アセンション~地球と個人が新しくなる時,  新しいスピリチュアルな生き方,  新しい友へライトワーカー達へ

スピリチュアルでは幸せになれない?

sisters-931151_640

スピリチュアルで本当にしあわせになれるのでしょうか?

水瓶座に入って2012年という巨大シフトを越えて、
スピリチュアルという分野も日ごとに普通に受け入れられていっています

世の中でスピリチュアリティーが受け入れられていくことは
とても嬉しいことなのですが
その一方でスピリチュアルということを武器に
「しあわせ」を掴もうとか、「ラッキーになれる」「幸運になる」とか、
何かたなぼた式にしあわせがやってくるという表現には
賛同できません
ラクにしあわせになれるんだぞ!という
風潮が出てきたり、人々にそういう意識が出てきてしまうことを
懸念しています

他にも、ちょっと講座を受けたりセッションを受けたりしただけで
霊能力が開花するとか、ヒーラーになれる、あるいは何か”特別な人になれる”的な考えも
私にはありません

いわゆるスピリチュアルな生き方をすることで
”しあわせをつかむ”とか”すぐに何か手に入る”ということは諦めた方がいいでしょう

もちろん、霊的な道を行く過程で思いがけない恩恵があったとか、
理想の仕事についたり恋人をえたりしたこともあるかもしれませんが
何かスピリチュアルなセッションを受けたり、
パワーストーンを買ったり講演会にせっせと参加したりしつづけているのに
その割にはちっとも望むような幸せは手に入っていない
と思っている人は多いのではないでしょうか

あれだけヒーリングセッションを受けたのに、
あれだけ自分を見つめる講座に出てワークを積んだのに
あれだけグッズを買って瞑想していろいろ試してみたのに・・・
結局お金がなくなるばかりじゃないかと
そう嘆く人を何人も見てきましたし
全財産を失いかけてトラブルを抱える人にも会いました

そして、「もうスピリチュアルは卒業しました、これに頼っても幸せにはなれそうにない」
と言っている人もいました

あるいは一方で偶然か必然か、最初に受けた講座などの後に
ほんとに素晴らしい経験を手に入れたりすると
逆にもうこれはスピリチュアルやるしかないな!という思いが膨らんで
期待が膨らんで、その後は鳴かず飛ばずでも、どうしても何か
奇跡的なことが起きる期待を追いかけてしまう・・・

ということが起こり得ます

 

スピリチュアルでしあわせになれないわけ

 

スピリチュアルで幸せになれない、ということはどういうことかというと、
まず人が望む幸せっていうのは大抵の場合、物質世界での満足なんですよね

大金を手に入れて、家を買いたい
やっている仕事で成功したい
しあわせな結婚がしたい
できればあれこれと条件のいい彼氏がほしい
この目標を達成したい
今度のオリンピックでメダルとりたい
今すぐ、何でも話せる親友がほしい
認められたい、評価されたい
家はこういう理想の家を建てて、
大きいことは望まない、仕事も愛し、愛せる人に囲まれとにかくしあわせになりたい!

こういうことは、この世界の物質的局面でいかに満足し、
嬉しい気持ちになれるかということと直結しています
そしてそのしあわせの大きな部分で、意識的無意識的に
「誰かに比べて私はしあわせだ」という他人との比較が混じっています

また、こういう幸せを手に入れたら、さっそく(インスタグラムなどで公開して)
幸せをみせびらかし、人に「しあわせなんだね~」「いいね!」
と言われたい、という願望も含まれています
つまりこの世界での人のいうしあわせっていうのは自分の満足と、
人からどう思われるか、
人にどうしあわせだとうらやましがられるか、
という側面も含んでいます

しかしいわゆるスピリチュアル、スピリチュアリティーのある生き方というのは
そういう意味での”しあわせ”を運んでくれるものではありません

保険会社のCМのような絵にかいたような平穏な幸せを保証してくれる
ものでもありません

時により、そして多くの場合、スピリチュアルな生き方を選ぶということは
もう自分にウソはつかない、真実だけを目指していくことでもあり、
それは社会や家族がどういおうと、魂に従うということでもあります

そして、スピリチュアルな生き方を一旦始めると、
神我(ハイヤーセルフやスピリットと言ってもいい)
にとっての真実でないものはすべて、解放されるべく浮かび上がってきます
真実を見せたくないエゴや社会規範、周りとの闘争ともいうべき心の戦いの時期もありますし、
大規模な浄化の時も迎えます

スピリチュアリティーの本質は、自己を探究することです
自分とは何か?を探していく、自分の成長を求めていくことです
魂はいつも成長を求めています
魂は、成長できたらそれでOKなのです
だから、時としてというか往々にして、魂は「わたし」というパーソナリティーが
持っている願望や期待とは裏腹の体験をさせます
見なければならないことがあれば、嫌でも見せられる体験をもたらします

魂には成長と拡大が「いちばんのしあわせ」なんです
「今ほしい」「実現したい」と思っていることが叶わなくても
成長できれば成功、と思っているのが魂です

つまり、魂の自己を生き始めるとき、実はちっとも「しあわせ」ではないんですよね
だけど、それでも、魂は本当の自分を生きたい。
その衝動と情熱と希求に、もうそむくことはできない・・・
それがスピリチュアルに生きることの実際のあり方だと思います

そして、その過程でどういう道を魂が差し出すのかは
たとえ苦しい道のりでも従うしかない
頭や、パーソナリティーで考え、設計してもうまくいかない
とにかく、魂の導くほうへ、すべてなるものが導くありかたへ
ゆだねるしかない、となっていきます

私は現世的なしあわせを求めることがダメだとは思っていません
むしろ私など現世的な幸せ願望いっぱいですし、
魂の向かいたい方向と自分の求める幸せがかみあわず、
悩まされることもよくあります

物質世界に生まれた以上あれこれのしあわせを求めるのは自然だし
とにもかくにも、幸せにならなくちゃいけないですよね
何をするにも、自分の幸せが第一の基盤ですから

だけど、それを「スピリチュアル」でかなえようとすると
必ず壁や疑問、矛盾に突き当たります
そして、魂を生きようとすればするほど、
いわゆる現世的な幸せとはまた違ったものを
魂は求めることが往々にしてあることに気づきます

そして、本当のスピリチュアルな幸せっていうのは、結局
「起こってくるすべてのことを幸せだと思える自分になる」
っていうことだと気づきます
つまり、物事を判断しないで、「あれが起きたら幸せだ」「次こそあれを手にいれよう」
「今度こそあの人が振り向いてくれたら幸せ」
・・・そしてそうならなかったら不幸、というのではなく
とにかくどんな悲惨なことでも、不幸なことでさえも幸せだ、
と思えることがしあわせ。

あるいは何が起きたって、感謝・無為自然・ありのまま。
ただあるがまま、ありのまま、受け入れる、流れる、それでいい。
そういう境地になるっていうことがスピリチュアルなしあわせだと気づきます

だから、スピリチュアルに生きることによって
何らかのほしいものを手にいれようともがくと、
手に入らないことにいら立ち、疑問を持ち、やがて自分にあきれ、
スピリチュアルというものも嫌になって放棄するようになります

「何があってもすべてに感謝、すべてがしあわせ」
こういう幸せは、そう簡単には達成できるものではなく
達成できたらほんとマスターですけれど
魂は究極はそういう方向に進化しようとしていると
思います
(思いますと書いて断言しないのは、結局魂の求めることなんて
私たちの”考え”では計り知れないからです)

 

私のスピチュアルカウンセリングの先生であるアンドリューはこう書いています

”何か意味のあること、というのは、私たちをしあわせに、平和にする。
そして、何かに期待せずにいればすべては意味のあることになり、
間違いなくすべての体験は幸せと平和の源になる。もし、何らかの出来事は
しあわせをもたらさない、という考えを持ってしまうと、
わたしたちはいつでもしあわせで平和であるための可能性を
妨げてしまう。細かいことにこだわると、(特に自己の満足にこだわると)しあわせを運んでくるものに
依存してしまうが、それらはしばしば、一時的な幸せ以外のしあわせをもたらさない。
何かが意味のあるものだと感じられるようになると、
経験の背後にある、魂が表現したいことを理解するようになる
そして私たちはもっと満たされて平和になる”

また、アジャシャンティが書いていますが
”真のスピリチュアルな本質は、ただ善良な部分だけではないということです。
単に幸せな部分だけでもありません。
スピリチュアルな本質はすべてであり、同時に何でもないのです
人生全体がスピリチュアルな本来の姿すべてを一度に含んだ証です
すべてとは明快な時もあれば、困惑する時もあれば、愛を持って行動する時もあれば
冷酷に行動することもある、そういった全てです”

アンドリューはまた、究極のしあわせというのはワンネス、つまり
大いなるすべてと一体になるということだと繰り返し言ってますが、
大いなるすべて、根源と一体になるということは、
これがしあわせでこれは不幸というやり方ではなく、
とにかくすべてを受け入れる、ということから始まり、
しあわせやスピリチュアルなことというものを
ラべリングしないということ、すべてがありのままで受け入れる、
すべてがしあわせの源だと受け入れれば

常に幸せであると言うように言っていますが、
これもアジャシャンティのいう「ありのまま」ということと同じですよね

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加