地球と個人が新しくなる時代へ-新しいスピリチュアルへ,  地球の変動に伴う心や体の変化について

11月のエネルギー~世界も、私たちも変わる

cemetery-1655378_640

今月は毎月angeliclovelightの方に投稿しているエンジェルメッセージを載せませんでした
リーディングはしてみたんだけど、どうしても載せる気になれなかった

先のアメリカ大統領選で、私も相当なショックを受けました
それで、「今月の天使の言葉」とかなんだとか、そんなものはどうでもいいと、そんな気持ちになりました

連日報道を食い入るように見つめては世界はどうなるんだと思っていましたし
合わせて韓国の大騒動も見ていました

11:11は毎年、とても重要なスピリチュアルな意味のあるビッグシフトの時だと書きました
今年は、さらにいつもの1億倍くらいシフトが起きている感じがします

しかし、いつもなら張り切ってこの事実について書いている海外のヒーラー達も、
今年の11:11についての記事はいつもより少ないと心なしか感じます
それはやはり大統領選と時期が重なったことにより、それどころではなかったのでしょう

私たちは、ある意味、政治に疎ければ尚更、それは対岸の火事かもしれませんが
世界を良くしようと懸命に頑張ってきたアメリカのスピリチュアルな人々にとっては
よほどの衝撃だったみたいで、いつもの通り、11:11についての前向きではつらつとした記事は見当たらず、
今後どう生きるべきかという議論の方が優勢になっています

それも仕方がないことだと思います
何かあれば、誰だって感情的に反応するものですし、
今後アメリカ人として生きていくうえで(本当は世界のすべての人に影響があることなのですが)
毎日、そのことは多大に影響するのですから・・・

今はアメリカのヒーラー達は、「これは地球の変わり目だ、世界が変わろうとしているサインだ、
諦めずに頑張ろう、私たちは輝いていなければ」みたいなことを書いており、それは半分自分への
励ましなのだと思います

こういう時、スピリチュアルというのは何なのかなとも思います
今までさんざん、世界は2000年代になったら変わる、輝かしい光の世界になる、
今年こそすごいことが起きてみんな覚醒して世界は愛だけになるとかなんとかかんとか、
そんな「チャネリングメッセージ」を広めてきた人々が、現在の状況に、とうとう落胆するまでになっている

だから、スピリチュアルサイドの人たちが何を言っていても、話半分で聞いておいた方がいいですよ、
と私はずっと言ってきました

それに、あまりに壮大で楽天的すぎる「スピリチュアルな未来予想」や
聖なる〇〇からの大いなるメッセージとか題されるような類のものは、
私には響きませんでした

世界がどうなっているのか、もっとよく見て自己管理しようと警告してきたのは
私が知る限り、トムキャニオンくらいです

 

でも今の地球のエネルギーは、すぐに物事を現実化させてしまうので、
トランプが嫌だいやだと思っていたら、文字通り嫌なことが起きて嫌なことを引き付けるようになったので、

それから、今度はばっさりと、すべての報道番組を断ち切りました
ネットもニュースは見ず、他の人と大統領選について話さず、ツイッターやFBを閲覧するのもやめ
新聞も見ず、社会系の雑誌の表紙すら目に入って来ないようにしました

(といっても、最近また熱が出てる韓ドラと、中国ドラマは見まくってます💛)

★そして、ひたすら今の「地球という惑星」につながるようにしたんです

社会現象とかそういうのはもう蚊帳の外、他の世界で起きていることと考えてどっかにすっとばして、
ガイアに何が起きているのか、自分の内部に何が起きているのか、それを感じ取るようにしたのです

そうして、静かな世界に身を寄せてみると、全く違った世界が見えてきました
まず、冗談じゃなく今年の11:11、そのあとのスーパームーン、そして11月のこのエネルギーは
とてつもないほどにとてつもない強力なものであること。
そして、地球は本当に変わろうとしている、
もう何が何でも意地でも変容しようとしている、
ということです

そのものすごいエネルギー威力が、全身を流れに流れ、
とてつもないスピリチュアルパワーが増幅しています
(参っていますよホント)

そしてもう、何というか、言葉には出来ないのですが、
地球という星の在り方が変わってきています

丁度、この時期、すべてのニュースやらなんやらをシャットアウトしてみたら、
私のもとに偶然か必然か、ダイアナ・クーパーの新書、「大天使パーフェクトアセンションガイド」という
本が届きました

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%81%ae%e6%9c%ac

この本は、すべてをシャットアウトして「自分とガイア、自分と地球」に集中している自分にぴったりの本で、
まさに、今地球がいかに変貌を遂げているのか、それにどう調和して自分も上昇していくべきかを
色々な方法論とともに紹介しています

読む人によっては、かなりちんぷんかんぷんのとんでもない本だと、
ロードオブザリングの番外編かなんかか?、と思えるかもしれませんが
読み人によっては、今の地球をより鮮明に見渡すことのできるある種の美しい地球儀でもあります

今までのダイアナの本より、数段エネルギーが高い本です
そして、エネルギーが美しいものになっています

美、これは、アセンションの一つの道標です
美しいもの、美しくあるものというのは波動が高く、霊性が高いのです
スピリチュアルに進化すればするほど、その作り手が創りだす、世界に送り出すものは
美しくなっていきますが、ダイアナも相当に進化していっているのを感じました
本から美が零れ落ちています、ただの「ニューエイジ本」ではありません

さて、言葉にはできないが、なぜこうも地球が変貌を遂げているのか、
という答えというかその絵図を、この本は見せてくれました
そして、地球はますます美しい星になろうとしていることが感じられました

ただ、それでも、私たちのいる世界は今2極化しているのは間違いないです
新しいエネルギーと愛で充満しているガイアと、古い世界で泥沼を続けている停滞社会と。

こういう2つに分化した世界に生きることは容易ではないですし
だからといって、天国のような高次の地球にひとっ飛びできるわけでもないんです

いつも言っていますが、飛び立つにも勇気がいるし、飛び立ってからも
大きく飛翔するには多くのものを捨て、浄化し、洗い流さなければなりません

だから、新しい世界へ移行する人の方がむしろ大変なのです
そして古い世界にしつこくしがみつく人たちは苦しみにあるのです
大変さと苦しみ、微妙に違いますが、どちらも「しんどい」ことではあります

ではどっちにするのか、自分はどちらに住むのか、どちらの方向に進むのか、
まさに今、選択が求められているときでしょう

それが、この大統領選というターニングポイントというかウェイクアップコールによって
いよいよ世界の皆に突きつけられていると感じています

どちらを選ぶでしょうか?

なんていうか、世界はいよいよ、混沌とするでしょう

だからこそ、生き方を真剣に選ぶときが来ています

どう生きるのか、何を選ぶのか、何を「見るのか」、何にフォーカスするのか
何を信じるのか、何が最も大事なのか、自分でハートに聴き、
真剣に選ぶ時が来ていると感じています

ダイアナは以前からずっと、世界は2032年に完全にシフトする、と伝えています
これにはダイアナ自身のチャネルからの情報でしょうし、私は「〇〇年に〇〇が起こる」式の話は
好きではないので、信憑性はありませんが、多くのヒーラーが、2030年代が変わり目、地球の運命の
分岐点になるだろうということを言っていますし、それは私も同感です

おそらく、科学的に見ても、2030年代は地球のその後を決定するような分岐点になるのではないでしょうか

ダイアナのいう、2032年が仮に本当のシフトの時期とすれば、
今年が終わると丁度2000年から半分来たということになります
また、今年は数秘学で言う9の年であり、来年から新サイクルになります
(詳しくは)

今年、多くのことが明るみになり、終わるべきものは終わりをつげ、混沌としているのも
そういうわけで、来年からが、一つのまた新しいサイクルになるからでしょう

となると、やはり、今この時期、いかに選択するのか、ここからどう生きると魂として決意するのか
今流入するエネルギーを、いかにうまく自分のものにしていくのかは
努力がいりますが、すべての人にとっての課題と言えるでしょう

正直、今月のエネルギーは相当なもので、
また社会の荒ぶる状態も相当なものでしたので
新しいものと古いものがせめぎあってる感じで
キツイ月です

早くクリスマスにならないかな~とクリスマスのことばかり考えてる

しかしながら、相当に重要な時期にあり、ここから大きく変わって行くことは
間違いないと、私は思っています

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加