BTSグラミー賞を逃した件について

BTSがグラミー取れなかったのは当たり前

BTSはグラミー賞を取れなかった
その結果報道を、他の部門で日本人の方が受賞していることもそっちのけで、
やたらに報道する日本のメディアは何を言いたいのか?

話題性から巨大ペンのいるBTSのほうが読者がとれるからかな?

グラミー賞を取れないことくらい、多くの人には分かっていたと思う

まず、人種の壁は何といっても厚い
グラミーは西洋社会が作った西洋社会の文化の殿堂の一つ。

いくら社会が多様性を重んじ人種を重んじようと言っていても
大抵は口先だけで、西洋社会にはまだまだ大きなアジア差別がある
コロナがきっかけで、アジア差別はもっと陰湿に蔓延している

そしてかくいう日本でも差別がひどくある
日本人の中にはいまだに信じられないほど他のアジアの国を
馬鹿にし見下す、憎しみと太平洋戦争軍人的優越感があることには
自分が海外の人と多く活動する中で思い知った

下手すると、西洋人がアジア人を差別することよりもっとひどい差別意識が
日本人の多くにまだねっとりと粘着していて
ふとした瞬間にそうした本性が出てくる

国際社会で育ち、生きて、働いて、活動してきて
日本人のアジア差別ほど陰険なものはないというのが
私の痛感していることです

世界のアジア人差別がなくならない限りBTSはグラミーをとれない

話はそれてしまったが、バンタンにせよ誰にせよ、
アジア人が西洋社会の作った文化基準の中で1位を取ることは
=アジア人人種差別がなくなった時

なのだ

だから、まず差別自体がなくならなければどんな作品も、
正当に平等に扱われ評価されることはない

西洋社会でアジアのものが評価されるときは、
たいていその団体が見せかけの「社会的善行」を強調するためだけで

つまり自分たちは「人種差別」をしない素晴らしい人権主義団体です、
と名を上げたいだけだ

だから大抵は西洋社会の文化で何かが受賞とかすると、いかにもアジア、いかにも日本、いかにも忍者みたいなものがほとんどだ。つまり東洋的でなければならない

だから評価自体が演出であって、本心がどこまでそこに入っているのか…

正直、社会一般からちっとも人種差別がなくなっていない現状を生きてきたので
アジア人の誰それが時々、どこかで何かの賞をもらったからと騒いでいる時点で興ざめする

化学や科学については別である
それらは客観的なもので主観で選ぶことではないからだ
本当に世界に役立つ技術や発見やツールや理論を見出した人は
人種関係なく人間世界の代表として評価されて当然だ

でも文化やアートはあまりにも主観的なもので、感情的なものである
そしていくらでも、それを維持する団体の意向や思惑によって結果が変わる
そういう意味では何ら評価に値しない

人種に関係なく、肌の色がいつまでも人々にまとわりつき、
本当の魂からの表現という、実力だけで純粋に戦えないという時点で、
最初から西洋社会の文化の中で多人種は勝ち目はないし、勝っても本物ではない

それすらもはるかに超えるようなとてつもない超絶アーティストが
アジアや他の地域から誕生すれば、運気は変わるかもしれないが
西洋社会の文化の中でアジアのものが平等に見られていることはない

 

BTSはグラミー賞を取れる

話がそれたが、もう一つ、ダイナマイトというあの曲では大賞を取れるはずもなかった
あの曲自体はとてもリフトアップするしいい曲だ
でもバンタンの本質的魅力を全開にした曲というよりは、
西洋社会に認められたいという要素が見え見えの曲だった

実際、最初私はジャスティンビーバーの曲を探していて
アマゾンミュージックか何かで自動的にながれてきたのがダイナマイトだった
その時、しばらくジャスティンの曲だと思って聴いていたくらいだから…

今のバンタンがいかに西洋を意識し、西洋で成功しようとしているかがわかる
特にジャスティンビーバーのマネが強すぎる

でもそれでもいつかは、BTSはグラミーを取るだろう
それは先にも言ったように彼らの本当の実力が認められるからではなく
グラミーというものを作っている組織にとって、今の時代、アジア人に授与することが
大きなイメージアップにつながるからだ

世界が人種差別に辛い思いをし、世界が人種差別に声を上げてなくそうというムーブメントが起きている、これはアジア人や多国籍の人々を大いに評価してあげるには、実においしいタイミングだ。イメージアップには最適だ。そう考える輩が沢山いるのは想像できるだろう

エンタメ業界なんてそんなものなのだ
私は何度もがっかりしたけど、ほとんどの人は理想なんかどうでもいい
カネと名誉とプライド。

つまり自分達のために、グラミーグラミーと頑張っている青年たちにちょうどいいから
あげよっかな、そうすれば、俺たち人権派って言われていいイメージになるぜ
くらいの感じである

それでは正当な評価ではないが、そうでもしなければアジア人が西洋社会で認められることはない。先にも言ったが、思惑があっての受賞はありうるが、実力があっての受賞は考えにくい

でも所詮グラミーもアカデミーもそんなもの
あらゆる世界の賞がそんなものだ
私にはグラミーやアカデミー賞なんかすでにオワコンにしか見えない
ダサいんだよ
思惑だらけだし、主観的だし、カネと枕が見え隠れする
ダサいんだよそれが
公平性と誠実さと真剣な芸術への厳しい思いをもって、誰かを選ぶ人がどれだけいるのか?

本当のBTSはグラミー賞以上である

それでも、本当はバンタンにはグラミー以上にいい曲が沢山ある
本当に自分達の思いを伝え訴え表現する素晴らしい曲が沢山ある
それらはおそらく、概して西洋ではウケない歌なんだろう
だから懸命に、欧米化した曲を作ろうと、人員総出でバンタン西洋化をやっている

それにももう、ついていけなくなった

グラミー、それより、愛を歌い続けてくれ。

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

[ BTSグラミー賞を逃した件について ]地球と個人が新しくなる時代へ2021/03/16 14:28