日本っておかしな社会ですか?日本おかしい現象と最近の熱波と。

暑いというより熱い、日本が続いていますね
異常気象は毎年色んな国で起きていますし、災害も世界各地で頻繁です

でも日本というのは自然が多様で豊かなだけに、それらを支える5大元素の力が歪むと、
途端にそれは暴走し、結局今は災害が多い国になっています

最近では水のエネルギーが暴走したかと思ったら、地と火のエネルギーが荒ぶるごとく、
熱波で全国はヘロヘロになりました

気象予想とかではなく全くのスピリチュアルな原因をそこで明らかにするのは、
科学的なものではないので難しいです

ただ地球の次元が変わったことに人々はまだほとんど気づかない
そしてただ物質社会で今も物質を貪るように大量消費して、温暖化は人間のせいじゃないとか
そんなこと言っていたら、5大元素はくずれ、うねるように暴れるでしょう

太古の昔、ガイア(エネルギーレベルの地球)とスピリット(エネルギーとしての私たち)が
もっとずっと調和して仲良く暮らしていたことがありました
その時代は5大元素の力やガイアのエネルギー、それにこの惑星のグリッドは安定していて
とてもきれいだったので、穏やかで平和で美しさに満ちていたのです

「地球にやさしく」と何度そのキャッチを聞いたか分かりませんが、まだまだ物質的価値観と
資源の食い尽くし、生態系や多種生物に破壊をもたらすような人間社会では、ガイアとスピリットとが
調和するということができず、ガイアは自ら抱えた不調和を振り払おうとします
そしてまたそれを何とかしようとして自ら変容したり浄化しようとします

その過程に人間が災害と呼ぶものが起こるのでしょう
それが私の見解です

 

でも最近、おかしなのは自然や気象だけではないと思うのです
日本という国、日本人自体が、はっきり言っておかしくなっている

これは私だけが感じていることではなくて、グーグルで引いてみると、沢山の関連記事が出てきて
読み切れないくらいです。視点は違えども、今の日本・日本人、どっかおかしい、とそう思っている人が
とても多いことが分かります

 

これもガイアとの不調和がまた影響しているだろうし、いつも言うように宇宙的に入ってくる光線があまりにも超巨大なので、私たちの体全体のシステムやエネルギー体も衝撃波をいつも受けていて、隠されていたことがどんどん明るみになってしまう時代になっています。それは社会レベルだけでなくむしろ個人レベルで、長い間心の内奥にしまい込んできた醜い部分・カルマ・越えなければならない部分などなどが嫌でも浮上してきているのです

そういうスピリチュアルな現象がガンガンせまってきていることを、大半の人は知らないので、ただ浮上してくる

マイナスの感情や出来事、カルマの清算、様々な不調に戸惑い、イライラし、何かと頭で理由付けし、あるいは
人のせいや社会のせいなどにして、そのイライラむかむかを解消しようとしている

その結果、人々が互いを思いやれなくなり、思いやりを持つ余裕がなくなり、
お互いに嫌がらせをしているような社会になってしまいました

 

たとえ根っこにスピリチュアルな現象の巨大な影響があったとしても、
自分に起きたことに自分で責任を取り、自分を律していくべきなのが人だと思うのですが
その時点で、各々の人格のレベルというか、霊格のレベルが問われることになります

 

以下は私が「日本人おかしくなってる」と最初に感じた体験です
すでにその方は私からはすっかり離れているし、個人的体験であるので
誰であるかは全く分からない形式で書きます

 

私は去年読書会を主催し、開催の準備を数か月前からしていました
ところが、開催直前になってお店の方が「ライブをするから、大人数来られても困る」と言い出したのです
それで読書会をする場所を他に必死に探しましたが、休みの日なのでどこも受け入れてくれませんでした

仕方なく、延期でお願いすることにしました
そしてその旨を伝えるために電話をしていたところ、ある人からもう1時間くらい文句を言われたのです

内容は「すべてあんたが悪い」というもので、全員に土下座して謝り、今すぐ当日に読書会ができるようにしろ、
それがあなたの責任だろ、ということを言われました。それはまるで王様が奴隷に言うような暴力的な言い方で、あまりにショックだった私は道端に座り込んでしまいました…

確かに私に非がなかったとは思っていません
いい加減な店を選んだこと、確実にブッキングできるようお店を完全貸し切りにしなかったこと、など。

でもそもそもは、お店自体に責任があります。なぜ当日まじかになるまで、告知せずいきなりライブで~す、なのかと。土下座するなら、土下座するべきなのはお店じゃないのかと。

(もちろん私は人に土下座しろとか言いませんけどね)

でも私はこの会のためにできる限りのことはしてきました
みんなが楽しめるようにと、仕事の時間も削って準備しました
そもそもこの読書会は仕事とは関係なくただの趣味、私の準備はただのボランティアです

参加費さえありません

その人を誘ったのも、もともと文学が好きだったのと、
最近仕事で落ち込んでいたので得意分野で元気になって
もらいたかっただけでした

それが、延期になったからといって跪いて謝れとか、とにかく責任のすべてはあんたにあるんだぞという
脅し、あれはいったいなんだったのでしょうか?

 

私はあまりにもその怒号がすごかったので、自分が悪い、自分は罪人なんだ、と思いました
そして自分を責め続け、他の人もきっと同じように怒るだろうと言い出せないでいましたが、
主催者として伝える必要があったので正直に延期の旨を報告しました

 

すると他の人からは全く違うレスポンスが返ってきました
「今まで1人で準備してくれてありがとう。そういう店もあるし、うまくいかないことだってあるよ。
正直、あなたにばかり任せっきりで、ただ連絡を待っているなんて申し訳ないと思っていた。いろいろやってくれてありがとうね、お疲れ様。延期でOKです。仕事でもないのに、余計に働かせてしまい、苦労させてしまい、申し訳なかったよ。ごめんなさい。」

これがまあ、皆さんのお答えを要約するとこんな感じでした

そこで自分はある意味の「私は罪人なんだ」というマインドコントロールから抜け出しました

はっと我に返ったのです

自分は悪くなかったと。本当に一生懸命やったんだと。確かに完璧ではなかった、準備に失敗した部分があった。
でもみんなのためを思って必死にアレンジして来たのは事実。純粋な思いやりからだった。

一体なぜ、私は責められなければならないのだろう?
なぜ、罪人扱いされ、奴隷でもないのに、土下座し跪いかなくてはならないのだろう?

我に返った私には、今度は強い怒りがこみ上げてきました

何度思いだしても冷酷な言葉の暴力だったと思います

 

そこには思いやりの欠片もありませんでした

しかし、残念ながらこういう人が今日本には少なくないのです
多くの人がイライラし、ざわついており、メソメソしている
かと思いきや
気に入らないことがあると牙をむいて暴力化します

日本人が暴力的になっているのは、日ごろのニュースなどでも分かりますが
ニュースでやることよりももっとずっと多くの、沢山の、目には見えない、ニュースにならない
あらゆる意味での、大小さまざまな、そして世代も関係なく、
「暴力」が横行しています。しかも一見、ごく普通の人たちの間で…

 

先にも言ったように、こうした傾向の背景には、スピリチュアルな現象があることは
間違いありません。新しいエネルギーに着いていけない人達、それにアライメント出来ない人達は
何だかとにかく分からないけどイライラが巨大化し、何かにぶつけないと気がすみません

そこで、ネット上でも炎上などが毎日起こります
とにかく、自分の中の暴走を、誰かにぶつけたい、そしてはらしたい

そういう傾向が、全体に漂っています

おそらく皆さんの周りにも、どうにも付き合いに困る人がいることでしょう
あるいは、トラブルに見舞われたり、嫌がらせを受けたり、
どうでもいいことで執拗に責められたり、
社内でも、地域内でも家庭や親族内でも、もっと大きな社会内でも
そう言うことはあると思いますし、公共の場でも、怒り暴れている人を見たことがある
でしょう

よくスピリチュアルでは「あなたの思いの通りの人と出会う」「あなたと似た波長の人としか出会わない」
と言われてきましたが、私は必ずしもそう思っていません。そんな悠長なことを言っていられないほど、人々の
心の中のマイナスが浮上しており、激しさを増しているのです
自分のせいかな、自分もワルだからあんな人を引き寄せてるの?
などと考える前に、自分を守ることを考えたほうがいい

私はそもそもが出会う人の数が多いです
だからいろんな人とやり取りしてきて、色んな経験をしてきました
なので、その結果思うのは、この日本イライラ暴力化現象は、全体的なもので、
関わらない方がよさそうな人は避けるべきだと思いますし、
さらにスピリチュアルなことを言えば、守護のワークをした方がいいと思います
本当に、ごく普通の人がどう暴走するか分からないので…

私は今年の一時期、非常に残酷な物言いをする人達に繰り返しあうことがあって
傷ついても傷ついても、まだ傷つく、というような時がありました

自分の中の痛みが、さらに嫌なことをする人を引き寄せている、エネルギー的サイクルを作ってしまってる

そう思い、天使に度々祈っていましたが、それでも改善しなかったので、
もう本気で祈りの儀式のようなものをしました

祈りっていうのは、本当にかなえたい、高次と共に実現したい時は、
ただ心の中でちょこっとお願いするだけではだめです
もう全身全霊を込め、天にすべてを解き放つような、全宇宙にとどろくような思いで祈らないと、
スピリチュアルワールドの方でも、本気で「祈りの実現セットアップ」がされないのです

体験上それが分かっていたので、本気で祈りのための時間をとり
「愛のない人、私を傷付ける人から守ってください」というお願いをし、
強力なシールドをはり、結界をはりました

この特別なワークは秘伝のものです
この結界は、聖ミカエルの聖なるやさしい光でできていますが、その中身は人に伝えることができません

この特別なワークをしなければならないほど、世の中は暴力化していると思われます

この暴力化に拍車をかけているのがSNSでありネット社会です

友人や知人、SNSなどで出会った人々も、突然消えたり、突然態度が変わったり、何でそんなに酷いことを言うの?という心にぐっさり来るようなことを言われた・書かれた・態度で示された、などがあるかと思います

SNSは今ではすっかり、言葉の暴力の巣窟みたいになってしまいました
統計を見たことがありますが、世界の70%のSNS利用者が、
SNSに疲れやマイナス感情を抱いたことがあるそうです
SNSはいい面もあるんですけど、もともとイライラしている同士がぶつかったときには
すごい威力で暴力のやりあいになってしまいます
またあれさえなければ普通にすごせたのに、
SNSのおかげで心が疲弊し、猜疑心の塊みたいになってしまう人も沢山います

言葉だけで顔が見えない。だからどうでもいいや、どうとでもしてやれ!みたいになってしまう
ちょっとした言葉が、ひたすら飛び交うSNSは、誤解の台風とも言えます

私はツイッターをやめましたが、以前やっていた時、そこで出会った人と社会問題とか結構シリアスなことも
議論してくれる人で、最初はなかよくしていました
ところが、その人が自分のフォロワーとケンカを始めたのです
それは日ごとに憎しみにまみれ大きくなり、言葉だけなので、すごい醜悪なものになっていきました
そしてとうとう、お互いに「殺してやる」「殺人予告だ、何月何日」等という話にまでなっていたのです!
そして、その、私とは何の縁もゆかりもないその方のフォロワーさんから私にメールが来ました
「これ以上あいつと話、フォローするならお前もやばい」などと書いてる

そう言うこともあり、ツイッターは今は全くやっていません

そろそろ、フェイスブックも止めるつもりです
フェイスブックではそういう変な現場を見たことはありませんが、すごく残酷な写真をわざと
グループで流したり、エロとしかいいようがない何らかの集まりの宣伝等を送られたりしたことはあります

また、自分のページを作っても人と人との繋がりっていうものができてこないんですよね
何か、掲載していても、虚しくなってきまして…

私はもともと、人との繋がりを大事にする方なので…

今はだから、インスタグラムだけです

今では世界で一番影響力がありスタイリッシュでクールなイメージのあるSNSですが、
このインスタグラムでも、暴力化した人がいないわけではありません
注意していないと、足元をすくわれます
インスタでも、言葉の暴力でとても傷ついて、何日も目に涙が浮かぶようなことがありました
悔しくて悲しくてやりきれない、そんなことがありました

だからインスタグラムを使う時も注意をしながら距離を置いて使っています
私はいいか悪いかは別として人のオーラが見えますので、その人の現在の状況が見えてしまいます
そういう伝わってくるものがいい人にだけ、慎重にアクセスするようにしています
(それでも嫌なことをされることもありますが)

これはある意味、地球的現象でもあり、地球上でも今暴力的なことが横行しているので、
日本だけに限らないのですが、もともと同調圧力が強く、思ったように自分を表現すること意見することを
抑えられてきた日本人には特に黒い吹き溜まりみたいなものがエネルギー体に溜まっていると思われます

ただ日本人の残酷さ冷淡さは、最近ほんとに顕著と思うのは、国際交流クラブの仲間やその関係で世界中の
人に出会ってきて、実は一番酷いことを言ったりしたのは日本人だったということもあります
それに私は衝撃を受けました
いまだアジア差別の意識が抜けず、そして自分のイライラをあてつけのようにぶつけては、
暴力的に去っていく、そういう人達は日本人ばかり・・・

もちろんいい人達もいましたが、どちらにせよ、今の日本人は極端に人間関係が苦手なのか、
国際交流も長続きしないのです

日本人の持つすごいイライラを、この目で見てきました
そしてやはり、他の諸国と比べて、随分社会に潰されているように生きている、
社会の決めた規範や、同調圧力、人にどう思われるかばかり気にして、
びくびくしながら生きていることの反動が、このごまかしのきかない時代、ごまかしを許さない
、ごまかしをはぎ取ってしまう巨大なクリスタラインアクティベートのエネルギーによって
揺さぶられては揺さぶられ、外に噴き出しているのだと思いました
その扱いができず、結果イライラに変わるのです

私の様なヒーラーの目線で見ると、先にあげたように、巨大なエネルギーによって衝撃を受け、
人々自らが「炎上」しているのです

でも、最初に言ったように、そうした現象をしっかり見つめ、客観的に見つめて、自分の暴力性を浄化していくことができるかどうかが、その魂の進化の度合い、魂や人の品格、人格、霊格のレベルを映し出すと思います

それは私にも言えることです
そして、耳が痛いかもしれませんが、皆さんにも、誰にでも言えることなんです
みんなに、ふとするとすごく暴力的にアグレッシブになってしまう可能性やリスクがあるのが
今の地球の、人々のおぼつかないところなんです

だから自分も含め、自分がイライラっとしてアグレッシブになっていっていないか
見極める必要があり、そうだったらクリアにしていく必要もあります

私たちも巨大なエネルギーに炎上させられているわけですし
スピリチュアルな知識やちょっとした修練を積んだからと言って影響がないわけではありません
いろいろなものが浮上します

私だってどんなにヒーラーで毎日瞑想し毎日高次の存在からエネルギーをもらい
これだけの愛をもらっていても、この慌ただしくまたイライラさせられる人や事が多い現代社会では
よく短気を起こしています

また、クライアントさんでも、ちょっとしたことで内部に溜まっていたものが暴走し
信頼を持って良い関係でやってきたと思いきや、いきなり嫌がらせに転じたことが何度かありました

 

私を含め、スピリチュアルに興味があるから、人格霊格が高いということは、決してないです

人の心は、心が磨くんじゃないでしょうか?
スピリチュアルが磨いてくれるものだとは思いません

この熱波は今日本全体にぶわっと浮上してきている人々の内側にある抑圧されたものや暴力的エネルギーの
一つの現れかもしれませんし、それをガイアが見るに見かねて抱えられないので火のエネルギーで一気に浄化し燃やし尽くそうとしているのかもしれません

 

スピリチュアルな現象に加え、自然破壊と、技術に偏ってマシーン化した人の心と、
社会システムの崩壊や世界情勢の混乱などなどが全部あいまって私たちを「壊れたマシーン」に
させているのであれば、本来の自然な自分に還れる方法とか場所とか、人との関係の復元を、

私たちはしていかなければならないですよね
とても難しい課題ですが、そういう時代なんだと思います

私は上記に上げただけでなく、いろんな場面で傷ついてきましたが
その一方でいろんな場面で人の愛も思いやりも受け取ってきました

愛や思いやりを受け取った方がはるかに多いのに、でも一つの嫌な出来事に
人間の気持ちっていつまでも固執してしまうじゃないですか、感謝を忘れて。
嫌なことをされる方が、感情って大きく揺さぶられるんですよね
そして思いやりを受けたことは、意外とすぐ忘れてしまう
私もそういうところがあります

 

こういう時代に生きるのは難しいと、正直私は思いますし
スピリチュアルなんかで簡単に幸せ~になどなりませんと思ってます

むしろ扱いを間違うとスピリチュアルこそ不幸になるかも、です

だから、私は小さいことを大事にしていきたいと思っています

小さいけど良かったこと、ありがたい言葉、思いやり、プレゼント、語り合い、シェアリング、
誰かに優しくされたこと、誰かに優しく出来たこと、楽しいこと…などなど

私はやはり、思いやりのある人々とだけ付き合いたいです
それは、自分自身への思いやりではないでしょうか
自分を思いやれると、他者も思いやれるようになる
それが法則ではないでしょうか

そして自分もまたイライラしているのだと、イライラする余地が十分にあると
しっかり認めてそれに対処していくこと。
その中で、同じように自分を客観的に見ることのできる友人を持つこと。
たとえ多少の口論になる可能性があっても、誤解の芽ははやくに摘むこと
そのために、誠意をもって自分の思うことを、なるべく思いやりのある文章で言葉で伝えること。
そして誠意のない人からは、すぐに離れること(生きているエネルギー場がすでに違うのです)

そういう生き方のアレンジが、良いかどうかは別として必要になっている、
そんな時代であり、今です

皆さんはどう思いますか?

どんな体験をされましたか?

これまた、皆さんとシェア出来たら嬉しいと思っています

日本人について書くのも、勇気がいりましたが、思い切って書いてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加