ART,DANCE,MUSIC&DESIGN,  EARTHANGELプラクティスグランドワークショップ,  MY LOVE私の宝石たち,  お茶会・クラブ活動お知らせ,  アセンション~地球と個人が新しくなる時,  アースエンジェルとして活躍するみんなへ,  エンジェルクリスタルGALLERY,  エンジェルメッセージ,  カンフーで強くなろうぜ!,  ガーデニングCLUBお知らせ,  スピリチュアリティーつれづれ日記,  ハーブセラピーワークショップ,  ヒーラーになるにはQ&A,  今日も天使が私の隣で~天使と生きる,  各種ヒーリングセッションおしらせ,  各種ワークショップお知らせ,  国際交流で世界を繋ぐ,  地球とガイア~スピリチュアルな視点から,  地球の変動に伴う心や体の変化について,  新しいスピリチュアルな生き方,  新しい友へライトワーカー達へ,  海外サイトからのメッセージ,  無料トライアルセッション開催,  精霊と共に歌い踊る~ネイチャースピリットとの交歓,  魂の目的・魂レベルの生き方

Sweetdaisyのシフトチェンジ!vol1

Sweetdaisyにシフトチェンジがやってきた!

 

みなさんこんにちは

令和になって、エネルギーが変わってきたとお伝えしてきましたが
誕生日を迎えますます、エネルギーが変わり、自分の仕事やブログに対する意識も
ますます丸ごと、変化していっています

去年くらいから、ブログについてもサロンについても、
変化と見直しが必要なことは心のどこかで感じていましたが

それが強くなり、表にあらわになった感じです

 

なぜ今、シフトチェンジなのか?
~天使からのメッセージを受けて
書き続けてきたスピリチュアルな記事

私は震災の前から、前ブログ・フェイスブック・ツイッター・インスタ・ラインなどで
スビリチュアルに生きるとはどういうことなのかを、アセンションがやってきていて
地球も国も社会も個々人も変化していくであろうことを、繰り返し伝えてきました

自分の体験と、自分の高次へのチャネリングによって、
書く記事は自然と生まれ

テーマが選ばれてきました。
人によっては単なる私が書いた記事でも、
その中に天使やそのほかの高次の

メッセージがチャネリングによってまじりあっているのを、
感じることができるかと思います

そう、まさに私は書きたいから書くというよりは、高次の手となり、
高次が伝えたいことを思いっきり情熱的に書かせられていた時期があったと思います

そういう時は、テーマが次々と与えられ、文章もどっしりとしたものになりました
そしてたびたび、実際に天使からのメッセージが文章に混じりあっていきました

その一方で、高次とは関係なく、私自身のアイディアにより、
「スピリチュアルなことに興味がない人でも、地球と個人の変化が起きていること」
を伝えやすい切り口で伝えていくために、サッカー、芸能人、コスメのことなど
一見「スピリチュアルではない」ように見えることからも伝え、書いてきました

今まで書いてきたブログの記事は、angeliclovelightも含め、スピリチュアルエネルギーがまじりあった
自分にとってはとても大切な情熱の成果であり、これからも、新たに変容・変異・変化を
スタートさせる人にとって、わずかながらでも、何かのお役に立てるかもしれないと思っています

それらは決して古くなることはないメッセージであり、
アセンションのこの時代を生きる社会と人にとって
それぞれのタイミングにおいて、何らかのインスピレーションや共感になればと祈っています

 

気づいたら、スピリチュアル情報飽和時代に…
それらは本当に「スピリチュアル」なのか
という疑問とスピリチュアル離れ

しかし去年くらいから、私の中に、「これを書きたい」「これを書かなければと促されている」
と思うことが少なくなりました。特にこのsweets for the new earthに関しては
記事の内容が浮かんでこなくなりました

一時期自分でも夢中になって読んでいた外国のヒーラーの
アセンション情報や地球変容情報なども、翻訳して紹介する意欲もなくなっていきました

その代わりに、私には新たな関心が生まれていました
おおよそ3年前に始めた国際交流平和活動です
私はいわゆる一部の人達の自己陶酔的な「スピリチュアルどっぷり」なことよりも、

現実に起きている世界の悲惨な状況や分断に関心を持ち、
それらに対する別の生き方~平和・協調・友情・愛・創造などを
現実化し、創造するという行動と思いを、共感するみんなとともに
伝えていくことに興味と情熱を感じ、心はそれでいっぱいでした
そしてとうとう、国際交流平和活動に関わる仕事を目指すようにすらなったのです

私はいわゆる「スピリチュアルどっぷり」から自然とはなれていったのです
そして天使もまた、それらからわざと私を引き離しているように感じました

 

なぜそのようなことになったのでしょうか?
なぜシフトチェンジが起きたのか、自分なりの思い

 

1.自分が国際交流平和活動に夢中になっているわずか数年間の間に、
いつの間にか世の中にはスピリチュアル情報があふれ出すようになっていました
私がこのようなアセンション情報などを書き始めたころは、こうした記事を見かけることはほとんどなく
書いている方々は、たいてい本当にそれらを体験している先進的なライトワーカーでした

震災前のその当時、そうしたディープスピリチュアル情報なことを書くと
カリスマ的な存在と必要以上にあがめられるようなことがあるかと思えば
トンデモない野郎だと、大人のいじめにあることもあり
人々の反応は両極端でした

しかし、前にも書きましたが、その状況は今は一変しています

今は格段にスピリチュアル情報サイトが多くなり
アセンションに関することも話しやすくなりました

スピリチュアル全般が受け入れられやすくなってきています
それ自体は歓迎すべきことです

しかしそれらスピリチュアル情報は、アセンションに関わるものであったり
本来は慎重にかつ神聖なものとして取り上げなければならないものさえ
軽々しく紹介され、いくつもの情報ポータルサイトができ
どれも同じような使いまわしの情報が氾濫しています

ライオンズゲートでさえ、数年前まではわずかな人しか知らないことで、
非常に神聖なことであるとともに、エネルギーを受け取る準備ができている人にしか
分からないこと、経験できないことであるにもかかわらず
女子系サイトで「ライオンズゲートでキレイになろう」みたいな記事を見つけた時には
呆れてモノが言えなかった…

そして、何かと日本のスピリチュアルは
「○○すればしあわせになれる」という一つのオチがあって
そのオチがなければスピリチュアルとしてブログも本も売れないという状況です

皆が、非常に不幸な時代だと思います
幸せな顔をしている人が、子供も含め、世界にわたり全然いません

こうした中で、最後にしがみつく手段として何とかスピリチュアルを使えないか、
と人々も出版社もアフィリエイターも考えていると感じます

そして、

「地球が変わっていく、個人も変わっていく」ということ、
それを迎え入れることは全く持って楽でも簡単でもないことを、
きちんと細かく伝えている情報元はほとんど見当たりません

その一方で、海外の有名実力派ヒーラーは
相変わらず毎月のように
「今月こそあなたが変わり幸せになるときが来た」
「この春分こそすべてが変わり地球が黄金期を迎える」
みたいな記事に終始しています

地球の今の状況を全く見て見ぬふりをするかのように・・・
本当に今の地球のあり様を見て見ぬふりをし、
「自分の中の理想の高次の5次元の天国地球」に生きればいいのでしょうか?
よく、スピリチュアルヒーラーの中にはニュースなど見ない方がいいと、
それらは「本当の地球」を表現していないし私たちには関係ないといいますが

私はそうは思いません

この件については、スピリチュアルヒーラーの間で意見の分かれるところです

でも私は、ニュースをきちんと見ています
特に国際ニュース。地球のチェンジを生で感じ取れるからです

そして、スピリチュアルヒーラーが言ってきたこととはまるで
真逆のことが起きている現実を直視すべきだと思っているからです

そこからしか、本当の理想の新しい地球など、生まれてこないと思っているからです

確かにニュースや世界がいかに今悲惨な状態にあるかを
毎日いろいろチェックして情報を仕入れる必要はないですが
地球人として、それら現状を知ることはスピリチュアルに生きることの一部だと思っています

今度の南米の大規模森林火災。これも、私のマインドチェンジ、シフトに大きく影響しました

これはもういかんな、と。
これはただもう、今までのスピリチュアルなこと理想的に
言っていればいいんじゃない、
スーパーシャンバラ黄金惑星が30年代に誕生するだの
アセンテッドマスターが多数おりてきて地球を変えてくれるだのという、
よくわからないヒーラーの言うことを鵜呑みにしてはいけない、
という契機になりました
(もともと鵜呑みになどしてきませんでしたが。最初は確かにそういう記事好きでした)

 

私は今のスピリチュアルな風潮に迎合することができません
今のスピリチュアル情報飽和状態には、書いているヒーラーたちがつかれているか
少しでもその「競争を生き抜く」ために、「今月はツインソウルに会うだろう」とか
人目を引くような記事を書いたりしている風潮についていけず、

正直、私自身がスピリチュアルにしらけています
だからスピリチュアルに愛想が尽きる人がいる、
スピリチュアル嫌いになる人がいる、
そう言う人達の気持ちもわかります

スピリチュアルは、結局何にも答えを提示していないのです
救いも提示していない
燃えているアマゾンを見れば、分かります

もしスピリチュアルが何らかの幸せ・豊かさ・愛・平和・喜び・才能開花・健康・安全・夢実現に
貢献してくれる、そして地球を幸せにできるとするならば
それはスピリチュアルを本気で実践する人だけにそうした恩恵はくるのだし
スピリチュアルを本気で実践すれば、地球も幸せになっていくでしょう

でも、今スピリチュアルは情報合戦とサロンのお客獲得合戦、
承認欲求と商売に走ってますから…

私には、少なくとも私自身には、もういわゆるスピリチュアルっていうものは、
不要ではないかと思っています

 

そして、自分が自分の思うスピリチュアル、というものについては
もう書ききったと思っています

もう大事なこと、伝えるべきことは書ききってきた

もう後は繰り返しになるだけ。

記事に日付がついていないのは
このブログに書いていることは
少なくとも今後100年以上は古くならないからです
ブログに書いてきたことは
私というより天使たちからのメッセージなのであり
変容の時代が来たよ、というお知らせです

だから、いつ、これらの記事を必要とする人が出てくるか分からない
今日生まれた人かもしれません

なので、最初からそれがわかっていたのでわざと記事に日付をつけてきませんでした
日付があると、「この記事は古い」「まあまあ新しい」とバイアスがかかってしまうからです

でも、それらは直線的な時系列的な記事ではなく
常に各々の「今」にあるものです

 

 

2.スピリチュアルは実践してこそ意味がある、
と感じるようになった

私は一貫して、
スピリチュアルとは日常に活かされなければスピリチュアルではないし
日常のすべてのことにスピリチュアルが含まれているし、
日常の中にこそスピリチュアルがあり、日常の中で活かしていくことが
本当のスピリチュアリティーだといい続けてきました

スピリチュアルは決して、人様から遠く離れた一部の仙人や隠遁修行僧のものではありません
もっとカジュアルで、あらゆることに活かされるべきもので
あらゆることに浸透しているべきものだと考えてきました

だから、スピリチュアルはもっと実践的に日常つまり普段の生き方に浸透しているべきだし
いわゆる「スピリチュアル」なものではないものにも浸透され活かされているのが自然なありかただと思ってます

例えば、スピリチュアルというと皆すぐに「ヒーラー」になることが
スピリチュアルに生きる道だと考え、スピリチュアル実践とはそういうことだと考え
ヒーラーにあこがれる人は少なくありません

でも実際には、ヒーラーには相当以上の霊的能力が必要であり
物質世界を当たり前としているようでは、とてもできるものではありません

ヒーラーを目指すことよりも、ずっと大事なことは
今ある自分の仕事や使命や能力や才能ややっていて幸せなことに
スピリチュアルを大いに活かしていくことです

教育芸術政治経済文化ジャーナリズム福祉芸能学問科学などなど、

あらゆる分野にスピリチュアルが必要になっています

ヒーラーばかり増えて、他の分野にスピリチュアルが波及しないのであれば
それでは、スピリチュアルは無意味になってしまいます

でも私自身も、ブログを通して
「地球も個人も変容を迎えている」「物質と非物質な世界が融合し、愛と平和と調和の世界に
高いレベルの波動の中、変わっていく」といいながら、

そういうばかりで、実際には「実践的スピリチュアル」を皆さんに提供する機会や工夫をしてきませんでした

確かに私はスピリチュアルな時代が来ている、アセンションの時代が来ている
と伝え続けてきましたし、

それに沿って、変容の中にある人をサポートするための
数々のセッションをサロンにて行ってきました

それが今までの私の精一杯の実践でした

でも、去年くらいから、これだけでは足りないと感じ始めました

一つには、スピリチュアルな情報は書ききったし、
すでに多くの人がベーシックなスピリチュアル情報は書いているので
記事を書く必要があまりないと思うようになったこと。

 

もう一つは、今までは天使をテーマにひたすら天使のセッションをしてきましたが
天使に興味を持てない人もいるし、天使のエネルギーを感じることができないで悩んでしまう人、
途中で挫折する人々も多く見てきました。その中で、もっと「わかりやすく実践的なスピリチュアル」
を自ら実践し、皆と一緒に実践し、提供していく必要がある、と思うようになったことがあげられます。

スピリチュアルは言っているだけでは何にもなりません
また、スピリチュアルは知識ではなく体験であり、
頭で理解することではなく、肌で体で5感6感で感じることです

今のところ、現代のスピリチュアルは知識偏重になっています
沢山本を読み、本に書いてあることを「信じるかどうか」で
その人のスピリチュアルな傾向や価値観が決まってきます

本に書いていることをそのまま言っているだけの人は
体験が非常に足りないのでバランスがわるく、
体も固く、スピリチュアルで一番肝心な「エネルギーを感じとる」能力は
逆説的ですがスピリチュアル情報が頭の中に増えれば増えるほど退化します
それは自分を信じていないからです
人の言っていることを信じている
自分にもそれを感じ、受け取り、体験し、実践する力があることを
信じていないから知識ばかりに何とか頼ろうとするのです

それは、知恵ではなく、知識や情報です
知恵ならば、誰かのインスピレーションや救いになることも
知識では、他者にとっては、中身のない押し付けになってしまいます

結果として、「なぜこの人たちは分からないんだろう?」という
知識重視のスピリチュアルエゴが肥大化します

しかし、「スピリチュアルと言えば本やネットで検索するしかない”情報”なのだ、
実践するものではない」、という状況が今はつよいので、
自然とスピリチュアル知識偏重型の人が増えています

 

それをもっと頭から心へ、体へという風に
スピリチュアルの実践を開放していくことで、

積極的に、実践的に、物質レベルでも
受け取りやすい分かりやすい取り入れやすいスピリチュアルを

増やしていくべきだし、そういう機会・ワークを提供していくことが
「スピリチュアルは日常」「スピリチュアルは実践」ということを
伝えやすいのではないかと思うようになったのです

 

シフトチェンジしたSweetdaisyのありかた

まだ模索している段階ですが
次の記事に、自分がこれから進む「新しい実践的スピリチュアリティー」
について書きたいと思います

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加