Twitter/ツイッターを3日でやめました

Twitter 新しいアカウントを作ったのですがすぐに止めました

 

物事はつくづくタイミングだと思います
前回のツイッターアカウントは、自分を持て余すあまりに仕方なく再開したものです
コロナのステイホームがあまりに長引き、
友人と気兼ねなく毎日会ってはおしゃべりしていた楽しみがごそっとなくなり、
孤独に耐えなくてはならない日々に嫌気が差してしまったので、
嫌いなSNS、誰も読んでくれないSNSだけど、誰かと繋がりたい一心で始めたものでした

あの時は持て余した自分の気持ちを書くために超久々に Twitter に復帰しました

そんな昔のことではありません
コロナが起きてすぐくらい

今まで、ツイッターをやっても読んでくれる人はせいぜい最高で30人。
まるで友人も出来ず、誰ともつながらない
リアルな友人たちも軒並、ロム専か、停止状態かやってない
いつもそうだったんで前回も何も期待しないで誰も読まなくていいから
自分の書きたいことを書かせてくれ~みたいな気持ちでした

ところが、非常にタイミングが良かったんです

というのも私がツイアカを作ったタイミングは、
日本で陳情令が大ブームを起こしている真っ最中でした

かつアジアの他のドラマも、中国ドラマも続々と日本に入ってきている、
まさにその渦中でスタートしたアカウントでしたから、
フォロワーもフォローも無くいないのに、全く何も期待していなかったのに
最初から反応が良く、1か月で5000、3か月後には30万アクセスくらいになっていきました

とにかく陳情令が好きで好きで、それを誰かと共有したいあまりに、
陳情令ネタを書きまくってました
そして書くものすべてアクセスがよく反応も良く、
誰かに認められたいという承認欲求が満たされ、
そして単純に書いていることが楽しく面白く好きなことを、好きなだけ書いていました

これは後にも先にも陳情令がいかに好きで愛していたか、陳情令愛のおかげです

それに加え、今まで黙っていたけど私はBTSのファンで、かつBTSの先輩の友人であることから
彼らを間接的に知っているので、BTSのことも書きまくってました
そのあいだに、グラミー賞があったりしてファンが増えて盛り上がっていたのでよく読まれました

しかしTwitter アカウントが軌道に乗ってる最中に突然バンが起こりました
バンとは通常は、公序良俗に反するようなことを書いたり載せた場合にアカウントが
消されることですが、実は結構無作為、自動的に色んなアカウントはバンされて問題になっています
バンされると理由も分からないまま挨拶もできないまま一瞬でアカウントは削除されてしまいます

私は単純にドラマのレビューを書いていただけなんですが、
何かが引っかかったのか、何かのワードが自動的に選択されて削除されてしまったのか、
分かりません

が突然自分のアカウントが消えていて戻るにも戻せなくなってしまいました

通常だったらそこまでこだわらなかったかもしれません
でもこうしてコロナが長続きするといよいよいい加減イライラしてしまい、
自分を持て余して、言いたいことも言えないでいる我慢も限界だった

どこかに自分のエネルギーを解放する場所がなければやっていられません
その時にうまくいった Twitter だったのに

人生ってつくづくこういうもんです
コロナの中で自分の思うことを書いて楽しめる時間だったのに

私は自分の日頃の楽しみや思いの丈をかける場所をなくしてしまい、
何でも必死に調べてはバンを解除して復帰することを望んでいました
しかし明確な解決法はどこにもありませんでした
しかし Twitter社に何度連絡しても訴えても無視されるだけで何も答えは出ませんでした

こういう時 SNS は本当に脆弱です
SNS に自分のアイデンティティ楽しみ友情絆活動プロジェクト仕事ビジネス恋愛…
あらゆることをまかせっきりにしないほうがいいと思います

相手の電話番号や実物を知っているなら別ですが、
たとえ仲が良かったとしても、アカウントが消えてしまえばその関係性は一瞬にして終わります
その虚しさと悲しさと言ったらないので気をつけましょう
どんなにご立派なことを書いていても無作為に消されることもあるのです
これは一種の不条理です
そしてコロナ禍というしんどい時に起こると、通常より並じゃなくがっかりし落ち込みます

私は原因追求をしてきました
何度も会社に何が悪かったのかも聞きましたが答えてくれないので、
今でも理由もわからないままでいます
皆さんつくづくTwitterのバンには気を付けてください
それは理由もなしに突然起こります
そしてこの無責任な会社は一切のサポートも返事もしません

だから SNS を使う場合何に気をつけておけばアカウントは安全なのかも分かりません
おそらくSNSアカウントを完全に安全に永久的に温存維持させる方法はないと思います
システム上、どうしても何かが起きてしまうものであり、人間性などが問われるわけではありません

このアカウントは書いていることのテーマが時代のブームとちょうど重なったことによって、
一般人としては考えられないほどのアクセス数を叩き出していたのです

自分が書いていることが喜ばれ読まれることを本当に自分の喜びにまた励みにしていました

また、バンは一度起こると何度も癖のように起こります
その後また必死になって新しいアカウントを作ることを試しました
しかし一度バン付いてしまうとどんなに新しいアカウントでもすぐに BAN されてしまうのです
だから新垢を作っては BAN されるという繰り返しでした

理由もなしに、ある意味人を傷つけておいてほったらかしのツイッター社にもいい加減腹が立ってきましたし
信頼がまったくできませんでした。よって、必死になって取り戻そうと思ったTwitterがだんだん嫌いになってきて
次第に頭からも消えていき興味を失っていきました

でも最近になってまた自分を持て余してきて、
コロナはますますひどくなるし、もういい加減何年も本当に長引きそうだし、
ますます感染者が増える中で友達とはもうほぼほぼ会えなくなってきているので、

バンすることも覚悟でまた新しいアカウントを作りました

一応、新しいTwitterアカウントは好調でした
出だしから、また中国ドラマにこだわり抜いて読む人層をしぼったことで、調子が良かったと思います

しかしこれもまたタイミングでした

うまくいきそうな予感もあったアカウントでしたが、
私の心が変化していたのです
始めて見ると、前回のようには全く面白くありませんでした

すでにTwitterへの情熱は失せていました

何を書いても楽しかった時とは違い、今度は何を書いても楽しくありませんでした
理由はわからないです
ただTwitter社のやり方自体にふりまわされ苦しんだ事実があって冷めたのだと思います

以前よりももっと情報も知識も経験も増えているのに、書くことは楽しくありませんでした
それにリアルで友達に会えない寂しさは Twitter で承認されることをはるかに上回っており、
Twitter などではもう私自身も心の埋めることは出来なかったのです

仕事もそうです、クライアントさんと会えない、ミーティングもできない
そういう状況が続き、ネット自体に疲れていました

Twitter をやって誰かが読んでくれても何の満足もありませんでした
それでもSNSはやっている以上承認欲求が出てきます
常にアクセス数が気になり、エンゲージメントが気になって仕方なく調べてばかりいました
それは仕事にもブログを書くことにも支障がでるほど、Twitterのアクセス数にこだわりました
やはり前回のようにインフルエンサーみたいになりたかったのです
多くの人が読んでくれて集まってくれるアカウントを一度体験してしまうと
何としてもそれを超えるほどの存在になりたい、注目されたいと思うのです

でも人生はあらためて、タイミングです

ちょっと時期がずれるとこんなにも気持ちは変わってしまうのだと
注目されたいのにそもそも書いていることがつまらなくて嫌で嫌でしょうがない

そして社会状況も変わってしまうんだと思いました
Twitter では BTS がダイナマイトを出してから新しいファンが増え、
特にジミンの人気がうなぎのぼりになりジミンが世界的に流行っています

自分のアカウントのアイコンをジミンにしている人が増えているのも嫌でした
正直自分はジミンと仕事をしたい一心で頑張ってきたし、そのジミンをまるで
キャラクターのように扱っている若い子や、ガチ恋している若い子のマウントの戦いや、
争いは醜く、ジミン自体が嫌になってきました

BTSのコミュニティは大分増えており、それを見るとギョッとしました
楽しいものではなく、ただ若い子たちが必死になって相手をマウントすべく
グッズや物販、新動画、マスター様からもらった写真などを自慢大会しているだけ

それに対し私は、バンタンのファンでありながらまた韓国エンタメの関係者でもありました
だからBTSの先輩にあたるこれまた超スターと仲が良く、彼を通してBTSとの縁があるので
いわゆるファンの目線では彼らを見ていません、どちらかというとアーティストとして尊敬すべき
後輩であり同業者です

その視点からBTSについて書いてもアクセス数は伸びずそういう投稿は嫌われやすいと思います

なぜならファンにとっては、BTSは天にいる神様みたいなものでものすごく遠い存在であり、
その一方でトレカや物販の多さだけで自分の妄想恋人でもある自分だけのものなのです

だから私のように現実的にKエンタメと関わり、現実の彼らを間接的に知っており、
会おうと覚えば会える立場で(今はさすがに忙しいだろうから無理だろうが実質近くにいる)
何ら特別な存在ではなく身近な存在と思っている者は、彼らにとって脅威なのです

そうした私のような人もまたファンにとっては届かない存在であり、自分の夢と妄想を壊す存在なのです
ものすごい嫉妬心でしか考えられない相手なのです

嫉妬があまりに強くて嫉妬を超えて憎しみの対象になってしまう
実際、嫉妬のエネルギーがあまりにすごくてそれにやられてしまいました

実は私はラインオプチャや他SNSでもBTSのことを書いて、いじめに何度かあったのです

その時は自分の肩書や交友関係などはすべて伏せてただのファンとして参加していました
でもBTSについて思うことを正直に書いていました
ときにネガティブなことも正直に書いていました

するとそれを「生意気なやつめ」「新規野郎」みたいに言ってくる
それで実際に袋叩きにあったことがあります

私はすべてのコメントを消し、(朝までかかった)すぐに自分のプロフィールを書きました
プロフィール欄は空欄にしていたのですが、はっきり書きました
すると、あっという間にいじめをする人達は消えていきました
黙ってしまいました
その隙にグループ全部を止め、SNSもやめました

彼女たちは現実のBTSなど本当はどうでもいいのです
彼女たちが望む妄想恋人としてのBTSだけがほしい

それを阻害するものは敵。私にはそう見えました

だからいじめにあわないように、今度のツイッターではプロフィールをはっきりし、かつ
ファンが聞きたいであろうレアな情報も書ける範囲で書きました

それが今度はとてつもないほどの嫉妬心として跳ね返ってきました
私はKエンタメの人々生きることとはどういうことかも含めて

正直にありのままに、韓国人と生きていくこと、理解し合うこと、そして
ミーハーなKエンタメのあれこれを楽しく語れる友人が欲しかっただけです

そのために、自分の経験や交友もはっきりとさせておきましたし
そうすればいじめられることもなく、友人ができると単純に思ってた

ホントに正直、BTSペンの日本人の友人がほしい
ホントにほしい
ずっとBTSの話をしていたいから
でもペンにとっては、わたしはじゃまものなのです
異質なのです

そしてホントにいい点もわるい点も、BTSについて心置きなく話せる人がほしい
だから何でも書いてきたのです
そしてリアルな体験はファンにとっても読んで面白いのだと思っていました
ところがほとんどの場合、それがリアルなのでファンにとっては極めて面白くない
特にBTSのファンにはそういう、理性を失った常軌を失った人達がむらがっています
そういう風になったのは彼らの売り出し戦略のせいでもあるし、やはり類は友を呼ぶのでも
あるのだろうし、ファンダムがあまりにもでかすぎるせいもあります

類は友を呼ぶのであれば、バンタンも余程性格が悪く残虐ということになります
でも私の知る限り、私がずっと書いてきたように彼らは決してそういう子達ではないです
ただ無知な大人にいいように使われすぎている感はあり、そこで機転をきかせて逃げる方法がわかるほどまで
まだ大人になっていない

どちらにしてもBTSの存在はもう彼らの許容を超えています
巨大ファンダムが世界中で、彼らを架空の恋人と妄想し、その中で怒り、争い、激しいいじめと
暴言と悪口といわば、戦争をうんでいます
国連スピーチどころではない、まず自分たちがうみだしてしまった戦争をアミ達にやめさせてください

BTSと私との関係性について書けば書いたで怒りだし、書かずにただのファンを装っていても
いじめられる。それほど、BTSファンは攻撃的であれていますし、荒廃していました

いつのまにかそういう状況が生まれ、ダイナマイト以降新規が増えたことでますますそうなっていきました

だから、BTSのファンと友達になろう~などという私の単純な思いは儚く消えました
そんなのは無理だったのです

また Twitter 利用者の低年齢化により 、BTS の大統領特使になってしまった件について真面目にリアクションしてくれる人は誰もいませんでした

むしろヤフー知恵袋でぼやいていた方が真面目な答えが返ってきます
あれもまた、かなり気を付けないと集団いじめにあいますけどね

Twitter にいる BTS のファンは彼らが政治利用される特使になることがどういうリスクを孕んでいるか
全く気付いていない人たちばかりでした

どんなにその問題を指摘してもアーミー達は結局全てを肯定するだけで、
問題を問題視しないのです

そういう態度にも昔は腹が立たなかったが、コロナでイラついているのもあり、
最近は嫌に腹が立つようになりました

今の時代は本当にスピーディーに物事が変わっていきます
私がTwitterを休止せざるを得なくなり、やめてしまっていたほんの短いあいだに、

バンタンが大統領特使になり、
陳情令ブームはさったり戻ってきたりして、
シャオジャンのツイッターは人気ありすぎで制御できずに止められ
またBTSファンはますます過激化し、偏屈になって、
とくに古参が自分達の優越感を維持しようと必死に新規をいじめています

そしてオリンピックもとうとうゴリ押しでやってしまい、
日本の今の状況も全く変わっています

このごく短期間の間に、バンされている間に、あらゆることが変わってしまっていました

だからこそ SNS にしがみついてそれを長年やることはあまりおすすめしないです
仕事・友情・友達づくり・集客・恋愛・ファンダムグループなどなど、すべてSNS頼みにしない方がいいです

やるならばいつ消えていくかは覚悟してやり、
そしてやっぱり一番大事なのはリアルな付き合いだということです

リアルに生きることが本当にできなくなっている人が多い
だから自分の妄想+SNSでの非リアルな知りもしない人との架空の友人関係で
何とか自分を満足させようとする虚しい世界になってしまいました

私は静かにリアルを大事にしていきたいと思う
このブログも、もうTwitterやラインオプチャや他ミニSNSに翻弄されなくて済む分書けるし、
ブログを大事な拠点として、丁寧な関係を作っていきたいです

写真出典:友人からのもらい物(すみませんおそらく雑誌からです)

 

 

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加