中国武術ってどんなもの?,  地球と個人が新しくなる時代へ,  空と風と飛ぶ龍~翔宇の武術日記

空と風と翔ぶ龍~翔宇の中国武術日記について

世の中でもっとも柔らかいものが
世の中でもっとも堅いものを突き動かす

形なきものが
隙間のないところに入っていく

このことから
無益が有益であることを知った
不言の教えと
無益の益
世でそれに匹敵するものはない
―「老子」老子

 

今までずっと長い間
どうやって中国武術を伝えるか?
について悩んできました

参考になりそうな武術関係のブログやサイトも読んでみました

でも、もともと身体を使い身体によってしか体感・体得・体験しえない
中国武術は、どうやっても文章で説明したりその面白さ・ダイナミックさ・いかに心身
にいいかなどを伝えることは不可能だと痛感しました

つくづく、やはりそれを文章・小説によっていかんなく伝えきった金庸は天才だと思います

武術関係のサイトも、武術に限らずどんなパフォーミングアーツにも共通するのですが
やはり通り一遍の稽古日記みたいなものか、ものすごく専門的かつ本気で大会に勝つための
ガチのガチ道場紹介ブログみたいなものが多く、何か心に響く、心に打ち付けらるような
「武術のサイト」というのは現時点で見つけていません

私は
やさしく
分かりやすく
美しく
繊細な表現で
読みやすく

カンフーを伝えたいとずっと思ってきました
蓮の花が咲くように。

でもそれがいかに難しいかを今でも痛感しています

太極拳は何か?
八卦掌はどうやるか?
練習するときの注意点。
武術の紹介。
武の歴史。
演武で忘れちゃいけないこと。
などなどの情報はすでにあふれています

また一般に武術家の傾向として、
ツイッターなどのSNSでこういう
武道武術の道、をつぶやくのが好きな方は多いです

「武術の心得」「武術(あるいは武道)をするならこうあれ弟子よ」みたいな、 ほとんど半分説教のようで、 特に日本の武道をやってる人にそういう傾向が強いです

私はもっと楽しく美しい武術の姿をありありと伝えたいと思いました

そして中国美術が持つ 英智そのままを伝えたいと思いました。 中国武術はまさに 人間が健康に強くよりよく生きていくための知恵なのです、えい智なのです。

だけど・・・

この偉大なる技術は実際に実践し、 ひとつひとつ経験していくことによってしか、

本当には分かりません。 だから私がここでどんなに熱弁しても、ただのカンフーオタクとか中国武術に入れ込みすぎとか、どっかの学校のまわし者かとか 、 いきなりそればかりに傾倒した変人扱いされることも、悲しいですがあります

でも 大袈裟ではなく、中国武術は本当に

身体

の健康に いいものです

 

その素晴らしさを実感するためには、どうにかこうにかしてそれを体験してみなければわかりません

中国武術の叡智知恵スピリチュアリティ 哲学 そうしたものは、体験しないとわからないのです

しかし私の所属する武術学院 の情報や動画 写真などは 海外のものであると言う 検閲もあって 載せるに難しいですし、 では本に書いてある通りのことを 紹介するだけでは カンフーの 素晴らしさや 躍動感 ダイナミズム 多様性 神秘 を、感動を伝えるには程遠いわけです

私は このブログで必ずしも中国 武術 だけでなく武術からインスピレーションを得た新しい ムーブメント競技やダンスなどの世界を 紹介しかつ 正直にそれらの問題点課題なども、歯に衣きせず、正直に伝えていくつもりです
この世界は実践する人が少ない分、

自己統制と自己満足に陥りやすく 大会などはほとんど自己満足かいとしか思えない競技が多いです とても狭い世界で
ゆえに問題も多いのです

 

とにかく、武術学院のアンバサダーにまでなったはいいものの、 アンバサダーとしてどこまで伝えていいのかその境界線が正直まだ見えていません

だから中国武術を伝える,その楽しさ喜び多様性を伝える、その的確な方法はまだ見つかっていませんが、

悩んだ末、一つの試みとして
カナダ留学時代に出会った多くの武術仲間との
交流・友情・学び。そのほかいろいろな体験を日記形式で書くことで
武術に生きる若者の姿を浮き彫りにし、武術について伝えていければと
思いました

よって

今回このブログでは、
中国武術の様々な知識や技や動きを、
私の留学時代の友人でありかつ
武術仲間でもある、

ランドスケープデザイナー沖田勝美。
そしてその仲間たちのカナダ留学時代を題材に、その頃の彼ら目線から書いていきます

中国武術とは?
三代名門武当派とは?
三教とは?
道家とは?
道術とは?
仙術・仙師とは?
それらを形作る土台となる文化とは?
武術家の悲哀や喜びとは?
江湖・武林とは?
などなど。

私よりも彼らの方がずっと詳しくまたずっと躍動感に満ちた 方法で カンフーの素晴らしさを教えてくれるでしょう 。

もちろん 相変わらず 二次元の文章でしかそれはお伝えできませんが それでも 彼らの 武術に対する愛をもとに、 ここでは彼ら そのまた彼ら同士の国際交流を通して、 カンフー中国武術だけではなく 、

広く様々な世界の武術家 武術を取り巻く文化 、そこから見えてくる私たち日本人の文化についても書いてみたいと思います

彼らこそ、武術を伝えていくのにぴったりな仲間たち。
私はその中でも、天才武術家である翔宇と、 日本人留学生でデザイナー兼武術の 門下生である沖田勝美のカナダ奮闘記を軸に、

中国武術・ BODY MOVEMENT ・ 国際交流 ・ 外国や日本の文化 を少しでも書くことができれば、と思い彼の奮闘日記を 通じてカンフーを伝え るべく 彼らの日記を ここに書くことにしました

ここでは、翔宇 という天才 武術家が いわゆる主人公になりますが、彼だけでなく、
その頃共にいた様々な国の友人もいて、
もちろん日本人もいたわけで、彼らすべての目を通してみたものは、
必ずしも「中国武術」だけではありません

中国武術と出会うことによって、しばしば私たちは日本の文化にも出会うのです
それほど、特に古代の宋や唐において日本は中国文化に影響されてきました

この翔宇と勝美 そしてその仲間たち の日記では、日本の文化についての発見も同時に書くことになります
私たちは翔宇たちを通して、日本の文化を知ることになったからです

また翔宇の日記である以上、様々な人間関係や彼らの友情、大学生活もここには描かれています

それでは、中国武術日記の中心人物や登場人物について紹介します

 

「翔宇と仲間たちのカナダ中国武術奮闘日記」

主な登場人物

尚、本人たちのプライバシーもあり、名前は変えてあります

翔宇(シャ・シャンユ)―この日記の中での実質主人公というか中心人物。子供のころ少林寺学院におり、その後故郷に戻り人生の師匠八卦掌の王玉敬に出会う。その後、武当派道家武術の学院で修業し、意気投合した師兄とカンフー全般を海外に広めるべくカナダへ移住。そこから彼の、新しい中国武術普及奮闘記が始まる。

江羽(ジャン・ユ)-中華系カナダ人3世。トロント生まれ。少林寺の学院にて少林拳及び様々な中国武術を学ぶが、現在は建築&ランドスケープデザインの事務所で働く優秀なデザイナー。武芸・ダンス・詩作・書道・日本語・韓国語などマルチにできるデザイナー。またスタイル抜群で一時モデルもやっていた。もしこれがドラマならジャンユの役はワン・イーボーしかないというくらい、王一博に似ている。すらりとしたハンサム。若いのに経験豊かで物腰穏やか。心の中は激しさを持つが大抵物静か。

風灯鳳凰(フェンシンフェンデン)-翔宇、江羽、タイのバンク、星雲、光、エイベル・フィッシャー、ベンジャミン・ローソンで組んでいたブレイクダンス及びXMAのダンスクルー。多くの賞を獲得し、世界で無敵と言われた元武術家で構成されたダンスクルー。ダンスの新しい可能性に挑戦してきた。

 

周風音(ゾウ・フォンイン)―台湾出身の音楽家兼武当派武術の門弟。UBCのアジア研究センターで、アジア音楽の歴史文化を学ぶ。琴の名手。翔宇は武当派で音律術を学び、音楽を重んじていたので風音とはすぐに意気投合し?(無理やり引っ張ってきたともいえる)2人はチームを組んで武術に励む。

 

沖田勝美-環境重視型建築&ランドスケープデザイン事務所所長の日本人デザイナー。本来はこの人の留学生活日記を書くつもりで、彼が主人公のはずだったのだが…このブログではカンフーを紹介するため、日記の中心人物は翔宇である。勝美は翔宇の友人。子供のころから同じく中国武術を習ってきた勝美は、バンクーバーで翔宇に一目ぼれ、師匠と呼んでずっと追いかけている。

 

野川みちひろ―森林学部で森林保護政策について学ぶIQ高い流浪の民。自分で作った家に住んでパーマカルチャーをしている。自然とともに生き、自然サバイバー。

森春―植物学部の普通の学生。薬草について学び、ハーブガーデンを作るのが夢。

 

胡芸遥(フー・ヤウ)-台湾出身の舞踊家(女子)。武術舞踊を得意とする。UBCのアジア研究センターで太平洋アジア圏の文化を学ぶ、少々裕福な家柄の美人。武術振付家としても活躍中。

 

洪淑美(ホン・スーメイ)-阿遥の中学時代からの親友で、武術バリバリではないが太極拳を得意とし、阿遥と組んで太極拳の普及に努め、カナダでは太極拳を教えている。現役のUBC植物学部の大学院生。

 

古嶋蘭ー沖田勝美の幼なじみ。子供の頃から沖田が好きでずっと結婚したいと望んでいる。長くタイで日本語教師をしていたが、沖田がカナダへ留学すると自分も同じ大学の教育学部で言語教育を学んでいる。

尹星雲(ユン・ソンウン)―韓国人ダンサー。風灯鳳凰のメンバーで、ソロでもダンサーとして活動してきたが、どうしても森林について学びたくてUBCの森林学部へ入学。テコンドーも得意。

BBOY HATT.ー日本人ブレイクダンサー。正確に言うとマルチなダンサーで、好きなのはフレッド・アステア。謎の多い人物で決して素性を明らかにしない。ダンスの才能は天才級。仙台の某有名菓子メーカーの息子で、茶道裏千家の教授にまでなった。しかし高校時代から反抗的で単身アメリカへ。

 

夏雨情・夏雨晴(シャ・ユチン)(シャ・ユチン)-実質沖田たちのデザイン事務所のライバルとなるトロントのJAMの双子デザイナー。西安生まれの富裕層出身。武術はできないが、文芸や詩作、書道など芸術に秀でた双子。

陳龍風(チャン・ロンフォン)-JAMのツートップの一人。ペンシルバニア大学を卒業し、カナダで松沢優とともにデザイン事務所を立ち上げた若き勇猛なデザイナー。香港出身カナダ二世で日本文化好き。

松沢優―トロントのデザイン事務所の所長。頭はいいがひねくれもの。沖田が大嫌い。沖田のライバル。日系カナダ人。世界美術史に詳しい。

内ケ崎綾之助―ウィスラーのスノーボードショップで働く、挫折したライダー。繊細で俳句をたしなみ、文学と詩を愛する。

…と、ざっと主な登場人物を書いてみたけど、
もっとたくさんの登場人物がいるし、

舞台がカナダであるからには、
出てくるのは当然、アジア圏の人たちだけではないです。

ひとまず、上記が翔宇が特別仲良くしていた人たちです。

このブログでは 必ずしもすべてを 彼らの日記 で 書いていくつもりではありません 。

私自身の体験

特に金庸の作品

中国ドラマ

古典 :老子 荘子孟子孔子などの 重要な古典古文書、 李白白居易などの詩、または日本の俳句短歌 古典物語

を題材にして 中国武術を伝えるということは今後もやっていきたいと思っています

その記事の合間合間に勝美や翔宇たちの留学日記を掲載し、彼らを通して 武術に励む生き方を少しでも ご想像 いただければと思います

なお彼らの 出会った場所はカナダであり、

舞台はカナダです

 

私自身が純粋に書く記事と、

彼らの武術日記が

このブログで混じるので紛らわしいですが、

 

どうぞよろしく☆

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加