ジミンの塩対応と、ホンデ君の塩対応~韓国超競争社会

 

BTSの嫌われる理由に、態度が悪い・態度がでかいというのがある

 

最近は特にそうかもしれない、いや、もう2016年ぐらいからかな笑

また、態度のわるさの象徴として語られるのが、メンバーの塩対応がしばしば見られる
その中でもすでに「伝説的塩対応」
とされているのがかつてのジミンの握手会での思いっきり塩対応です

まあ、塩対応は他のメンバーもしてますけどね、結構…

それについて批判をし
それについて泣き
それを機にジミンを嫌い、
それを機に卒ペンした人もいる

でも、私はそれについて何も感じなかった
ああそうだろうな~しか思わなかった
容易に想像できたからである

韓国ではスペック高くて成功すればみんな塩対応?

ジミンにそっくりな友人がいます
かつて一緒にあるプロジェクトをやっていました

誘ったときには二つ返事で参加してきました
で、彼の大学・大学院はホンデ。
ホンデとは略して引大、引益大学のことで、芸術大学です

その頃は何も知らなかったので、通称ホンデ君が
「僕は卒業校は大学も大学院もホンデだから」と言ってもああそう~しか思わなかった

しかしその後、例の友人で、成均館大学校(せいきんかんだいがっこう、ソンギュングァン)で
化学研究チーム長をしているエリートの、通称ソンギュン君が、

「そうなの?韓国じゃホンデと言えば芸術大学では最高峰ですよ。だから彼はエリートですよ」
と教えてもらった。

ソンギュン君自身もSKKUと皆が呼ぶ、成均館大学校で研究室を統括している超エリート。
でも彼は極めて腰が低く丁寧で礼儀正しく、模範生のような人だった
常に謙遜する人で、威張って見せることはなかった

でも、それはもしかしたら外国人・日本人向けの態度だったのかもしれない
韓国社会ではやはり、ヒエラルキーの上位に至ったからそれなりに威張り、
それなりに周りに塩だったかもしれません

というのも彼はあまりにもプライドが高い人だったからです
ちょっとした指摘も、ボクは貶められた!!と思ってしまうようなところがありました
いつもは冷静で明晰な彼なのですが自分のことになると、すごく気にするのです
だから結局仲良しだったけれど、離れました…

 

とにかく、韓国人は大抵の場合、学歴か家柄か社会的成功かを手にしたものは

塩対応

なところがあるな、と見てきました

ある意味、成功を手にしたものは威張ってもいい・上から目線でもいい・尊敬されるべきだ
みたいなところがあるように感じます
それは若くても同じで、どんなに若くても成功した者勝ちで威張れるという…

それほど、成功と脱落者との間に大きな溝があり、ヒエラルキーがある
そして、成功した者は大いに威張れるし、好き勝手やれるし、好き勝手してもいいだろう、
というような風潮があるのを感じる

その一方で、成功を逃した者は奥に引っ込んで小さくなっていなければならないような…

そんな悲惨なまでの競争社会だから、皆がとてつもなく努力して成功を求めていく
そんな競争社会だから、皆が余裕をなくし、心をなくし、思いやりをなくし、
その挙句に成功者=塩対応普通、になってしまったのかもしれない


でもこれはいいわるいじゃないんですよ、競争社会が作った一種の意識というか状態です
こういうことも、日本との違いとして認める、これを異文化間トレランスといいます

 

超エリート、ホンデ君の塩対応と生き方

さて、このホンデ君はデザイン専攻のデザイナーでした
今では有名デザイン事務所で働いていて、近い将来自分でデザイン事務所を作るといってた

韓国というとマスコミなどでは、ひたすら財閥だけが強いように思われていますが、
最近は若い人の起業も増えている。特にデザイン分野は多いようです

しかしそれでもある程度の力を付けると、大きな会社につぶされやすいともソンギュン君は言ってた
そこで、起業しても会社ごと買収するか、会社の傘下に入るか、潰れるか…
どちらにせよ、若い人がチャレンジするようにはなっているが、それでも
巨大企業にはどうしてもつぶされる、というのが私が聞いた限りの皆の意見でした

さてホンデ君はさすがホンデ卒業、仕事はすごい量を一日でどっさりこなす

ホンデ君は常にアイディアの宝庫であり、本物のクリエイターである

ホンデ君はアイディアをスケッチするだけでなく、浮かんだらすぐにも3DCGにしてしまったり、
プレゼン資料も半端ないほどの量作ってくる

ホンデ君はとにかく天才!

そして、

ホンデ君はとっても塩!

そう、ホンデはまさしく、正真正銘の塩であった

塩そのもののホンデは、いつでも塩対応で、機嫌がわるく、
「フン!ふん!ふんふんふん!」って感じだった

難しいことに、機嫌がいい時もふんふんふん!だった
そして常に上から目線で、自分勝手で、プロジェクトも自分が勝手に日程など決めてしまう

ある時、彼の方からプロジェクトに誘ってくれた
舞台は済州島で、大規模かつ大きな土地を使う素敵なプロジェクトだった
サスティナブルデザインを日ごろから標ぼうし、それを専攻してきた私にはぴったりだった
よって、済州島プロジェクト参加に名乗り出た

さっそく、彼は膨大な資料を送ってきた
プレゼン用資料、済州島についての資料、プロジェクト関連資料などである
辞典になるほどの量だった
見事だった
それは一生ものの資料としても役立つようなものだった
改めてホンデの努力ぶりと、ホンデの天才ぶりを見て今でも泣きそうである

それには感嘆したが、一方で面食らったこともある
もっと驚いたのは彼が作ったプロジェクトのポスターや

外部用資料に、私が勝手に「プロジェクトディレクター」となっていたことである!

いつディレクターなどやると言ったのだ!!
勝手に言わずに決めたな!!

でもこれについては、韓国人と仕事するときは必ずといっていいほど
一戦交えることになるし、彼らは自分の考えを変えはしないので
とりあえず放っておいた

すると今度は突然
「このプロジェクトは土地オーナーさんとの意見の相違により、停止になりました」
と連絡がきた

残念だったが、韓国ではプロジェクト延期・プロジェクト中止は普通なので、
ああそうですか~なもんで、むしろかなりほっとした

とまあ、こんな感じで、ホンデ君はいつも自慢気で上から目線なだけでなく、
自分勝手でありました

自分勝手で塩対応なホンデ君、それでも好き

でもそんなホンデ君の塩対応について韓国人たちは誰も何も思っている様子はなかった

韓国では、成功者=塩OK
な感じがする

そして韓国人については
塩対応=性格が本当にわるい
ではないと思う

ここら辺が、日本人にはなかなかわからない・見えないところだと思う
こういうことはやはり、ガチのガチで韓国人と付き合わないと分からない

だから、ジミンの塩対応とかジンやグクの塩対応とか、それで泣いたり、
それで悲しいのは分かるけど、必ずしもそれで彼らの本性が決定づけられるわけではない

泣いてしまうのは、彼らに対する期待が強すぎる、偶像視しすぎているか、
ガチ恋している証拠。もっと距離をおいてみた方がいい

ファンだから悲しいのは仕方がないし、やっぱり塩する方が絶対わるいとは思うよ
そういう意味でファンの子を責める気はないよ、むしろもっと言ってあげた方が彼らの傲慢のためにもなるでしょう

ただそれだけがすべてではないから、傷つきすぎないで
またそれだけでは性格は測れないから、トレランスを持って
それでペン卒するのはもったいないよ

彼らが日本人だったら話は別だったかもしれません
日本人はどこまでも礼儀正しく、ファンとあっている時は疲れててイライラしていても、
ニコニコして誠実で優しくて紳士的であるべきだというのが普通だよね
だからそれを、ずっと韓流スターにも求めてきた
韓流スターもそうするのが当たり前と思ってきたし、韓流スターの元祖であるヨン様がまた
ファンに対して徹底的に紳士だったから、それが基準になってしまった

そういう意味では、ヨン様ってすごいなと思う
ヨン様ってプロだなと思う

それに比して、BTSは子供だなって思う
幼いなって思うし、誰も厳しいこと言わないのね

ただ、そういう側面もあると同時に、塩でもOKという文化とか、塩が当然だったりする文化とかも、理解した上で好きにならないと、日本と同じように基準を設けない方が傷つかないと思う

少なくとも、日本人と同じように考えて、「塩だったからもう嫌い!!」ってなるより、
異文化間トレランスをここで用いるのだ

 

ホンデ君の本当の心根

ホンデ君はジミンやジンやその他もろもろBTSの塩や機嫌の悪い時などとは別次元なほど

圧倒的塩

でした

荒塩です。

だから、ジミンの塩対応など、ホンデからすれば可愛いものである

少なくともジミンはいつもプンプンしているわけではなく圧倒的に笑っている方が多い
でも気分屋であることは確かだし、成功者としての自負があるのはホンデと同じだ

私はホンデ君をずっと見てきたので、彼にふりまわされたりもしたし、
彼に困らされたりもしたし、嫌になって愛想がつきたこともある

でも彼のおかげで、韓国人の塩対応の意味と、実はたいしたことではないことと、
ものすごい競争社会を生き抜かなければならない若い世代の苦しみ故の状態であることと、
成功した者、脱落した者のヒエラルキー差のしんどさを知った気がする

それに、彼のおかげで、塩対応だからといって、それが性格のわるさ、根性のわるさを
またこちらを嫌っていることを表しているのではないこともよく分かった

このホンデ君、荒塩だから威張り散らしたり自慢したりだったが、
やることはきちんとこちらの要求以上にやるし、
親切だし、
優しいし、
情熱を忘れないし、
正直、要するに、いい人だった

彼自身、

私が「これからのアーティストやデザイナーは国際的でかつ平和を求める表現をして社会に
貢献していくべきだ。だから国際的なチーム編成でプロデュースしていくことは大きな意味がある」

と言っていたことに大分影響を受けたようで、先の済州島についても参加デザイナーは
皆国籍が違うようにしたいと多国籍で集めていたし、

なにより嬉しかったのは、私が立ち上げたプロジェクトを韓国向けに広めるため、
インスタで度々紹介してくれていたことである

今は何も一緒にやっていないから付き合いはないが、付き合いが切れたというわけでもない
最後に声をかけてくれた言葉もどれだけ私を励ましてくれたか…

ホンデ君はこの超学歴社会・超競争社会の中で、
自分はすごいぞ!という自負とプライドが強いというだけで
心根は実に優しい人だったといえる

 

さて、そこでジミンの塩対応はどうなる?

だから思うのは、
ジミンの塩対応でジミンの性格は分からない
BTSの塩対応でBTSの本性は分からない

多くの人にとってBTSに今電話してあってそれを確かめじっくり話しあい、長い時間をかけて
人間性を知ることは、不可能なことではあるが、人はやっぱり

ある程度の心の深さでもって付き合いぶつかり合い語り合ってみたいと分からない

実際、ホンデ君の優しさ、それを知り、それを見抜くまでには時間もかかった
最初は「なんだよこの人!威張り散らしてさ、超性格悪!」
とも思ったり、何度も腹が立ったし
本当に性格が悪いと思っていた

でもそのうち、ホンデの塩対応は彼の努力の証としてのプライドに過ぎず、
本当のところは優しいと分かるようになってきて、私も変わった

 

彼ほど塩な人も確かにいないので、韓国人の塩対応がもし遭遇しても、
抗体がかなりついた私は、何ら驚かなくなったし、それで性格を判断しないし
それに対する対処もできるようになっている

むしろ社会的背景として、彼らの塩対応には理由があることも今は分かっている
つまり、あまりにきつい超学歴社会・超競争社会がゆがんだ状況、
成功者は威張っていいのだ、威張る権利があるのだ、というゆがんだ理屈をうむ

ホンデ君の塩対応は、いわば韓国超競争社会が生みだした社会的な弊害ともいえる状態だ

でも、それは彼のせいではない。それを許すと、つまりここで異文化間トレランスを用いると、
もっと客観的に見ることができ、ホンデの傲慢さを、彼のごく一部としてしか考えないようになった

それは、BTSにも言えることで、BTSにも異文化間トレランスをもって見ている
だからジミンが機嫌わるくても気にしてない
ジミンが塩な時も、わるい奴だとか、思わない
今はもうそうなってしまった

スターが本来あるべき姿と異文化間トレランス

まあでも、本来は、成功してもそれを見せつけず、威張らず、特にファンには出さず、
常に謙遜の心をもって尊敬の念をもって周囲と渡り合っていかなかなければ、
人徳は失われ、次第に人はその人から去っていく

それは、やっぱり韓国でも同じだと思う
いくら韓国人が超競争社会に生きていると言っても
何が何でも勝者は偉いとか勝者なら許すとか勝者はなんでもあり、
ってことはありえない
やはり皆、思いやりある人が好きになるし、そういう人が最後は残るのだ

それは天才ホンデでも、天才ジミンでも同じことだ

ただ韓国では、成功したが故の塩対応が普通にあることは事実であり、
その威張る感じ、塩自体が嫌だ、というなら、

極論言えば韓国人で成功した人とは付き合わない方がいい

極論言えば塩になれてしまわないとやってられないから
塩は多少当たり前だ、フン!くらいに思えないなら、ファンも友人も、一緒に仕事するのも遠慮しておいた方がいいかもしれない

彼らにとって、特に今の20~40代世代の成功者で、
多少威張って見せたり、偉そうにしてたり、わがまましてたりするのは
何度も言うけど、激烈な競争社会の末の、
努力と涙の先の成功の証であり、歪んだ表現であり、
大目に見てあげないと…彼らも彼らで相当苦労してきたのです

そして、繰り返すけれど往々にしてその人の本性や性格そのものではないです

だから、ジミンの塩対応で泣いてペン卒するんだとかいう女子は、
KPOPは無条件に受け入れられるものではなくて、そもそもが異文化だということを
正直まだまだ覚悟していない
ただカッコいいから、歌うまいし~ダンスすごいし~ティーザー最高だし~
では絶対続かない、必ず、嫌になる時が来る
それだけ、やはり隣の国との違いを知る必要があるし、
韓国の誰かを好きになるってのは、強くなっていかないと持たないと思う

いくらただのアイドルファンでも、異文化理解をしながら冷静に見ないと続かない
あれでも彼らは一生懸命に日本人向けに態度を合わせているし、
日本語もあれだけ勉強しているじゃないか

そして彼らのことを日本人と同じように育った、日本人のように見てはいけない
韓国とは、近くてもとてつもなく違う異文化なのだから、
韓国の超競争社会で生きてきた苦労人たちとして見てあげないと、

ほんとにやってられないと思うよ

だからといっていいなりになってはいけない
韓国人にも、ちゃんと意見すること、意見を持つこと、主張もすること、これ大事。

どうしても日本人は外国人に対し圧倒され黙ってしまい、
そのうち意思のないバカなのか?とか言われ思われ、使い走りにされることもある
それは国に関係がない、日本人はもっとちゃんと意見が言えるようにならなくては

相手には負けない主張主権を持った自分でいなければならない

だから、特に主張もその表現もダイナミックな、韓国人と渡り歩くということは、並大抵のエネルギーではできないと思う

 

BTSの威張っている姿?それともこれってただの普通?

さて、この写真でも、BTSは足を組んで、だらっとして、上から目線ぽく
何だか威張っているようにも見える、と日本人から指摘があった

これに似た写真もことごとくそう言われているし、デイスリの対象に今でもなっている
以前テレビに出た時もこんな感じでだらっとして足は組み、腕を組みみたいな、
偉そうに!!と大ブーイングが日本から出た

しかし正直私は言われるまでまったく気づかなかった
多分それも、韓国人の塩とか、成功者のありかたになれてしまったせいかもしれない

この姿勢や態度は私にはどうしても普通に見えるのだ
むしろバンタンぽくていいんじゃないと思う
というかこういうはずしたような偉そうチックな態度、私はむしろ好きだ

ちょっと偉そうにしてみたりするのもいいんじゃない
本当に偉そうになっていたとしても、それは多少甘くみてもいいんじゃない?
だからと言って本質的な性格が変わるわけじゃないし

これも、あの荒塩であるホンデ君のおかげだ
ホンデ君のえらっそうな態度に比べたら、ものの数にも入らないぞ

文化とは違う
ファンを長く続けるにも、異文化を学ぶ必要はある
誰も自分の思い通りには動いてはくれない
だから少しでも理解してみようとする
それでホンデ君のように理解しあえる結果もあるし
理解がどうしてもできない場合もある

でも、彼や彼らがこれからもっと世界で成功し、チヤホヤされすぎて
本当に人間的にもオーラもいやーな感じになっていき、本当に廃人寸前までになっていったら
それはもう韓国の文化社会うんぬんは関係ないと思う

往々にして、成功しすぎたアーティストは廃人化する
それはもう、個人的驕りである、異文化理解とかは超えている話だ

だからそこまでBTSが落ちたら、ある意味でのBTS落ち目の時が来たら
本当に潮時であり、ペン卒、卒ペン自由にするといいと思うし、
した方がいいと思う

でも、今見ている感じでは、そこまで落ちたとは思えない
むしろキラキラしているし、純粋なところは忘れていない気がする

何を好きになるのもそう単純ではない
まして韓国人、韓国文化は、どなたか知識人が言っていたけど
日本人にとってはトレランスが効かない場合もあるという
韓国人との付き合いはなかなかどうして特別で、難しいので、
日本人にとっては合う合わないがあるという
だから、合わない人は単純に、付き合わなくていいのではないかと
書籍に書いていました

それは残念だけど事実と思います

 

そして異文化に取り組むという意識がないと、韓国人との付き合いは
日本人にとっては世界一難しいことなので、やはり合う合わないはあるし、
どうファンとして理屈をつけてアイドルを擁護し、自分自身を擁護しても、
最後にはヘリクツにしかならないので、さっさと見切りをつけた方がいいかもしれない

ファンをやるということにも、努力がいるものなのだ…

 

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加