自然と人間とのスピリチュアルな関係~阿蘇、そして私たち①

EC135_L

★熊本大分で避難所避難されている方、被災された方に
被災地支援として無償でエネルギーヒーリングを提供いたします。
20分セッション/内容はこちらhttp://angeliclovelight.info/angel-of-peace/
お気軽にお問い合わせください。★

------------------------------

今回の熊本の地震は、地球と人間の関係性は、
もう待ったなしの状況だという、自然界からの警告だと思っていいと思う

日本では震災のことは驚くべき早さで忘れられていったと思うけど、
(その象徴といえるのがオリンピックの招致だった)
今また改めて311のことを考え、その時に何を学んだのか・学び切れなかったのか
再考・再燃している人はかなりの数になるのではないでしょうか

被災地では、復興がまず第一の課題になり
これはしばらく続く
例えば宮城のエネルギーが「普通」になってきたなと実感したのは、
2016年の正月のことでした
しかも、それは内陸部でのことだから、沿岸ではもっとかかるでしょう

一度災害が起きれば、グリッドは歪み、
エネルギー的にはひどい状況になり
それはなかなかもとには戻らない
故郷が被災しているので誰よりもそれが分かっている

ただ2016年の正月を迎え、やっとそこで、
ひとまず宮城が”普通な感じ”に戻った
つまり、平和なやわらかいエネルギーになって来たと思ったのは
つい最近。
だから、復興というのは、表面上世の中が通常通りになっても、実際は
かなりの時間がかかることは
覚悟しなければならない。

被災地ではとにかく、生活を取り戻すことが第一になるから、
被害にあわず生きている人は、復興支援について出来ることがあればすることは大事だけれど、
一方で気持ち的に余裕がある分だけでも、
本気になって取り組まなくちゃならないのが
自然との関係をどうするのか、と言うことだと思う

311震災の後、日本は何を学んだのか。

結局、経済優先。
経済のためなら、なんだってやってしまおうという、そういう停滞した流れ。
いらないっていっているのに、巨大防潮堤を作ると言いだし、
近所の道路はさんざん建設反対運動があったのに
これまたいらない大道路を作るために、今もバカバカと樹木を切って工事に邁進。

経済がちょっと上向きになるかも!?と思って
「プチ贅沢」などという言葉が流行ったりしたのもつかのま、
最近では「バカノミクス」と言われるようになり
ますます停滞していくばかりの日本・・・
のようにも見えた

これじゃ、いつ何時日本に何か起きてもおかしくはない、ぎりぎりラインだな・・・
と震災以降、思っていた

今、地球は新しく生まれ変わり、新しい自分にそぐわないものは、
地球はとにかく振りほどきたい。そういうわけで、地球がブンブンうなっている。
それが人間にとっては、災害として受け取られるわけです

地球は、ただ新しく生まれ変わりたいし
人間という生物がそこに住みたいなら、それに合わせていかなくちゃならない。
いつもそう思っていたけど、いつの間にかそういう話に
興味を持ってくれる人も減った
311直後は、これからの自分たちはどうするべきかについて、よく熱論したものでした
また、自然と人間のスピリチュアルな関係性についても、
興味を持って聞いてくれることも多かった

ヒーラーとして、言えることは
まず自然にはすべて、スピリチュアルな要素があるということです
どんな天災も、偶然ではなく、科学的にその力学を説明できるとともに
霊的にもその意味を知る必要があるのです
自然は私たちの魂に深く関わり
私たちのエネルギーフィールドとも深く関わっています

ただ単に物質的レベルの地球の「環境」を「保全」することが
「生物」として必要だと言うことだけでなく、

霊的なエネルギーの充満する2000年代からの地球において、
新しく生まれ出「ガイア」の上で、「魂」として、地球に調和するにはどうしたらいいのか
ということも、心にとめていただきたいのです

 

自然と人間とのスピリチュアルな関係性のために、
まずやることは2つ。

地球環境との調和そして自分をクリアにすること。

まず、すべてを何でも自然にやさしく、エコにしようとは言わないから
少なくとも、バカげた、要らない開発や生産や消費は止めようと言うこと
自然に調和しない在り方を続けると
それだけ人間と自然との間に、
エネルギー的なブレが生じ、地球にとって人間の出す
オーラやエネルギー、諸活動がストレスになり、
何らかのエネルギー的ストレスを外に放出したくて、
自然はひたすらエネルギー変動を起こします
その代表が地震や山火事、火山です

特に最低のものは原発です
これはもう宇宙的にみても相当に波動が重いので
今の地球に全く合いません(もともと合いませんが、今は日々地球の
波動が上がってクリアになってきているため、ますます合わず、
地球はもう嫌で嫌で仕方ないのです。)

一方、水に関連する変動は人間の出すネガティブなエネルギーの
浄化を行います
雨の後は、浄化がすすむため、とてもクリアになります
台風もそうです、台風の後は、ものすごいクリアリングが起きます

風はどうかというと、風のエネルギーも浄化と清算のために起こります
また、風は素晴らしいメッセーンジャーです
いろいろなスピリチュアルな美しい音や波動をもたらしてくれるんですね
わたしは、自然の5大の中では一番風が好きです

熊本地震の後、全国的に雨・風が強まったのは
人々や地球のストレス放出の際のアストラルストームの大規模な浄化のため、
そして地球自体のバランスをとるためでした

だから、風がやんだ後の関東は、素晴らしく美しいエネルギーが降り注いでおり
地球がどれほど、新しく生まれ変わりたいと、うごめいてまたうごめいているのが、
私にはよく分かりました

出来ることもう一つ。
自分のエネルギー体をクリアにしてください
「また浄化の話か、あんたはいっつもそれだな!」と言われるでしょう

でも、多くの人は重~いエネルギーを沢山抱え、
ちっとも清算しようとしないのでそれ自体が地球にとっては負荷です
環境保護をいくらやっても、自分自身のエネルギーフィールドのクリアリングをしていないのでは
それが周囲に与えているネガティブな影響を考えてみてください

例えば環境活動をしながら、
一方で自分の中にすごくティブなものを背負ってしまっていて
活動している周りの大地や気などを汚している人もいる
そういう人のためにせっせ、せっせと自然がたえまなくクリアリングしてくれて、
頑張ってくれているのを
見るたびに、ああ~大変だろうなと思う

まず自分のフィールドからなんですよ、環境保護っていうのは。
地球とか、自然という対象物だけ見ていてもだめなんです、
自分と自然とのかかわりをつくっていくためには。

また、自分をクリアにしないと、自然のスピリチュアルな側面とは繋がれません
なんにせよ、スピリチュアルな領域というのは
自分自身が純粋でピュアになっていかないと、
分からない・感じとれない・観えないものなのです

もう一言わせてください

新しく生まれ変わる地球、そういうものにも目を向けてくださいと。

科学的に説明できないからといって、無視しないでください
自然からの、精霊からの声を。
そして、自然と地球と人間の魂の、つながりというものを。

今度こそ、無視しないでください。
そうしなければ、今後日本は、どうなるか分からないですよ・・・
としか今は私には言えないです

けれども、一度魂レベルで地球と関われるようになると
その地球の声を聴けるようになると
自分に見えてくる地球は
今までとは全く違っていくでしょう
まるで地球が、自分を愛し包み込む聖なる音楽になっていくでしょう

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加