BTS嫌い・BTSオワコンの件について

この間TEPPENという番組のダンスの下手さをTwitterに正直な感想として書いた。
何度か言っている通り、私のTwitterはフォロー0、フォロワーも0だ。

誰も読むこともなかった。

と言いたいが、いきなり何千というアクセスになっていた。
そこまで皆が関心あるのは私の感想に反対だから同意だから?

私がこの番組を見て、改めて韓国のダンサーの方がはるかに魅力的だと思ったのも、ところが知られてないけど日本にも優秀なダンサーが多いが圧倒されるような魅力と思うところが正直ない、と思うのも両方事実だけど、

それ以前に最近バンタンの評価が目に見えて下がっていることが気になる
つまり韓国を代表するグループがまずあそこまで魅力的なのに、
そう、魅力的なのに、落ち目だということが気になる

そんなことを思いながらTEPPENという番組を見ていた

確かに日本人でBTS嫌いな人が多いのはTシャツ問題
その他もろもろから当たり前だと思う

 

それについて否定もしないし彼らを援護もしない

そして確かに皆が言うように最近のBTSはちょっと嫌だな
偉そうで上から目線で天狗になっていると。

ではオワコン化しているかというと、見る限りとてもオワコンに向かっているようではない

実際、欧米を意識しはじめて欧米よりになったけれど、
やはり日本は大事なカネのなる木なので手放すわけにはいかない。
保険として日本の過激派アミをいつまでも自分たちに注目させておく必要がある、
というのが戦略だろう

それに対し、イルアミはちゃんと答えてくれる
過激派アミは鉄板ファン岩盤支持層であり、絶対にBTSを客観視できないので、
BTSのすべてを理由もなしに肯定する

事務所にとってはあまりにも都合のいい存在であり、
残念ながらそうしたバカが一番多いのが日本だから、どうしても日本は外せない

 

いつまでもあると思うなペンと金


でも、そうはいってもあまり傲慢になり、先見の明をなくしてはいけない
BTSはオワコンではないけどいつか人気は終わる

確かに日本は大きな市場であり、カネ儲けの格好の場である
でも、実際次第にBTSと事務所の変わりように呆れて、がっかりしてペン卒していく人は
毎日のようにそこここで聞いている…

それだけ、BTSはファンに対してあまりにきついガサツさがあったし、今もあるだろう
それでも「人気は維持できるだろう、過激派アミが自分達を見放すわけがない」
という特に周りの大人たちの傲慢と偏見が、最近はずっと見え見えである

しかしエンターテインメントの世界の虚しさと言ったらない
本当にすぐに人気は入れ替わる
そして、新しかったはずのものを、ガラリと変えてしまうような天才が、
突如として出現することがあるのだ

そうなった時、今まで世界を制覇していたものが突如として「ダサく」なる
エンターテインメントの世界はそうした、ものすごい水物である

それでも若ければ肌もツヤツヤ、ダンスも切れきれ、
声も美声でファッションセンスも今どきだったら、
ビジュアル重視の人には特に
ファンをやめたくても止められない状態が維持されるだろう

BTSはもうすでに「おっさんジャパン」ならぬ「おっさんアイドル」

に差し掛かっている。彼らの芸歴はすでに長く、アイドルとしてはもう中年であり、
背後にどれだけ天才たちがデビュー待ちしていることか
正直彼らにはこれといった個性がない。今やKPOPは完全にマンネリ化しており、どれもこれも同じに見える。でも才能はあるし、ビジュアルはあるし、日本語はますます話せるレベルが高くなっており、新規のグループが若い世代にとって代わると同時に、日本のファンも下の世代がそれらグループに次々はまっていく可能性はまだある

私も是非、そうした天才たちを最大限魅力的にすべく力を尽くしたい
天才アーティストと共に何かを作り出すことほどワクワクすることはないのだから

さて、兵役が全員終了したころには完全に「おっさんアイドル」となるBTSは、
もし欧米で一時的に注目されても、結局ダメで、
アメリカ進出失敗か落ち目になれば「日本」に帰ってくるだろう

でもそこでまだまだしぶとくファンをやっててくれる人がいて、
優雅に受け入れられるだろうと甘く考えてはならない
そこで待ち受けているのは、今のままでは良質で良識のある愛すべき人々ではなく
世間からも疎まれるような、ろくでなしばかりである可能性がある

なぜそんなにひどく言うのか、という人もいるだろう
でも、正直に言わせてもらおう
あまりにもバンタンのファンは態度・言葉・教養のなさがひどいからだ


そう言う人ばかりではない、もちろんない

でもそう言う良識ある人たちは、皆良識があるためにバンタンから離れたがり始めた


何度も言うけどエンタメ業界は水物、
人生そんなにずっと上手く流れていくものではないのだ
ファンを大事にしないBTSと、BTSしか大事にしないファン。
そんなものを、一体誰が心から歓迎し、受け入れ、長く認められるだろうか?
すぐにでも消えてほしいと思っている人の方が多いに違いない
だからOUTBTSという言葉があるのだ

そして日本は、絶対BTS全面肯定アミの集団がいるものの、
その逆に世界一アンチも多い国だということも忘れてはならない
ファンの数だけアンチも多い
好きが多いが嫌いも同じくらい

一つの国で、ここまで物議を醸し続けてきたグループもないだろう
そして、例えばあのTシャツ事件。
日本のみんなが傷つき、ショックで、怒り、嫌がっているのに、
どこまでも必死で彼らを擁護し、
挙句の果てに「原爆で死んだ人よりジミンが大事!うっせーんだよ」
みたいなことを平気で言う人間がファンであるグループなどが、
いざ老化したときに、誰が手を差し伸べるというのか?

 

だから、BTSは世界一成功したアイドルかもしれないが同時に
世界一失敗したアイドルでもある

何に失敗したかというと、
良いワインを醸成するごとく、良いファンを築くことにBTSは失敗してきた
そしてろくでもないファンばかりふやし続けているか、残し続けている
事務所も彼らも、成功に酔いしれすぎて危機感がなく、それにまだ気づいていない


ただ、「ファンが多い、応援してくれる人が多い」という、
表面的なかつ自分達に都合のいい側面しか見えていないので、
アンチや中立的な人たちにいつまでも嫌われつづけ、いつまでも物議をかもし、
結局は過激派しか残らなくなって…きてる、もうすでに

ということに彼らは気づいていない

そう、一番懸念するのは、ファンが卒ペンしても、
鉄板ファンは残ってくれているのだが

残っている人達があまりにも民度が低く、
学がなく、礼儀もなく、大人になれない人たちであることだ

ファンは減っていない
ファンを新規に増やしている
鉄板ファンはまだまだいる
でも肝心なことを忘れている
いくらファンが減らなくても、
その質がわるければ世間からは歓迎されず、やがては一部の人にしか

愛されず求められず必要ともされない人になるよ、ということだ

ファンは数ではない
本来ファンは人徳があって初めて得られる愛ある存在であり、
皆にここで言えばBTSの素晴らしさを伝える媒介人でもある

でも昔から、そして得に今、バンタンの態度が横柄だったりテキトーだったりする中で
ファンの態度も目に見えて悪くなっている

類は友を呼ぶのだ
今のBTSを良しとする人は、BTSと同じレベルということだ
逆も言える

BTSをいつまでも応援し好きだという人達があんなチンピラみたいだってことは
BTSもそれなりに低級だということだ

そんな状況では、BTSはやはりオワコン化しているのだ
見えないところで、見えないところがオワコン化している

そしてグラミーとか派手な部分だけが、やたらに報道され脚光を浴びる(浴びさせている)

ファン数が多くでも、再生回数が多くても、それが人気の尺度にはならない
再生回数などは、アンチがディスりたくて欠点を見つけるために何度も見る場合だって往々にしてある。必ずしも好きな人が夢中になって愛して見ているだけではないことを忘れない方がいい

とにかく、言いたいのはBTSは正直アメリカにおもねる方に変わった
そしてファンはその変化を指摘されることをおそれ、
ちょっとでもそれを指摘すれば、今まで以上に、擁護体制に入り、
烈火のごとくヒステリーを起こしてくる

そんなアーミーを見てきて、もうこれはダメだと、
もう自分はそういう「社会」から抜けたいと
心から思うようになった

バンタンは好きだ。でもバンタンのファンをしている限り、
どうやってもそういう人々の惨めな姿を同時に
見ることになるし、そういうものから自分を切り離せないからである

だから、バンタンを愛してきたが、バンタンではなく、
バンタンを取り巻く様々な現象が嫌で、

私はもう卒ペンしたいと思っている

結論。
やはりBTSはオワコンである

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加