です
自分もこうして書いている1人ですが、
ここでは自分のブログや自分も書き綴っているヒーラーの1人
ということは一切なしに読者としての目安を挙げてみます

スピリチュアルな記事を選ぶ目安

1.その人の体験からくる文章が正直に綴られている

 

スピリチュアル情報が増えていく中で、
リライト記事を集めたような”スピ系情報サイト”も見かけるようになりました
リライトは、基本的に自分が体験していなくても、
理解できてなくても、どこかから知識を集めてきてそれを再アレンジして書き直して記事にするものです。
こうした文章は、アフィリエイト系のサイトならば有用でも
スピリチュアル分野には合わないと思います。
体験と深い洞察、慎重さと謙虚さ、その人の直観や霊的能力や
スピリチュアルな感性などすべてが合わさって、はじめて本当の、
真の意味でのスピリチュアルな記事なり本なり翻訳が出来ると思っているので、
「これはこの人の体験から来た言葉ではないな、情報の寄せ集めだ」と感じる記事は読まず、
自分の感性や体験にしっかり根付いた人の書いたものを選ぶようにしています

そういう記事は波動が高く、読んでいる人の波動も上げてくれますし、
グラウンディグしていると感じます

2.書いている人の人柄や人となりが見える文章・記事を選ぶ

基本的に名前や、その人が特定できるようなプロフィールがないサイトは読みません
以前海外の英語のサイトで、ライトボディプロセスについての
とても素晴らしい記事を載せているものを見つけ何度も読み返し、
作者に連絡もしたいと思ったのですが
いくら探しても名前やヒーラー名などもないし、連絡先もなく、
一体何所のだれなのか全く顔が見えなくて、段々読んでいるうちに
不気味ささえ感じました
そして、自分を特定させないでその一方で壮大な内容を書いているこの人は
結局スピリチュアルな自分を肯定出来ないでいるんだなと感じました
それ以後、”書き手の姿が見える・感じられる”スピリチュアルサイトだけを
読むようにしています

3.グローバルな視点を持つサイト・本を選ぶ

今の時代の新しい水瓶座のスピリチュアリティーは、その他の分野と同じく、
グローバルに展開しています
スピリチュアルなディスカッションもグローバルに国境を越えて行われていますし
ヒーラー同志のつながりもグローバルです
私も、世界各国の人と繋がり、また世界のあらゆる地域の人々に
ヒーリングをしてきました
自分の国だけ見て、国の中で出まわる情報だけに頼り
そこでだけ何かを展開するのはもう
今の時代のスピリチュアルではないと思います

私が知る限り、素晴らしい研ぎ澄まされたスピリチュアル記事やメッセージを
世界に発信しているヒーラーやライトワーカーたちは
皆インターナショナルでグローバルです
地球人であり、地球そのものを見て感じています
私はそういう、広い感性を持った人の記事や本を読みます

また、1つ提案したいのは、日本にいて英語は苦手だと言う方も
スピリチュアルな情報については是非英語で読む習慣をつけることを
お勧めしたいです
この分野は、やはりどんどん新しく刷新されていくので
特にヒーラーになりたい人などは、英語力は必須だと思います
帰国子女だから威張っているのではなく、
スピリチュアルなことはグローバルになっていて
それは私たちが地球規模でワンネスを目指しているからであり
魂の願いでもあるのでしょう
英語力がないと、つかめない情報やインスピレーションは
この分野に沢山あります
日本語だけに頼ると、
誰かが翻訳してくれるのを待つか、訳されたものにしか
触れることが出来ません
でも、今はスピリチュアルのほとんどは世界共通語である
英語で通っていることは、1つ覚えておいた方がいいと思います

 

4.サイト・HP・著作に、
研ぎ澄まされたピュアなエネルギーを感じるものを選ぶ

これは感性で選ぶと言うことです。
中身うんぬんよりもまず、そのサイトを観た時の、本を手に取った時の、
感じや直観を信頼します。

私は真にスピリチュアルなものって、美しいものだと思っています
そして清流が流れるような、研ぎ澄まされた風格やエネルギーを持っていると思います
「スピリチュアルに進化すればするほど美は拡大する」と
オリンも言っていますが、その通りだと思います

よって、スピリチュアルなサイトやHP、本などを手に取る時も、
美しさ・澄んだエネルギー・清涼感などがあるものを
選びます

澄んだエネルギーがあるということは、
その書いている人自身が澄んだ純粋な導管であることをあらわしています
高次のエネルギーやメッセージの優れた導管であるということですね
ウェブサイトや本にもオーラがあります
ウェブサイトはただの作り物で、いくらでもごまかせると思うかもしれませんが、
その人自身をよく表してしまうものです
特にスピリチュアルサイトの場合
高い高次のエネルギーと本当に繋がっているサイトというのは
自然と高いエネルギーを出し
そのサイトがあるだけで癒しをもたらしているものです
また、本の場合だと高い波動の本は
持っているだけで安らいだり、力づけられたりします
ウェブサイト自体が、1つの愛の集積地、ポータルになっているんですね
そこめがけて高次から、愛のエネルギーが注がれていく、
そういう注入口になっている

何か重い雰囲気や、過度に宇宙的壮大なものは
書いていることがスゴくても自分に合わない気がするので
スルーします

 

5.自分の直観を信じる

スピリチュアルな良質なサイトとの出会いも、運命の出会いだと思いますし
良書に出会えれば、人生そのものが変わってしまうこともある
スピリチュアルな分野は、文章や情報との出会いが
とても大事で繊細な部分です

波動の高いものに出会った時、
魂がスーンと澄んでいく
そしてキラっと何か内に輝いて
これだな、っという一つ理解できたと感じることがあります

情報に埋もれるのではなく
情報から魂への栄養を拾い出していく
そういう感性や直観が大事で
その直感を磨くのも
魂レベルでの修錬ではないでしょうか

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加