スピリチュアルハラスメントとハートの戦士

no titleの画像 プリ画像

前回記事「愛こそすべて?愛にはうんざり」につながっている記事なので連続で投稿します

スピリチュアルハラスメントとは?魂を傷つけられることは一番痛い

スピリチュアルハラスメントという言葉があるそうです

スピハラとは、霊能者から「悪いものがついている」とおどされ、
高額の料金を要求されることを指すという人もいるようですが、
このスピリチュアルハラスメント、あるいはスピリチュアル関連のトラブルというのは、

もっと広範囲に渡り、細部にわたっているのではないかと思っています

アメリカのスピリチュアル関連サイトのコミュニティなどを見ていると、そのトラブルの多さが目に見えてきます

アメリカでは日本よりももっとオープンにスピリチュアルが語られる場が多いと思うので、
あからさまなトラブルについての相談を見かけることも多いのかもしれません

”ヒーラーからムリムリでも自分の言うことに従うように要求された
自分の意見を言ったら逆切れされ怒られた
ヒーラーが、クライアントのセッション内容を守秘義務を守らずに他の人にもらしている
リーディングで、未来に起こることについていろいろと言われて、
それに振り回されどんどん高額のメニューを受けるように誘導された
ヒーラーの提供するセッションを受けてエネルギーが返って乱れた
セッション中に傷つけられることを言われてますます傷ついた”

私自身も、セッション中にセクハラを受けたことがあります

などなど。。。

あるアメリカのサイトで、「私は5年後に死ぬとあるヒーラーに言われました?私は本当に死ぬのでしょうか?
それを他の霊能者に聞きに行く気になれない、だって全く同じことを言われたら私ほんとに生きていけない・・・」

と書いている人がいて、それについて多くの人がアドバイスしていましたが、
リーディング1つとっても、実は大きなトラブルのもとになる
可能性があります

スピリチュアル分野というのは一般的に、ヒーラーやチャネラー、ティーチャーの方が優位になりやすいものです
それは、彼らが霊能力とか、とにかく特別な能力・技能・特技・知性などをもっていると信じられていて
それゆえに彼らに着いて行く人が多いため、まるで”師匠と弟子”のようにもなりやすく、
自然とヒーラー優位の関係性になっていきます

そこで、ちょっと間違うと何らかのトラブルが起きてくるのは想像にかたくありません

一つ言えることは、スピリチュアルな事柄で、ヒーラー、チャネラー、ティーチャーに傷つけられる体験というのは
非常に痛い体験になりうるということです

例えばヤブ歯医者に行ってしまって、痛い治療をされた上治らなかった。
これでもとても嫌な気持ちになりますが、時が来れば、あるいはその後いい歯医者さんにあえば、
すぐ忘れてしまえます

けれど、魂のレベルを傷つけられるということは、そう簡単に立ち直れるものではありません
スピリチュアルな領域で傷つけられるということは、
ヒーラーにクライアント自身が勇気を出して自分自身を相手にさらけだしている、

それゆえに、精神的・感情的・身体的・霊的すべてに痛みが伴う可能性があります

精神から肉体、霊性まですべてを包括しているのがスピリットの領域だから痛みが細部に及びます

だからなかなか、「ま、こんなこともあるさ」と自分の中で割り切ることは難しいものなのです

特にヒーラーのところに行く時というのは、もともと何らかの傷を抱えていて、
癒されたいと強く思っている場合が多いので、
そこにまたヒーラーとの関係性で傷が出来るということは、
大きな痛みになるのは間違いありません

下手するとヒーリング(および何らかのスピリチュアルなワーク)がトラウマになってしまうこともあるでしょう

 

ヒーラーなんてただの人

ここで、なぜスピリチュアルハラスメント、スピリチュアルトラブルが起きやすいのかということを考えるうえで、
ひとつはっきりしたいと思うことは、ヒーラーなんてただの人だということです

私自身、ヒーラーで、またその立場から多くのヒーラーを見てきましたが、
本当にヒーラーなんて、ただの人なんです
(私はここで偉そうに書いていますが、正真正銘のアホバカ間抜けです)

批判しているのではなくて、皆生身の感情を持った、生身の弱き人間である。
とても人の優位に立てるものではない
でもそれで私は自然だと思っているし、前記事でも書きましたが、それで充分だと思っています

けれども人はたびたび、ヒーラーを神聖化してしまうことがあります

人と違った能力を色々と持っている(というか本来あるものを開いている)
ことはおそらく事実なのでしょうが、だからといって完璧な人間ではないのに、
何でも完璧にこなしてしまう超能力を持っているに違いないと期待してしまうのです

そして、ヒーラーの方も人々のそういう大きな期待感にさらされ続けると、なんとなく
自分は知っている/知っていなければならない/より有力な存在できなければならない
と思い込み始めます

そしてスピリチュアルの切り札である「愛と光」をあたかもまるごと分かっている、出せるというように
愛と光を連発し、誰のことも受けとめられるかのようにふるまいます
人によっては、自分でもよく分からないことを真実だと言い始めたり、威張りだしたりします

しかしすべてが分かるヒーラーなどいません
すべてにうまく対処できているヒーラーもいませんし、いつも万全の能力を働かせている人もいないし、
リーディングや透視が完璧ですべて当たる人もいません
それどころか、人間としての最低限の優しさもない人もいれば、礼儀もない人もいます

特にアメリカのヒーラーは、愛と光をこれでもかというように強調しますよね
北米人は何でも大げさにビックに言うのが好きだから・・・
だけど、付き合ってみればちょっとしたことで怒ったり、
訴訟社会なので自分の非は基本的に認めない
ヒーラーと言っても、”ラブリーだけど、短気だったりする、ごく普通の北米人”です

また、私からすれば、ヒーラーはむしろ傷つきやすく繊細で、悩みが多い人たちです
感受性が並みではないし、観える領域がはんぱじゃないので、
またネガティブなエネルギーに感受するので心身を壊しやすく、不調なんて常々です

ヒーラーとは、愛と光を持って人々になんらかのすごいことをしてしまえる人ではありません
一般的にはそう思われているようですが、そしてそれを必死に装うとする人もいますが、
前回の記事でも書いたように、愛っていうのは、人間にとって想像以上に難しいものなのです

ヒーラーとは愛でも光でもなく、愛と光という、スピリチュアルな次元に調和しようとしながら、一生懸命真実を探求して生きている人たちです

有名ヒーラー、アセンテッドマスターだと自ら言うヒーラー、そういう人でもそんなものだと私個人的には思っています
まずそう思って付き合った方がいい、その方が距離が保てるし、結果として傷つくこともない(あるいは少ない)

ヒーラー、ライトワーカー、それは所詮ただの人なんだ。
そう認識していると、特定のヒーラーとの関係やスピリチュアルメソッドとの関係性に沈殿してしまうことなく
つねに自分の中心にいられます

つまり、スピリチュアルな何らかのセッションや学びを受けようと思う時に、
そのヒーラーやティーチャーを過信してはいけないし、そこにすべてをゆだねてしまってもいけない

自分がスピリチュアルな探究をする時に、とにかく自分より凄そうな誰かに自分をまかせてしまおう、
誰かが言って(やって)くれることを当てにしてしまおう、という欲求をまず自分の中で突き止めて
それを解放していく必要があると思います

つまり、トラブルにあった方々には厳しい言い方だけど、
スピリチュアルな分野のトラブルというのは必ずしもヒーラーサイドに責任があるわけではなく、
何らかのスピリチュアルに盲目になってしまった自分と、優位に立とうとしてしまうヒーラーとの「関係性」の中に生じることだということです

今はヒーラーやライトワーカーにとっても、激動の時代

今の地球は、新しいエネルギーに常にさらされ大いなる変化の時を迎えています
このエネルギー流は毎度、凄まじいものです

意識できるか否か、現在の体でそれを感じられるかどうかは関係なく、
皆このエネルギー的変化に揺さぶられているでしょう
結果として、世の中は混乱しなにより個々人の中に大きな混乱・今迄への疑問
また人生を変えざるを得ない状況がでてきます
ただでさえ、震災があり、また大きな震災が予測され、地球の環境も文明もいつ終わってもおかしくないような状況。
こんな時に、いくら表で笑っていても、人々の心は乾き飢え、本来の自分を探し求めます

そうなると、スピリチュアルレベルでの解放や変容が必要になってきて、スピリチュアリティーというのは
もうこれからどんどん大きな、裾野の広い、衆目を集める分野になっていく可能性があります
ということは、それだけ魑魅魍魎にもなっていく可能性もあるということです

スピリチュアルは、科学で解明できない、いわゆる未科学の分野なので
特に今の時代の世の中の行き詰まりや人々の混乱を受けて、
もう何でもありになってきます

世界各国あらゆるヒーラーが世界はこうなるどうなると日々”チャネリング”しています
スピリチュアル情報などは、チャネラーも増えた中地球上いまや膨大な量流れています

そんな中、すぐに答えを出そう/清々しく生きようとあらゆるスピリチュアルに手を伸ばすのではなく、

今こそ何となくスピリチュアルなことにふわ~っと流れていくのではなく、
常に自分に主権を保ち、識別力を磨いて、自分自身でスピリチュアルな道を歩んでいくという
強さ・決意が必要だと思います

それはヒーラー自身にも言えることです
いくらチャネリングが出来ようと、今地球に起こっていること/これからの地球などというテーマは、結局人間には分からないと思います

どうなっていくのか、誰にもまだ分からないと思います
事実、物事はどんどんスピーディーに変わっていく時代に入りました
厚ぼったい強力なエネルギーが絶えず膨大に入ってきています

真のヒーラーならば、時代はますます「予見しにくく」なってきていることにすでに気付いているはずです
つまりチャネリングで予想予言しても、そうならない可能性がすぐに出てくるわけです
予想がしにくい時代なのです

つまりもっともらしくチャネラーが時代を俯瞰してみても、実はなんのこっちゃかよく変わらないまま、
また変化が起こるという時です

Dana Mrkichがちょっと前にこのようなことを書いていました
「私は1年前に”変化の時代なので、周りに流されないように生きましょうなんて書いていたけど、
1年経ってそれがどんなに難しい時代であるか
自分でもよく分かって、書いていたことに笑ってしまう」

ヒーラーにとっても、生きるのに困難が多く予想される時代です
もしそのヒーラーが、高いエネルギーに常に調整統合出来る力強いライトボディをすでに身につけ、
今世でクリアーすべきことをほぼクリアにしている場合には、
アセンション時代の地球でも、変化の大渦に巻き込まれずに強靭なボディで楽しくハッピーにいられるでしょうが

そこに至るまでがまず大きなチャレンジになります
凄まじいエネルギーを難なくアライメントできる自分になるまでが険しい道のりになります
本当に光となってこの世界に貢献したいなら尚更、容赦なく浄化もライトボディプロセスもやってきます

ですから、ヒーラーにとってもまず自分を癒す、自分を解放する、自分を調整することが第一になってくる時です
それを退けて、人の上に立ち、曖昧なままスピリチュアル談義などを続けている人には、
凄まじいほどの変化変容の段階が訪れるかもしれません
もう魂に目隠しして生きられる時代ではないからです
みんなが基本的には自分のことで、変化変容を受けとめることで精いっぱい。
ですから、スピリチュアル実践者によっては途中で閉業したり、ブログ閉鎖したり、
周りにとっては挙動不審な行為に陥ったり、
見なくてはならないものをたたきつけられるはめにあったりと
そういう時期になる可能性もあります

 

何が言いたいかというと、今の時代はヒーラーであろうとなかろうと、同じ土俵にいるということです
皆が自分をしっかりと持ち、癒すべきことは癒し、果敢に進んでいかなければならない時代ということです

今、教えるべきことなど本当は誰も持っていない
私たちは共有し、ともに学びあうしかない。優位に立てる人はいない。シェアリングの時代です

いままでは確かにスピリチュアルサイドの人は威張る傾向があった
けれど、世界的に見ても最近の注目ヒーラーは皆謙虚になりつつあります
分からない時代に生きているからこそ、「共有」を選ぶ人、自分の困難を赤裸々に語れる人が人気になってきています

ヒーラーも自分の困難を明らかにして行かなければならない時代ということは、
ますます誰も結局頼れるものではなく、

幸せになるために優れた(ように見える)人・スピリチュアルに依存出来る時ではなく、
本当に自分で立ち上がってこの時代をすり抜けていかなければならないということです

スピりリチュアルハラスメントやスピリチュアルトラブルに遭遇してしまった方々は、
どうぞ「ヒーラーにとっても、あるいはスピリチュアル探究者にとっても」生きるのが大変な時代なのだ。
ということをちょっと頭に入れておいてください

カオスの時だからこそ、ヒーラーにおいてもカオスが起きているのです
だから、ヒーラーやチャネラーの内に混乱を見て、それによって自分が傷ついても、

誰にとっても身ぐるみはがされるような余裕のない時代なんだなと最初から分かっていることで
少しは救われるかもしれません

 スピリチュアルに、安易な道はなし

変化変容のエネルギーにさらされた、新しい地球の上では、
魂からの呼びかけをもう無視できないバイブレーションに満ちています

しかしその中で、安易にスピリチュアルに手を伸ばしてしまうという場合もありえます
本来スピリチュアルというのは「自分の魂によって生きる」というシンプルなものですが、
スピリチュアル情報や入れ知恵で一杯になってしまう人も少なくありません

この時代は、自分自身が今の新しいエネルギーに
順応できるほどクリアになるまではまず生きるのに難しい時代だと私は思います

それを、”アセンションの時代だからすぐにハッピーになれるはず(なりたい)/新生地球だから私も霊的能力が高まるはず/
とにかくつらいしんどいから楽になるためにスピリチュアルに頼ろう/ライトワーカーって良さそうだから私もヒーラーに・・・・”
と考え、安易に観えない領域に踏み込んでしまう人が多いことに懸念を覚えています

霊的領域というのは、まず慎重に扱っていかなければなりません
いくら時代「アセンション」だからと言っても、それに変わりはありません
霊的な領域というのは人々が考えるほど甘くも易しくもなく、とてつもない力と広大さを持っています

自分の内に踏み込むにせよ、ヒーラーになるにせよ、霊的なものを習得するためには
それなりの努力根気、強靭な精神力と修錬が必要です

確かにスピリチュアルなパワーに満ちたエキサイティングな時代ですが、
そして魂の促しによって多くの人がスピリチュアリティーに関心をもつことがナチュラルな時代でもあるのですが、
だからといって、「安易になってしまう」のはまた違う話です

霊的な探究は一つ一つ、ゆっくりと進めていくべきだと思います

そこで、とにかく早く「しあわせ~になりたい」、ハッピーになりたい、霊的に進化したい、と思いすぎると、
スピリチュアルハラスメント、トラブルに遭いやすくなります

また、簡単に「スピリチュアルヒーラー/チャネラー/カウンセラーになろう、なれる、俺はなったぞ」
という人が増えれば増えるほど、トラブルはあっちでもこっちでも起きやすくなります

霊的領域は扱うのがそんなに簡単ではないのに、未熟なまま簡単にやろうとする人が増えるほど、
問題は生じやすくなるのは普通です

 

スピリチュアル依存を越えた、スピリチュアルな戦士

スピハラですでに傷ついている人にとっては、厳しい意見かもしれませんが、
スピハラやスピリチュアル関連のトラブルというのは、やはり何らかの安易さがどこかにあったことを伝えていると思います

それはクライアント側生徒側が、安易にスピリチュアルな癒し・答え・解放を求めての結果かもしれないし、
ヒーラー、ティーチャーサイドが、安易な気持ちでヒーラー業に就き、安易なセッションをしているからかもしれません

また、そもそもスピリチュアル・アセンション・変容の時代だからと言って、
今すぐハッピーになれる、波動が上がる、霊的なものにつながれる、すぐさま幸せ浄化楽しさ引き寄せが起こる
という考えそのものが安易なのかもしれません

すでに書いてきたように、人がスピリチュアルレベルでしあわせになるためには、いろいろなものをクリアにしていかなければならず
また、今の高いエネルギーに調整が取れていなければなりません

いつも言うんですが、「すべてのことには順序がある」のです
それは新生地球でもなんでも変わりません
今の地球の波動だとそこに行きつくまでの時間は、多少短くなるかもしれませんが、それもどう選択していくかによります

今の時代は、誰もが答えを持っていない。誰もが、戦士として勇気を持って歩んでいかなければならない時代です

変容期に生きるという、大きなチャレンジを私たちはしてここに転生してきています
大きなチャレンジは、短絡的なスピリチュアルでどうにかなるものではありません

ロナ・ハーマンは「スピリチュアルな道は、心弱きものには向かない」と書いていますが、
スピリチュアルというのは本来は心弱き時に依存できるものではありません

その道を進めば進むほど、「自分を信じられるかどうか」を魂はいくどとなく試験してくるでしょう
スピリチュアルというのは心が弱っているから救ってもらうためにあるのではなく、
かなり厳しい、強さを要求される道のりだと思います
その自覚がないと、途中ですっころび、弾き飛ばされ、「スピリチュアルなんてもうさんざん、もう信じられない!!」になってしまいます

信じるべきものはたった一つ、スピリチュアルではなくて自分自身です

スピリチュアルな道のりを選ぶ人はハートの戦士です
自分を信じる、最大限真の自分になることを自分の力で探究する、こんな大変なことは勇敢な戦士でなければ達成できません
(もちろん、しなやかでおっとりとした戦士でいいんですが)

スピハラに遭った方々は、そのことを学ばされたんだなと思って自分を癒し、果敢に歩んでください
スピハラに遭っても、魂のレベルが下がるわけでもなければ、霊的な進化が遅れるわけでもありません
むしろそれは、成長の大きな糧になるはずのこと・・・
自分の中の”勇敢な戦士”を自らの魂によって突き動かされているんだ、鍛えられているんだと思ってください
その勇敢な戦士がハートで育ってこそ、激動のスピリチュアル時代を渡っていけます

傷ついたことがあったとしても、自らのスピリチュアルへの強い内なる欲求を閉じてしまわないでください
魂は「信じるべき探究するべきものはあなたの中に在る」という教訓を伝えているだけです

それを越えた時に、真の強さが生まれ、真の自分自身による自分への探究が始まります
魂は輝く、力強い一歩を踏み出す時を待っています

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加