MENU
武術とボディワークで強く楽しくキラキラなわたしへ

なにわ男子・JO1・befirst。アイドル戦国時代のアイドル応援ブログにご用心

なにわ男子・JOI・INI・BEFIRST・Kグル…アイドル戦国時代が来た

かつてないほどのアイドル戦国時代が来たと思います
仕事でKPOP関連に関わってきたものとして、また今後もその界隈にいる人達と関わるかもしれない自分としては、見逃せない状況です

なぜかつてないほどの競争社会なのかというと、
今まではただただ日本は韓国のKPOPに完全敗退していたような状況でした

でもやはり日本はそこから動き出した
まず韓国と組んでまるでKPOPのクローンみたいなグループを作り始めた
JO1がそれに当たります
私にとっては極めてえげつないグループに見えますし、日本人として韓国人と瓜二つになり、
馬鹿にさえされているのに、恥を知らないのかとも思います

でも売れればいい、かっこよければいいという時代なので、
なんでもいいからイケメン集めて若いうちに稼がせようということなんでしょう
そのためだったら自尊心も捨てて韓国人そっくりさんをやるわけです

こういうグループが今後増えていく可能性はありますが、
日本人の民度が以下に下がったかの証のようにしか思えません
本当にこういうグループを日本人は本気で応援したいと思うのでしょうか?
日本人には日本らしい音楽のあり方があると思うし、ファッションやスタイルを作っていく力もあると思います。それを捨ててでも、韓国のコピー、クローン人間になりたいのか?と思ってしまうのです

ファンになる人達はあまりKPOPを知らないんでしょう
むしろアンチなので、日本人で安心して応援できるイケメンがほしいだけではないかと思っています

それから次に、全く新しくオーディション形式でグループを作るというものです
これは最近のBEFIRSTに言えますが、これもプロの人々からは全く相手にされていません

韓国のあまりにもダイナミックなそして長い時間をかけて作り上げていくグループとは違い、単にオーディションを引き伸ばしにしてその間に出演者に共感を抱かせ、デビュー前からファンと高感度を上げておくというやり方が見え見えです

おそろしく練習し、ものすごく育成時間をかけ、努力してきっちり作っていくKPOPとはレベルが比べ物になりません。ダンスも歌もどこに向かおうとしているのかまるでコンセプトが見えず、とにかくオーディションでの人気とプロディースする側の野望しか見えません

それでも日本人は情に弱いですし、実力があるかどうかはプロにしかわからない部分も多いので適当に動画編集すれば間に合います

大事なのはコンテンツのクオリティよりもイケメンかどうかと、編集の上手さと、何より売出し戦略が成功するかどうかです

そしてまた、ジャニーズもしばらくはKPOPに敗退状態でしたが今はぶり返してきました
魅力的なメンバーをしっかり集め、非常にパフォーマンスもうまくなっています

新しいパフォーマンスにも挑戦していますし、実力もKPOPと拮抗しています
やはりジャニーズは軽率なことや悔しいからと感情で衝動的になにかをやっつけでデビューさせるのではなく、きっちり育てて満を持して出している感じがしますね

色々と問題や醜聞の多いジャニーズですが、やはりそこはやりかたがわかっているボーイズグループの源流だと思います

さて今回結構厳しい事を言っているのは、日本のエンターテイメントが、韓国に負けてきたからと言ってなんでもいいやというもう衝動的なデビューの仕方が多いと思うからです

それでは粗野なままで、やがてグループ内で軋轢が生じ、潰れます
グループの仲の良さと結束や絆や信頼関係はなにより大事ですし、それが壊れた時に支える大人が必要です。

はっきり言いましょう

ボーイズグループが続くかどうか成功するかどうかの本当の鍵は、

グループ内で本当に確かな絆があるかどうか、仲がいいか、信頼関係があるか否かです

これがほとんど全てと言ってもいいぐらい大切なことだと、

私は経験で知りました

でも今はそんなこともなリふり構わず売り出したいという、成功させたいという野望ばかりがどこも強く、負けたくないから前に出てくるといったやっつけの結果あまりに未成熟で、アーティストには程遠いです

特にビーファーストのプロデュースしてる人、私は日本のエンタメには縁がありませんのでよく知りませんが見てるだけでなんかこわいです…ぎょっとするような変なオーラを持ってる感じが伝わってくるのです

彼は何かに挑戦したかったのかもしれませんが、今やなんとしてでも成功させなければいけないという鬼のような野望に取りつかれていませんか?

その割にはプロの目から見れば何の実力もない子達です

韓国の K POP の世界でしたら10年したら戻ってこいのレベルです

日本の慣習や形骸化を捨てて K POP を凌駕して新しいものを作りたいと最初思っていたのでしょうがその純粋な気持ちは今や無くただ巻きを見たくない絶対に負けたくないという思いが変な方向に行ってるような気がするのです….

私の音楽関係の知り合いたちは B firstのYoutubeを見るまでもなく、ちらっと画面を見ただけで動画を見る気さえしないとか、気分が悪くなるからやめてほしい、と言いました

私にもそういう風に見えます

キツイ言い方かもしれませんが、これが現実です

もしエンタメ・芸術・パフォーミングアーツの世界で、表現の世界で生きると決めた人間はディスりも含めて批判されることは承知でやらなければなりません

どのような感想を持っても人が自由である限り、どのように言われても仕方がないのです。

もちろんただのやっかみや意地悪、悪口、人権侵害にあたるようなもの、表現されているものや作品と関係ないことでの悪口や暴力などは決してあってはならないし、そうしたものは表現の世界にとって全く意味がないです

ただ、一般的にこの業界の人たちは厳しいですしかなり瞬間的直感的に判断します

批判批評議論は積極的にすべきです

それはこの広いパフォーミングアーツの世界を良くするためでもあるのです

そして be first に対する私たち一応プロの意見は共通して否定的なものです

でももちろんこれからどんどん伸びていく・成長していく・人間としても変わっていくという可能性は若いからこそあるということも事実です

それは見守っていかないと分かりません

ただ今は欲望と野望に満ちているようにしか私には見えません

おそらく前者2つの試みは最初のうちは注目されるでしょうが、やがて人気もしりすぼみになり、消えていくでしょう

ただジャニーズだけは、きっちりやっていることと先輩が支えるという余裕があるので続くと思います
何よりテレビでの露出が断然多いわけで、それはどうしても大きいのです

相変わらずジャニーズはテレビを占めていますが、それがどれほどの力で他のグループを抑えつけているのかは実態はわかりません


でもその一方でジャニーズのグループにはしっかりした教育と土台、経験値と計画があり、やっつけでいい加減なことをしないという点で、最近デビューした中ではなにわ男子が一番安定的に成功するでしょう

実際にそのようにきちんと作られたグループほど長続きするもので、結局は魅力を維持するのです
それはジャニーズのテレビ露出度とは関係ありません

ただ、それでもジャニーズは優先的にテレビ出演ができるので、その分他のグループは違う形で人気をもり立てていくしかありません。You Tubeその他もろもろのSNSを駆使して知ってもらうしかありません

でもその内容は見るに堪えない、昔のバンタンのSNSとこれまたそっくりの作り!

つまりは「普段のナチュラルな俺たち」、をSNSで出して、ステージでは違うよというギャップ戦略を狙っているのでしょうが、そもそもBTSはギャップなど狙っていませんでした

彼らは本当にテレビに出る機会が諸々の事情でなかったので、
自分たちを自由に出せる場所を作ったのです
それも、今も変わらないあの性格そのままに…
彼らの最近の動画を見ても、あの頃と全く変わらないふざけた普通のバンタンでした


あれこそ本当に自然体、今も昔も変わらない

それでもギャップがあるように見えるのは彼らがステージでまるで変わってしまえるほどの大きな実力があるためです


もし仮に事務所は「いい戦略になる」と思っていたとしても、彼らにとってはPRではあっても、ギャップをわざと作り出す戦略ではありませんでした

またスキャンダルについてですが、ビファについては、デビュー前から女の子と遊んでいるというスキャンダルを起こしている時点ですでにダメ。そんな気概ではとてもじゃないけどプロにはなれませんよ!

スキャンダルといえばスキャンダルだらけのKPOPですが、大体の場合それらは噂に過ぎず、あるいは仲がいい女子グループと遊んでいただけの話だったりします。

「遊ぶ」と言っても、知り合ったガールズグループの誰かとちょっと話がてらカフエにいくくらい、普通の若い学生や会社員でもしているでしょう

ヘラヘラとオンナ遊びなどしているようでは、すぐにだめになります。それだけの気持ちや情熱しかないということだからです。

そもそも、本格的にトップに行く運命と才能の持主たちには基本遊んでいる時間も余裕も本当にないんです。ない。

そんなことに気がいくようでは、プロになれません成功しません。だからほとんどの醜聞はデタラメか勘違いが多いです

本当のトップに君臨しているグループのメンバーは、本気でそれにかけて血と汗と涙の中で一日20時間練習しています。私は実際にそういう彼らと付き合ってきましたからよくわかります

ただ、長い間王座を独占してきた韓国のグループですが、こちらもまた失速していると思います

GOT7、SEVENTEEN、Nuest、000、MONSTAX、ASTRO、Strayなど、非常に実験的なことをしてきた世代のグループが相次いでトラブルを起こしたり、事務所とうまくいかなくなったり、疲弊しすぎて休止したりと、解散か実質解散しがかりそうな状態になっています

そして皆が同じ音楽・テーマ・雰囲気・顔(整形)・歌・歌詞・コード進行・編集・ファッションなどでどんどんデビューさせるので、山のようにグループができてしまい、

自分たちでもどうしていいのかわからな〜い!!

という状態です

極論を言えば成功していると確実にいえるのはもうBTSしかないかもしれません

ここで一つ気になることが最近ありました

新しいグループはどのように思われているのだろうか?もうすでに古株になってきたがまだ人気があると言われるグループはどう思われているのだろうか
?

興味があり検索をしていると、必ずどのグループでも同じような「ブログ」が検索の上位にあがってくるのです

しかもタイトルが皆似たりよったり。
「〇〇はホントに人気?調べてみました!」
「〇〇は実は人気がない?調べてみました!」
「〇〇はネットで嫌われている?調べてみました!」というタイトルです

まるで判で押したように同じタイトルなのです

そしてあまり根拠のない「調査」によって、どのブログでもどのグループの記事でも結論は、

「人気がないと言われているようですが実はとても人気があるようです!だってかっこいいグループですもんね。これからも見守って行きましょう、これからが楽しみです!」というものです

これはJPOPKPOPどちらでも起きています
不思議にジャニーズはこれまた、ここではあまり登場しません
必要ないということでしょうか

最初はただ本当にファンの人が書いて調べて結果を結論しているのだと思い込んでいましたが、
次第にすべてが同じなことに気づいていきました

そしてよく考えると、自分もこういうことをしている以上よくこういう記事を書かないか、というオファーが来ることを思い出しました

それには私の実体験や本気の意見を書けると思いきや、そんなことはちっとも求められず、

「テンプレートに従ってただ〇〇のグループについて書いてください。テンプレート通りに書いてください。〇〇グループについての知識はいりません。知らないことはネットで調べてください。ネガティブなことは絶対書かないでいいことを書いてください。」

こういう案件が、あまり使っていないメールボックスに毎回120件位入っています

これは一つの戦略だとわかりました
ブログを用いた、人々への印象操作戦略です

大体タイトルは「〇〇は人気がない?嫌われている?」「〇〇は人気あるの?調べてみたら!」

とセンセーショナルなタイトルを付けて扇動し、実際調べたのかよ!何を調べたんだ?といいたいほど中身がない。根拠がない。考察がない。

よく考えると社会調査・ファン調査を真剣にしたわけでもないのに
「実は人気があったんですね〜」と無理無理に結論を出している、ゴリ押しの一つです

このようなサイトやブログは、一見すごくファンが個人的に書いているようなものもあります

でもこうしたブログは、センセーショナルなタイトル・結論はいつも人気がある・画像は一切なしかあまり関係ない画像・きちんとした評価や議論がされていない・表面的で実はグループのことなんかまるで知らない人を書いているように見える・公式ではない記事・そもそもどこの誰が書いたのかよくわからない曖昧、などといった共通性があります

でも私はこうしたブログを見続けることで次第に洗脳されていたことに気づきました

どれもこれもどこのグルも、実は人気があるのだと押しに押している。読んでいると、「そうなのか?あまりそういう感触はないな」と思いつつ、「そんなに人気があるんだ〜そんなにヒットしてるんだ〜そんなにすごいんだ!」と思わされていってしまうのです
実際見てみると実際潰れそうなほど下手だが^^

まあこういうことをしなければならないほど、今のボーイズグループは戦国時代にあるということです

そもそも実力が満を持していないのに、さっさとデビューさせること自体が間違っているんです
もう少し時間をかけて育てていこうと思わないのでしょうか?
若いうちじゃないと稼げないと思いすぎてないでしょうか?

最近は若年化はしていますが、その一方で着実に実力を維持して固定ファンを掴んでいるベテランだって多くいます。そういう長い目で活躍できるのが本当のスターです

なぜ事を急ぎ、どんどんどんどんデビューさせて、無駄で熾烈な競争に体を投げ出すんでしょうか?

まだ未成熟なまま、社会のこと何も知らないまま褒め称え、芸術とは程遠くパフォーミングアーツとは言えないような下手な舞台を、高校生の学芸会レベルなのにプロにさせて疲弊させるのでしょうか?

ムダに褒めるからアーティスト気取りになって傲慢になっていくのです

挙句の果てにあまりにもプライドだけ高くなり、またライバルが多すぎてボーイズ達のメンタルまで侵してしまっています、追い詰めています

それでも彼らをゴリ押しして外に出すならば、本当に人間を大事にしているとは思えません

ただの人間商品を儲けにつかっているだけです
そんな荒廃した状況がいつまでも続くのならば、いつかJPOPKPOP共倒れになるでしょう


全くもって、金儲けばかり見ています
あるいは、


韓国vs日本
日本ボーイズグループvs日本ボーイズグループ

での競争と承認欲求が顕著に出てきています

たくさんのボーイズグループが出てきていますしこれからもどんどんどんどん出てくるでしょう際限なく出てくるでしょう

でもそれが本当に彼らの幸せであり私たちの幸せにつながるのでしょうか?

正直言えば全然繋がっておりません

見ていて痛々しいです…


いつかボーイズグループの世界が、本当に芸術を表現できる人が自由に楽しくかっこよく
表現していけるような世界になることを願います

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

TOPICS
閉じる