さみしさの中に愛を信じて

以前まで「ごめん、愛してた」というブログカテゴリーを作ってました
そこでは気軽に自分が好きなこと/好きなものを書くようにしていて

読んでいた方がいるかどうか分からないのですが、だから消えてしまったことに気付いた方も
いないと思うのですが、それを今年になって削除しました

書いていた内容はほとんど、韓国ドラマの感想か韓国人との付き合いについてばかり…
その頃は、カナダでの経験もあって「アジアの人間はみな共通の情を持っているから理解しあいやすい」
とはっきり思っていてそう書いてもいました

でも、PROJECT71の全バージョンの失敗。韓国人相方兼親友(少なくとも自分にとっては)の失踪。
国際交流への挫折と疲れと、自分の理想とは違うものをいろいろ経験しすぎて、
韓国人のこともどう考えればどう付き合えばいいのか分からなくなり、
「前言撤回」ということでこのカテゴリーで書いた記事を削除しました

正直、今でも国際交流とは何か、友情とは何か、は分かりません
韓国人との付き合い方も全然分かりません
だからといって韓国人が嫌いになったとか避けるようになったということでは全くありません
私は諦めずに彼らと仲良くなる方法を探してみたいと思い、韓国人とのやり取りが多い国際交流アプリに入り
また友達作りをしています。その中で日本に住んでいる韓国人と良く話すようにしています。

彼らは両方のことがよくわかっているので、どちらの気持ちも推測しやすいようです
また、彼らは日本人と違い、ズバズバと言ってくるので、本音で日本人との付き合いについても
語ってきます。それが自分の勉強になるのです

韓国・中国・台湾についての本も山ほど読みました
今でもネットの日記なども含め、繰り返し読んでいます
少しでも彼らを理解できるようにと…

というのも、本当に東アジアといえどもあまりにも価値観とか人付き合いなどの方法が違うからです
そのことを思い知らされた私は、一から国際交流の学びなおしをしているところです

隣の市でやっている国際交流クラブにも入ることにしました
そこはすごく活発な本格的国際交流クラブをやっていて、昔から定評があるからです

 

なぜそこまでして、国際交流にこだわるのか、身を投じるのかは自分でも分かりません
海外で育ったという幼いころの体験が大きいのは言うまでもありませんが、昔、非常に有能な
霊的能力者に会ったときに言われたことがあります
「あなたは世界のいろいろな国の人と繋がって、繋がりをつくっていくことも今世の使命にしている」

その時は全然ピンと来なかったのですが、気付くと国際交流に魅かれている自分がいて、
よく国際交流飲み会やパーティーなどにも行きました
snsができてからはネットでの交流もできるだけやってきました
何かのためにというより、ただ好きだからやってきた、趣味ですね

ただ、飲み会の類は正直、がっかりするものが多かった
日本人女の子目的の外人男子が集まる場所…酒に酔って、ただ騒いでいるだけ。
魑魅魍魎とした感じで、酔っ払いが嫌いな私は、そういうものを敬遠するようになりました

私が目指していたのは、もっと愛のある、語り合いのある友情でした
カナダの大学院に行ったときも、わざわざ試験まで受けて、国際寮に入りました
(伝統的な国際寮というのは、海外の場合試験があるのです)

なぜ国際寮に入ったかというと、国際交流がしたかったから、寂しがり屋だったからの2点です
その国際寮はのちのちPROJECT71にも出てきますが、私の人生の宝ベスト10に入るほど
素晴らしく楽しいものでした。ずっと求めていた理想の国際交流が、毎日24時間繰り広げられていたのです

「世界は、友情を持つことができる」「世界は理解し合い、平和を創り合い、繋がることができる」
それは子供の頃からの思いでした。今PROJECT71を書いていますが、思えば小学校の頃から
世界の友達で冒険する物語などを夢中で書いていましたし、もっとさかのぼれば
幼稚園の時に、すでに日記にそのような夢があるとつたない日本語で書いているのです

それほど、国際交流は自分にとってなくてはならないものの1つのようです

そして長い時を経てPROJECT71の構想を練り、物語として形になりました
それは「世界は一つになれる」という自分の願いであり祈りであり、愛です

今やっとこのブログとプロジェクトは一段落して静かに進めていけるようになりました
前回は私の各国の人への理解不足や、何でもかんでも受け入れてしまった方針間違い、
相方ディレクターがいなくなるということなどが続き、
世界の人々とお互いの理解ができないでこんがらがってしまいましたが
自分も冷静になって、気を取り直して、いろいろと世界の人との付き合い方も学んで、
日本人同士のようには行かないという覚悟もできたので、

穏やかに創ることができています

名前はPROJECT01からPROJECT71に変更しました
心機一転、エネルギーを変えたかったから、好きだった名前を悩んだ末変えました
7=幸福、1=新しい始まり、足して8で無限の可能性。

しかしながら、PROJECT71は、「世界はアート・デザイン・クリエイティブな力で1つになれる」
という大きな願いを乗せて乗り出した船であるにもかかわらず、現実には、全くと言っていいほど
そうはなっていません

幸い、アーティスト達はほぼ全員が前回から引き継いで残ってくれました
金銭要求等をする人達以外は、残ってくれたということです

これで、みんなの素晴らしい作品を公開しながら、「世界は一つになっていこう」という
物語を書いていける。これは事実です。

でも実際には、参加している皆と連絡を取り合うことはほとんどありません
相変わらずめったに連絡してこなかったり、必要な情報をいつまでも送ってくれないで停止したまま、
のケースもあります。

時々、というか根底にはいつも、「これのどこが国際交流なのか」という思いがあります
根底にはいつも、寂しさがあります

その寂しさ虚しさが、最初PROJECT71を新たにスタートさせたときに誰からも返事も反応もなかった時
にピークになりました。ずっと抱えていた「これのどこが国際交流なのか」という思いがそこで破裂し、
一度は新しく創ったものも、全部やめる!と私は言い出しました
その件については以前書きましたが…

でもそこで救ってくださったのは国際交流の仲間であるはずの彼らではなくて
そばで見守ってくれた人達やクライアントさんの皆さまやブログを通してやり取りさせて頂いている
方々からの応援でした。結局、私を助けてくれたのは外国人ではなく同郷(ここで言えば日本)の人たちでした

あの時、私のヒステリックな態度をみて失望したとも言われましたが、
私からすれば、前回のものを中止せざるを得ないところまで追い詰められ、傷を抱えてまで
新しく創ったものに、同じ国際交流クラブの仲間である人達が、
たったの1人も反応してくれなかったことの悲しさ、というのは、
今でも忘れられません。自分を正当化するわけではありませんし、私をどう心の内で批判されても
構いませんが、あれだけのことをしていて誰からも一言もなければ、ただただ寂しいだけ、虚しいだけです
その思いは、やってみた人にしか分からないでしょう

 

その後気を取り直して、しぶとくサイトの運営を開始することにし、皆は戻ってきてくれましたが
先にも言ったように、相変わらず、アーティストたちは作品を載せることを許可してくれ
ているだけで「交流」のないまま、言葉もめったにかわすこともなく、「アートで世界を1つにしよう」と
いうミッションだけが先走った形でサイトは続いています

人にはこうも言われました「お前はサイトを宣伝のためにいい様に使われているだけだ。彼らの目的は
作品を売ることで、国際交流などではない」と。

私は今でも寂しい気持ちです
とても寂しいです
何のためにこのサイト、プロジェクトをやっているのか正直虚しくなります

参加者みんなで「世界を一つに」という思いを共にしているならともかく
誰もその思いを共有している様子がない。そんなのって、どうなの?と。

 

でもそれでも続けているのは、「いつかは変わっていくかもしれない」という希望を持っているからです
たとえほとんど交流がなくても、時に丁寧に連絡を取ることで、長く付き合っていくうちに、
本当に友情が芽生えてくるかもしれないと。

そして、彼らがたとえほとんど私と言葉を交わさず、メールも既読にならず、
既読スルーばかり続いていても、それでもとにかく「参加する」と言ってくれて、今でも
参加し続けてくれているのは、どこかに私と同じ思いがあり、愛があるからだと信じているからです

彼らのような一流の、すでに成功を収めたアーティストたちが、自分のインスタやウェブサイトの
掲載作品へのアクセス権を全面的に私に許可し、自由に使っていいと言ってくれる。
それだけで、すごいことだと思うのです。

それって、実はすごく勇気と寛容な心がないとできないし、私というものを
信じていなければできないことだと思います

私がどういう人間か分からないわけで、
いつ著作権を悪用したり、作品を勝手に使ったりするのか分かりません
それを、良く知らない外国の女子に、許可するということは、並大抵の寛容さじゃないと思います

彼らはすでに社会的地位を築いている人たちばかりなので、彼ら自身にとっても
ちょっと変な使い方をされたら社会的信用に関わります。
それでも作品へのアクセスを許可するということは、自分の命の一部を預けるようなもの

だから私は、彼らが私を信じてくれることに、敬意と尊敬を感じているのです
そんなこと、普通の人ではなかなかできないですから
彼らが私が愛のために、世界を愛にしていくために、小さいながらも何かをしたい、と
懸命であることを感じ取って、それを信じてくれることに、私は感謝しているのです

だから、交流がなくても、魂のレベルでは、何らかの交流があるのだと、信じているのです

そして、先に言われたような「作品を売りたいから利用している」といううがった見方は、
私はもちろん信じていませんし、それ自体がとても歪んだ想像だと思っています

そんなことよりも、アーティストにとっては、著作権を守ることの方が
よほど大切ですから…私もデザイン業界にいたはしくれとして、それは分かるのです

もちろん、作品を提示することで、アジアに広く自分が知られればいいなと思いながら参加している
人もいるでしょうし、皆自分をもっと知ってもらいたいから載せてもいいと思っているのだと思います

でも、それはそれで私は純粋な気持ちだと思いますし、最大限その要望に応えられるように
上手に皆の作品を紹介できれば、そして各人がアジア圏でも有名になったり仕事を得たりすることに
繋がれば、それほどいいことは私にはありませんので、皆を応援しています

 

こうして、彼らに対する敬意と感謝の気持ちと同時に、交流のなさに対する不満と寂しさを同時に
感じながら、私はこのプロジェクトを今日も続けています

 

これから本章に入り、記事が増えていくばかりなので、それと同時に載せる作品も
多くなければならないのですが、なかなか参加してくれる人自体がいませんので
今後は提示する作品は少なくなるでしょう。参加者の作品を丸ごと使うことは乱用になりますので
それはしないと決めています。

私の理想は。もし言ってもいいのなら、このプロジェクトに参加している人達が
皆仲良くなり、繋がっていき、コラボレーションも生まれていくこと。そしてこのプロジェクトの
理念に賛同してくれるアーティストたちが、ますます増えて、参加者が増え続けて輪が広がっていくこと。

「アートは、美は、デザインは、クリエイターは、愛をもってこの世界を一つにできる」
「創造する者は愛をもって繋がること、友情を持つことができる」
と。それを現実にすること。それが理想です。

正直、理想とは程遠い現状ですが、先にも言ったように、コツコツと続けることで、
コツコツと、返事がなくても連絡することで、思いを伝えることで、
いつか1人1人と本当に仲良くなれる、そういう時が来ると夢を持って、続けています。

読んで見てくださっている方、何でも、どのアーティストに対してでもいいので
コメントや感想が今後あれば、いつでもお伝えください
私の稚拙な文章でつづっていくものですから、読むにも忍耐がいると思いますが…
私にとっても、アーティストたちにとっても、感想やエールが、一番嬉しいことでございます

そして、誰にも告知することなくひっそりと始めたPROJECT71インスタグラム
前回のアカウントをやめ、PROJECT71~EARTHSKYSONGSのみに関する投稿だけをするアカウントを
創りました。おかげさまで、好評をいただいております。好評といっても、一度に500とか5000とか
「いいね」をもらっている人達には微々たることでしょうが、ひっそりと始めた割には、見てくれる人が
多くて、私としては、前回の個人アカウントより、楽しんで更新しています

https://www.instagram.com/earthskysongs/
このアカウントでは、私が主人公たちをかなりデフォルメした形で落書きのようなものをただ載せているだけ
何ですが…その落書きがゆるくて返って皆に受け入れられるようでございます…

寂しさと感謝という2つの思いの間にいながらも
これはきっとこのプロジェクトをやらなければ感じなくてもいい寂しさなんでしょうが
それでもやってしまう…やっぱり、最後は愛ですね

で、私は国際交流が好きで好きでたまりません
なんだかんだと。好きが高じてプロジェクトまでやり始めたのですが
とうとう、日本語教師の資格も取ろうと決めて、今は資格の勉強にまい進しています

ヒーラーを引退したら、日本語教師になろうと思って今から日本語を教えるようになりました
世界は一つになれる、その幼稚園からの思いは、ずっと続くでしょう…

 

ps今後、私の好きなものについての徒然日記は「天使の宝もの」という
カテゴリーで書くことにいたしました。よろしくお願いします

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加