アセンション~地球と個人が新しくなる時,  アースエンジェルとして活躍するみんなへ,  新しい友へライトワーカー達へ,  魂の目的・魂レベルの生き方

スピリチュアルレジリエンス②オーラソーマ

※こちらの画像はoauに許可をいただいて載せております。

Hi みなさん

今回はスピリチュアルレジリエンス第2弾でテーマは「オーラソーマ」です

このスピリチュアルレジリエンスシリーズ記事は本来angeliclovelightの方に投稿します
でも今回は、内容的にスピリチュアルレジリエンス以外のことも書いているので記事が微妙だなと思い
幅広いスピリチュアリティーをテーマに記事を書いている,当ブログに書いています

スピリチュアルレジリエンスって?
アセンション症状って?
〜アセンション症状・浄化のプロセス・変容のプロセスに立ち向かうアースエンジェルへ〜

※アセンション症状やアセンション兆候についての記事はangeliclovelightで連続で書いてきましたので、
興味共感される方は一読してみてください。

多くの人が今、地球の激変・地球に入ってくるエネルギーの凄まじさにより、大きな変化の時を迎えています
そうした時期は、特に変化が激しい時や生まれ変わるほどの脱皮の時期は、
とてもつらい時をすごさなければならないこともあります。

○スピリチュアルなボディ・マインド・エモーショナルの変化
○スピリチュアルボディ・オーラ層・電磁気的エネルギーフィールド・エネルギーボディの変容
○浄化のプロセス・変化のプロセス・拡大のプロセス
○非常に広範囲に渡るアセンション症状やアセンション兆候
○スピリチュアルなエネルギー流入や地球の変化に伴う自分の変化や不調
○新生地球になっていくプロセスでの自分や周りや世界の変化
●あらゆることに敏感になっていく、なってしまう。感情がもろくなる
●自分の好きなもの・人生観・人間関係・仕事が変わるか、変えたくて仕方なくなる。
結果として人生が変わる

言葉で言い尽くせないほど、多くのことが起き、それらを総称してアセンション症状と呼びます

地球に流入するエネルギーは年ごとに激化しています。そのたびに私達は影響を受けています。
これらを消し去ることはできません。

ただいかに対処していくか、自分もその変化に対処すべく探し続けたものの中で
自分なりにおすすめしたいと思うものを書いていきます。

私はそれらをスピリチュアルレジリエンスとよんでいて、つまりスピリチュアル的な方向から「元気になっていく」ための在り方・ツールです。すべて紹介するのはスピリチュアルベースのツールです。

 

オーラソーマのボトルやプロダクトはアセンション症状に役立つのか?

スピリチュアルレジリエンスという観点で見た時、
オーラソーマのイクイリブリアムボトルはとても役に立つと思います
ただ見ているだけでも美しい、手に取るだけでも美しい、
見ているだけでも充分癒しになりますよね

あのボトルたちに囲まれているだけで、エネルギーは入ってきますし
美しい気持ち幸せな気持ちになり、

まさにスピリチュアルレジリエンス、ですね

多くの色を人生に取り入れることは、それだけで豊かさや癒し、楽しみ、喜び、創造力の底上げをしてくれるものでそれぞれの色それぞれの光線にも違った意味があります。

まさにジューシーでカラフルでいい香りのする様々なフルーツを食べているのと同じように、フルーツのように「色」を取り入れていくことには、思った以上に意味がありますし、活性化や感情浄化やヒーリングや意欲アップなど、多くの恩恵もあります。

天使が非常にたびたび「色」を取り入れた人生を送りなさい、とアドバイスするのは、天使の世界がまずとてつもないほど多くの色で満ちているからです。本当に真実スピリチュアルな次元というのは、色が美しい次元です

そういう意味で、色を扱ったオーラソーマのボトルたちは、自分の成長や癒しだけでなく、
アセンション症状があるときや、変容のプロセスがきついときに、
いずれも大きなサポートになると思います

その恩恵は、これまた個人によっても違い、
オーラソーマのボトルを塗る人によって多種多様な反応や状況変化があると思うので、
なんともこれこれの効き目があるとじゃ定義づけはできません
また私がスクールで習った限りでは「効き目」とかは言ってはいけないということでした

私は自分のエネルギー体が落ち着くので、オーラソーマボトルは今でも愛用していますね

なんといいますか、オーラソーマのイクイリブリアムボトルを使おうと思う時っていうのは
体がまず必要だと言ってきます

ある種の栄養素が必要な時みたいに。
ビタミンCが無性にとりたくなる時があるじゃないですか

そんな感じです、オーラソーマはエネルギー体にとってのビタミンのようなものですね

すべての場合にイクイリブリアムボトルが有効というわけではない

私の実証から言えば、アセンション症状の各段階のすべてのプロセスにおいてオーラソーマボトルが有効かとは
言い切れないです。なぜなら、体験したことがある人もいるかと思いますが、オーラソーマボトルは塗ると非常に強いエネルギーとなり、揺さぶりをかけてきます。今までにため込んでいた多くの感情や嫌だったこと、嫌なこと、嫌な状況、過去や過去世の痛みなどを浮上させて浄化させようとします

なので人によっては、ただでさえ浄化のプロセスがきついのに、オーラソーマボトルを塗ったらもっとひどい浄化のプロセスが始まってしまい、スイッチが入ってしまい、とんでもない辛いことになることもあります

自分をはじめ自分の周りでオーラソーマボトルを使っている人も例外なくそういう体験をしていました

オーラソーマボトルは特に、浄化のプロセスを促進させるところがあります
だからオーラソーマボトルを使い始めたころは特に、浄化がすごくて非常に感情的になりやすいです

 

スピリチュアルレジリエンスとしては、
アセンション症状の後半から使う方がおすすめ

以下はすべて私見です。

いわゆる浄化のプロセスや、変容のプロセスの最初の頃には、それを促進させてしまうかもしれないので
イクイリブリアムボトルを多様することは、おすすめできません

むしろ、ポマンダーなどほかのもうちょっと効果のゆるいものにとどめておいた方が良いと思います

あるいは、塗らずに、惹かれるボトルを眺めているだけにするとか。

また、信頼できるプラクティショナーさんからボトルのコンサルテーションを受けて
いわゆる「4つのボトル」を使う

その時は、ボトルを開けてから浄化のプロセスを相談できたり、ボトルを使ってからのフォローアップもしてもらえるようなプラクティショナーさんを選んだ方が良いと思います。

オーラソーマボトルは塗り始めてからが本番かなと思うので…
ボトル選びだけではイクイリブリアムボトル1つ1つの本当の真意には踏み込めないかなと思います。
その恩恵を得るためにも使うのが大事なのですが、初心者であるならば、
またプロセスがきついならば、プラクティショナーさんとともに使用状況を歩んでいける方がいいですね

オーラソーマボトルが本当にアセンション症状に対して効果を出すのは、
アセンション症状の後半じゃないかと思っています

浄化のプロセスがある程度まで完了し、初期のライトボディプロセスや変容のプロセスを越え、
もうあの大変さを通過しきってしまったら。
もう感情的にももろくないし、過敏にもなりません
エネルギー体は頑丈になっていて、そんじょそこらの低い波動くらいはぶっ飛ばせるほど、
自分自身のエネルギーが強くなっています

そこまでいくと、アセンション症状も変わってきます
エネルギー体のケア、エネルギー体の操作、エネルギー体のメンテナンスがポイントになってくるのです
アセンション症状の後半に入ると、ひたすら激しいのはエネルギー体への
エネルギーサージの激震です

その頃になると人生自体は、目的もはっきりしてきて、感情もクリアで、思考もクリア。
すっきりしていて、ライトボディもキレイで、オーラもクリアです

しかしその代わり、体がすっかりライトボディ化しているので、
エネルギーを常に受け止め続けなければならない困難があります

それを、集約してくれる、収めてくれる力が、オーラソーマボトルにはあると感じています

拡散しすぎるエネルギーや広がりすぎるオーラ、オーラ体の持つ強さを一段落させてくれる

ただ、それはまた人やエネルギー体の状況やケースにもよります
場合によっては、イクイリブリアムボトル自体の力が強すぎて、ただでさえサージで参っていたのに
ボトルからもエネルギーをもらって、
ますますエネルギーサージしてしまう、ということもあります
いわゆるエネルギーの受け取りすぎによるエネルギー負けの状態になることもあります

 

どうやってオーラソーマのイクイリブリアムボトルを使い慣れていくか?

だから、オーラソーマのボトルをある程度使い慣れている人の方が、
うまく扱えるのではないかなと思います

私は、以前オーラソーマのプラクティショナーになりたくてスクールに行ってました
その頃は本気の本気でしたので本気で勉強し、色についても一通り学びました
元々の仕事でも色についてかなり勉強していたので、色の勉強はかなりしてきたと思います

それで、ボトルもそれなりに使ってきたし、4本のコンサルテーションも、
いい先生についていたので良いコンサルテーションを
それなりに受けてきたのです

そのうち、私は自分で、なんとなくその時その時で
「あの色のボトルが必要」、とビジョンで浮かんでくるようになりました
今はそれを使うようにしています。

これもアセンション症状の後半になってからですね

4本ボトルのコンサルテーションとはまったく関係ない使い方です
これはアセンション症状のためにボトルを使用するのであって、
何というか、コンサルテーションでの使い方とはまったく別のものだと考えてください
何というか…ある意味、自分に合う化粧品を選ぶのと似ています
自分の魂を探るとか答えを見出すとかが目的ではないので、
イクイリブリアムボトルを化粧品の一つとみなしてみてください
化粧品って、自分の肌に一番フィットして、一番自分が使っていて心地よい色のもので、
かつ肌が必要としている成分のものを
その都度選びますよね
それで自分の滋養にしていく(コスメにしてもスキンケアにしても)
イクイリブリアムボトルのアセンション症状への使い方はそんな使い方に似ています

ボトルとの深い関係性をまず持つ

 

ただ、そこまで行くには、オーラソーマの従来の基礎的な知識と基礎的な体験が必要だったかなと思います
誰にでもそうとは言い切れませんが、ボトルとの深い関係性があってこそ、アセンション症状に
どれを使うのかも自分でその都度選択して利用できるようになったのではないかと思っています

だから、使ったことがない人は、まずは基礎的な使い方から入った方が無難かもしれません

アセンション症状はその人その人で特異なものなので
その人のオーラ体を観ることによくよく慣れているヒーラーさんか、
自分自身にしか分からないと思います
一番はやはり、自分自身の直感、自分が一番わかっています
体がどのボトルを必要としているか、塗りたい、見ていたいと感じるかを感じて知ることです

直感でこの症状きついからこれ、と選べるようになると、
オーラソーマのボトルをアセンション症状に有効に活用できます

 

なぜオーラソーマを止めてしまったか

 

今でも好きなオーラソーマのボトル。
そして、一生懸命に学んでいたスクール。

それでも、オーラソーマを途中でやめてしまったのはいくつか理由があります
一つには、色の勉強をしていくうちに、色の知識は自分で高次から受け取ろうと思ったこと。
色の解釈をオーラソーマ基準ではなく自分、というか天使ベースにしたかったんです

それほど、天使と私との絆は深くなっていました
私は天使に聴けばいいのだと分かっていました

それから、私は個人的にオーラソーマのイクイリブリアムボトルは肌に合うんですけど
その他の製品は合わないみたいなんです。よって他のものは使っていません

オーラソーマは進めば進むほどイクイリブリアムボトルだけを扱うのではなくなり
より広い領域まで踏み込んでいきますし、製品の数もどんどん増えていき、自分では
ありあまるほどになりました

今は原点に返り、イクイリブリアムボトルだけを使っています

これは自分のやりかたでして、他の人にはオーラソーマプロダクツの
他のものが合っているかもしれませんので
それは見つけ出していくしかないですよね

オーラソーマはあまりにも製品が多くなり、儲け主義と批判もされています
批判どころか批判されまくっています
そして、儲け主義という噂から、やがて中身も怪しいに違いないと疑われるようにもなりました

確かに、儲け主義的なほどあまりにも製品が多いとは思うので
私も一時、疑問視をもって、ボトルはすでに波動落ちているのでは?
と実験的に確かめたこともありました

その結果、
私には否定できないことがあります

それは、いつになってもオーラソーマのイクイリブリアムボトルは美しいし
エネルギーもクリアだということ…
充分クリアです

私はあの宝石のようなボトルが今でも大好きです

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加