武術とボディワークで強く楽しくキラキラなわたしへ

LINEのオープンチャットはなくていい

ライングループ再開

さて今回私はずっと何とか続けてきたラインのオープンチャットを、とうとう止めて
普通のライングループでやっていくことにしました

ラインのオープンチャットは正直酷い有様だと思います
皆さんの中でも嫌な思いややめたいけど悩んでいる人などいると思います
私の結論からいえば、どうしても好きな趣味のグループがありそこで楽しい日々が続いているなら
文句なしですが、大して面白くも役にも立たないのに、不快な思いを何度もする気がしたら、どこかに執着があっても、思い切ってやめることをお勧めします
特に管理人は、本当に疲れた場合、本当に酷い事をされたり言われたりした場合、
我慢しないでやめてください

私は悩んだ末、管理人も、ただ入っていた趣味グループもやめました
とっても精神衛生上いいです
スッキリとクリアな気持ちと生活が、普通の穏やかで優しい生活がかえってくるでしょう

ネガティブなことも沢山書いていますが以下にオープンチャットの現状を書いておきます
悩んでいる方に、少しでも参考になれば幸いです

最近のオープンチャットは荒らしもひどく、荒らしどころか人間性を疑うような非常卑劣極まりない
言動が確実に増えています。できた当初から問題の温床になることが懸念され、一部ではなぜラインがオープンチャットを作ったのか疑問視する声もありましたが、

機能が一度ついてしまい慣れてしまえばそれがあるのも普通になり、だんだん人々の気持ちも
ゆるくなり、そしてオープンチャットは当初懸念されていたとおり、

コロナ下でお金がないところにパパ活と売春のやり取りの場となり
雑談とおしゃべりの会と称して覗いてみると、エロと出会い系は大盛況。

ストレス特にコロナで続くイライラをぶつける汚い言葉と集団いじめの場となり、

女性差別、人種差別、LGBTQ差別、ヒエラルキー(あほらしいことに古参か新入りかで)
による差別と格差、管理人の独裁化、管理人の放置、荒らしの横行、
ひたすらの妄想オリキャラ同士での架空の喧嘩、派閥争い、オタク用語だけ使ってわけがわからないままいじめられるという悪質オタクの普通の人いじめ、不倫とエログロ…となんでもありの
魑魅魍魎とした、まるで奇怪な生物がイライラをぶつけ合う気味の悪いオープンチャットワールド
が見事に稼働しています

当初一部の見識ある人々が心配した以上のことが起きています
そしてライン自体も確認しきれていません、管理しきれていません
だからもっと魑魅魍魎として怪物的になっています

オープンチャットはいつでもやめられますし、

どんな人物か最後まで隠しておくことができます
ラインは確認できても、トラブルが多すぎて確認しきれておらず
犯罪などは、やりたい放題です
しかも特定の犯罪集団というより、見たところ、
この長いコロナ期において、普通の人がおかしくなっている感じがすごくします
かつてミクシィが荒廃しきって廃墟と化す時にいた、

いわゆる業者とかネットビジネス集団というより、
ラインのオープンチャットは、もとはごく普通の人が、
正常な判断・感情・思いやり・配慮などができなくなっているその
すさまじい姿をさらす場になっているのです
その人の持つ悪質な陰険な本性、
それを見事に出しきり、実現できる格好の場がオープンチャットなのです

つくづく思います
なぜラインはこんな機能を作ったのでしょうか?

しかも予想外にコロナが来てしまったので、機能は悪いほうへと暗転しています

私は普段の連絡でラインをよく使うことから、
オープンチャット機能を知った時は、ちょうどいいと思いました
ちょうど国際慈善プロジェクトがコロナで世界中の皆が活動できなくなり停止となり、
ブログを維持することしかできなくなっていました

そこで、日本人同士でだったら会うこともできるし

新しくグループを作って、初心者でもベテランの人でも
もちろん国籍人種性別レベル問わず、
皆で武術を楽しめればいいなと思ってグループをつくりましたが
ほとんど私が告知するだけの会話のないグループで留まり、
だんだん自分のしていることの虚しさと孤独を感じたので
やめました

ただ、その後、やはり1人でもいれば一緒にやっていきたいと思ったので
また新しく立ち上げましたがそれもなかなか人が集まらず、

そして気づいたのは、そもそもカンフーや武術というものに興味関心のある人の
絶対数が少ないのです。
少なくともオプチャを利用する人の中には極めて少ないことが調べてみて最近分かりました
それに加え、少なくとも私の周りにいる人の中には、
オープンチャット自体に興味がないという人が
大多数を占めていました

だからいくら宣伝しても集まらないのは、当たり前のことだったのです

今更ながらそれに気づいた私は、人を集めたり宣伝オプチャで宣伝することをやめました

そして、オプチャに関しては少人数でやっていけばいいというところで気持ちは落ち着いたのです

でもそんなときに立て続けに嫌な思いをしました
まず、武道武術の人の集まる会で、詳しいことはすでに自分でも忘れましたが
技について悩んでいる人がいたので、オプチャ内で相談に乗っていると
「図に乗るな」とか「中国のものなんて妙ちくりんなものをやっているやつが口出しすんな」
みたいなことを言った人がいました。それを機に、私への集団攻撃が始まりました

とにかく言い返せば意味もない悪口と根も葉もないことまで言われて
私は退会しました。その時の私はとても傷ついていましたが、あろうことか最初に
私を責めた人物は、どうやって見つけ出したのか他の武道系のオプチャに入ってきて
私を特定し、悪口をそこでも書き始めました
ここまでくるとサイコパスです…

私はまたも言い返して退会。

そのことが冷めやらぬうちに、またも同じようなことが起きました
そういうことが起きたので、回避するためにも私はオプチャ管理人の集まる相談部屋みたいなもの
にことごとくすべて入っていました

その一つ、特についていけないほどのオタク色の強い管理人グループで、
またしても「人が集まらないのでTwitterを使うのはどうか」という問いかけに応えていました

私は普段仕事に集中しなければならないので、ラインは朝少し確認したら、
後は夜の11時くらいから確認して返事を書いています
夜型の多いこの時代にはそれでも同じようにオプチャ内は動いていますので
11時に私はその人にいろいろとアドバイスをしていました

もちろん上から目線で指図したり説教していたわけではありません
確かに人と人の関係上、私に何か良くない言い方などがあったかもしれませんし
それは全く分かりません

でも私はとにかく、その人のためを純粋に思っていたことは魂の底から真実だと
申しあげておきます、言葉にもこういう場で嫌な思いもしたし十分気を付けていました

私はTwitterに関してはいろいろと経験があったので、
アドバイスできることが多かったのです

それを書いてやり取りしており、本人からはお礼が返ってきました

そんな折、副管理人らしき人物が私を責め始めました
「12時間もたってるのにね」が最初の言葉。
するとほかの人も同調したようにわざとらしい分かりにくい言葉で私を責め始めました
オタク用語もあったのでよくわからず反論もできないまま茫然自失でした

なぜわざわざ自分の時間を使ってまで人にアドバイスしている私は悪いのか?
理由は「12時間もたって今更返事なんて書くなよバーカ」でした
「その話もう終わってんだよバーカ」「違う話題ぶり返すなよバーカ」
と、またしても集団いじめが始まり、私は退会しました

どこがオプチャ管理人の相談部屋なんでしょうか?
何かのきっかけをつかんでは、他の管理人をいじめるための
いじめ部屋でしかありませんでした

あまりにも陰湿としか言いようがありません
書きたくはなかったのですが、他にも傷ついている人が沢山いると思うので
あえて書きました。私も書けば思い出すので書くのは嫌です
でも、書かないと実態が浮かんでこないので。

実際、やはりオプチャでいじめられた人たちから記事を見てお礼が来ました
中でも「あなたの文章を読んで本当に立ち直ることができました!」と
言われた時は本当にうれしかった。私の苦しみが誰かの役に立っていたのです

それによって自分の苦しみが溶けていきました

オプチャでいじめられている方々。
あなたが悪いのではありません
あなたは何も責められることはしていません
むしろ、私の見る限り、オープンチャットは人に親切にしたり
正当なアドバイスをしている人を責める傾向にあります

そういう人間は人がいい分弱いだろうと思われやすいのか、
攻撃対象にしやすい、とみなされます

善行をしている人ほど、責められいじめられるのが
ラインのオープンチャットの性質です
ラインの社員の方々も理解してください

そしてそこにナチスまがいの集団心理が働きます
皆で一緒に攻撃し、攻撃多少を責めることで団結する快感と、
孤独な輩が集まってつかの間の団結間というゾンビ的なよろこびに浸っている人間の
妖怪のような気味の悪さ。

さてそういうわけで、オープンチャットはもうそろそろオワコンかなと思っていたところです
わたしの作ったグループは、静かで相変わらず会話が盛り上がったりはしませんでしたが
平和に継続していました

このまま、グループさえ平和に持続できさえすればいいと思い
他のオープンチャットはすべてやめてそれだけにしていました

しかし結局、自分のところでもトラブル、というか
正に見せしめの嫌がらせをするものが潜んでいて
オープンチャットに嫌気がさしていた私の気持ちはもう
その行為を許せませんでした
なぜなら、その嫌がらせは差別につながるものだったからです

悪口というレベルではありませんでした
私には一線を越えた悪行でした

そこで、とうとう私もグループごとオープンチャットを去る決意をしました
そして普通にラインのグループでやっていくことにしました
ろくでもない人間の行為によって、今まで築いてきたことやコロナでじっと機を待ち
忍耐してきたものを、ここであきらめたくはなかったからです

私は例え小さくとも、国際交流活動は続けますし、
武術を楽しむクラブも続けます

 

ただ、ラインには言いたい
あなた方はなぜオープンチャットを作ったのか?
それをうまくコントロールして管理できるという計画と自信はあったのでしょうか?
それによって多くの人が傷ついている、今日も沢山の人が傷ついている、
その責任はあなたがたライン自体にあります

そしてオープンチャットに入っている人、
あなたもいつ攻撃対象になるか分かりません
自分を守る守護する方法を前もって考えておいてください

また、すでにいじめられている方、
それはあなたのせいではありません
あなたの隣の妖怪のせいです

本当に大切なのは、やはりリアルな付き合いです
妖怪など忘れて蹴散らし、リアルで真摯にあなたと共にいてくれる人を
大切にしてください。オープンチャットなど、何物でもありません、そのうち
自分で機能不全に陥り自爆するでしょう

あなたが信頼し、語り、言葉できちんと話し、
いいこともよくないことも誠実さと愛でやり取りできる人たちとの付き合いと交流を
大事にしていく。
それにはとても時間がかかると思います
でも、それが本当の財産だと思います
本当の友情、本当の友達や仲間。
その重みは、オープンチャットのあるかないか分からないつながりなどとは
比べ物にならないほど価値のある宝であり、私達の人生を支えるものです

オープンチャットは人間の暗がりにできたカスにすぎません
カスはそのうち、消えるでしょう、何の価値もないのですから。

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

TOPICS
閉じる