アート・ダンス・武術・ムーブ

REB BULL BC ONE WORLD FINAL 2019、Mennoが勝った

Red bull bc one2019,Mennoが優勝したようです
私は見ていません
最後まで見る気がありましたがなんとなく見る気がしなくなり、
結果も気にしないでいるつもりでした

でもまさかMennoが優勝とは…
なんか心が痛い…
今年はMennoのことを考えなかったことはなかった
Mennoとよく連絡した、「平和について何ができるか」について。

Mennoが大好きだった
メノにプロジェクトに戻ってきてほしかった
どうしたらメノに帰ってきてもらえるか、ずっとずっと考えていた

でも彼は「このプロジェクトで平和が実現できない」と言い残して去った
それはすごくつらい言葉だった

私は言った

「あなたは自分のダンスに自信がないのよ。だからダンスで世界を平和になんか、

出来ないと思っているんでしょ。本当はその力があるというのに。どうして自分を信じられないの?

たった少しだって、たった1ドルだって、それが世界のために使われるなら

そのためにあなたのダンスが活かされるなら、あなたはダンスで世界を救うのよ」

Mennoはとても気さくな人である
Mennoは優しく、まじめで、真剣に世界について考えている私が出会った中では
数少ない、活動家ダンサーでもある

Mennoは何があろうと平和についての議論を優先する
そして彼は自分の経歴や実績をいっさい言おうとはしない
そんなことより、自分の生き方を重視している

世界にそのようなブレイクダンサーがいることを知ってもらいたい
私の意思は、平和だけでなく、メノという平和主義者のことを知ってもらいたいという思いもあった

彼にはそれが通じなかったか、彼の持ち前の「一匹オオカミ」性分が勝ったか…

とにかく今年はMennoに対して複雑な思いを抱いてきたために、
この結果は何かを突き付けられるようで切なく悲しかった

実はMennoと、ある友人とで今度遠隔ミーティングをする
メノにプロジェクトに帰ってきてもらう話合いをするためだ

もうすっかりおじさんとなったMenno
でもその力を世界に見せつけた

でも、私が本当に見せつけてほしいのは
彼のBBOYとしての才能や実績よりも
愛や、人を思う心や、オープンで頼りがいのある性格や
平和活動家としてのMennoである

メノ、帰っておいで…

 

ちなみに、bc oneで3度優勝することを
HONG10に夢見てきた
今年は招待がなかったのか、だったらしょうがない
あの人は大会前だと気持ちが高揚するからしばらく放っておいた
ダンスの時はダンスしか考えたくない人である
かといって、例えダンス中でも電話にでるし、
絶対に人をなおざりにしない人でもある

しかしあまりにも放っておきすぎたかな…
気を使いすぎて何も言わないできてしまった…

ホンヨル(HONG10)にはいつか、大会5回優勝をしてほしい
ジェット・リーなみに、すでにちまたに溢れすぎているレジェンドなんかではなく
皇帝(エンペラー)として不動の地位を築いてほしい

大好きだからではない
それもあるが、
彼こそエンペラーにふさわしい
愛を大きく持つブレイクダンサーだからである

愛を大きく広げていけるブレイクダンサーだからである

MennoとHONG10、2人とも仲がいいが
今までは彼らの中で力は均衡であった
水平線上にいた2人、その状況が変わったことは
2人の心にも変化をもたらすのか、
いやとりわけホンにとって、大きな変化となるだろうよ

ブレイクダンスそれだけでなく、愛を広げていってね

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加